ゴルフ距離測定器,ガーミンR10

手のひらサイズの軽量・コンパクトな「弾道測定器」として話題沸騰のガーミン『Approach R10』(Garmin Approach R10)。これまで超高級な計測器でしか表示できなかった“入射角”といったインパクト条件の測定結果が見られるとのことだが、その精度のほどは? 元・ALBA編集部員で、2ndQT進出経験も持つタナビーこと田辺直喜が、その性能をガチンコ判定!

取材協力/インドアゴルフレンジKz亀戸店

セッティングは超簡単!2回目以降は電源オンだけ

付属の三脚にマグネットで本体を装着。小さい上にコンパクトに収納しやすい作りも嬉しい

その存在を知ってから、ず~っと気になっていたガーミン『Approach R10。多くのトッププロが使う『トラックマン』や『フライトスコープ』、『GCクワッド』といった機器は、精度の高さは間違いないものの、車を買うようなお値段のため、一般ゴルファーにはとても手が出せません。そんな中で登場した税込74,800円という価格の弾道測定器に歓喜したゴルファーは少なくないでしょう。 

ただし、問題なのは、使い勝手や計測精度です。

いくらお手頃に購入できても、セッティングにやたら手間がかかったり、出てくる数値がデタラメだったら、とても使えませんからね。幸いなことに、今回は『Approach R10』をテストできる機会に恵まれましたので、徹底的に性能を見ていきたいと思います。

まず、使い勝手の面から。

長方形の本体は軽量で、ボタンが1つあるだけの超シンプルデザイン。それをマグネットで三脚に装着していくわけですが、気持ちよくパチンとはまっていい感じです。早速、本体背面の右上にあるボタンを押して、電源をオンにしていきます。

すると、ボタン横のLEDランプが青色に点灯を始めます。これがいわゆる「ペアリングモード」という状態で、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンとペアリングする準備が整ったことを表しています。

ペアリングが完了すると、アプリはモード選択の画面に。有料プランでシミュレーションゴルフも可能とのことだが、今回は無料で使える「Driving Range」を選択

あとはアプリを起動し、ガイダンスに沿って、「デバイスの追加」を行えば準備はOK。ランプの点滅が白色になって、ペアリング完了です。あとはボールの後方1.82.4メートルの位置に本体を置くだけ。これも緑色のランプが点灯すればOKで、ボールに近すぎる場合などは赤いランプが点灯して知らせてくれます。いや~カンタンですね。

嬉しいのは、2回目以降に使うときはアプリと本体の電源を入れるだけで、勝手に接続してくれること。使うごとに何かしらの接続設定があると、地味に手間ですからね。「ボール後方に設置」→「スイッチオン」→「計測」とスピーディに練習に入っていけます。この辺り、よくユーザーのことを考えて作られた計測器だと思います。

いろいろな距離を打ちたくなるアプローチの計測

まずは54度のウェッジを使ったアプローチのテストから。その計測精度は?

素早く『Approach R10』のセッティングが完了したところで、今度は計測精度について見ていきましょう。最初はウェッジでのアプローチからテストしていきます。

まずはフェース開閉を抑えて、腰から腰の振り幅でシンプルに打っていきます。計測結果は、入射角1.3度のダウンブローで打ち出し角が36.8度、キャリー32ヤード、ランを入れて37ヤードでした。体感ではありますが、かなりリアルに感じる数値です。

続けて、ボールを右に置き、少しロフトを立てるようにランの多いアプローチを打ってみました。こちらは入射角6.2度ダウンブローで打ち出し角が27.8度、キャリー34ヤードに対して、ランを入れたトータルが41ヤードに変化しました。打ち方による球質の違いがしっかり結果として出ています

左がロフトを立てたアプローチ。右のデータに比べて、入射角がきつくなり、打ち出し角も低く変化している

その後はだんだんにスイング幅を大きくして、70ヤード、80ヤード、90ヤードと打っていきましたが、スピン量が約1,000rpmずつ増えていくなど、こちらもリアルな数値が出ていました。

アプローチの計測精度に関しては、かなり満足度の高いレベルにあると思います。打ち方による数値の違いがしっかり出ますし、ダフリなどミスした場合もしっかりリアル結果が表示されます。

こういった計測機を手にしたなら、ショートゲームの距離感磨きに活用したいものですが、『Approach R10』は十分な性能を秘めていると言えそうです。今までコースでなんとなく打っていたアプローチが、具体的に「練習の30ヤードキャリーの感覚で、入射を8度くらいにしてランを入れよう」と打てたら、間違いなく結果が良くなります。正直、この点だけでもかなり使える計測器ですね。

アイアンはかなりリアル。長くなるほどやや辛い?

続けて、8番アイアン→ドライバーとテスト。数字がリアルすぎて、自分のスイングを見つめ直す良いきっかけになる⁉︎

短い距離での精度の高さが分かったところで、次はフルショットの距離を測っていきます。 

まずは8番アイアン。通常のフルショットボールをやや右めに置いて打つ抑えたショットを打ってみました。計測結果は、通常のフルショットがキャリー145ヤード、ランを入れて150ヤードだったのに対し、抑えたショットはキャリー150ヤード、ランを入れて155ヤードとなりました。これ、かなりリアルです。

実はラウンドしていて、本来少し距離が少し落ちるはずの抑えたショットが飛びすぎて、ピンをオーバーする…なんてことが多かったのですが、その理由が『Approach R10』で明確になりました。私の場合、通常のフルショットは入射角が‐4.1度とややダウンブローがきつく、結果、スピン量が6,672rpmと多めにかかっていました。一方、抑えたショットは入射角が‐1.6度とレベルに近くなり、低い打ち出しでスピン量が5,928rpmまで抑えられていたのです。カンタンに言うと、抑えたショットは前に伸びやすい球質になって、かえって飛距離が出ていたわけです。

こういった事実が、普段の練習で把握できていると、コースでのマネジメントも確実にやさしくなりますよね。私も次にラウンドするときは、飛びすぎてほしくない状況では通常のフルショットをしようと思いました。

写真は“抑えたショット”のデータ。高さは抑えられているものの、飛距離はむしろ出ていることが弾道計測で明らかになった

続いて、多くのゴルファーが気になるであろうドライバーの計測を行っていきます。こちらはもう頑張って振っていくだけですね。結果は下記の通り、けっこう数値辛いですね……。

ドライバーの飛距離はランを入れて“255ヤード”。飛距離が伸び切らない明確な理由が計測結果に隠されていた

数字が辛いとは言いましたが、これ実はものすごくリアルなんです。というのも、私自身がずっと抱えている課題としてインパクトロフトが寝すぎてしまうクセがあります。ドライバーのロフトは通常910度ですが、私の場合、「トラックマン」などでインパクトロフトを計測すると1520になっていることが多いです。つまり、インパクト前にコックをほどいて、ややハンドレイトに近い形で打っているわけです。

Approach R10』は“インパクトロフト”という表示こそないものの、「打ち出し角」と「入射角」から「インパクトロフト」を逆算することができます。今回の計測ですと、打ち出し角が19.8度でほぼレベルに近い入射角の‐0.2度となっていますので、ざっくり“19.6度”のロフトで打っていることが分かります。もはや7番ウッドくらいの入射角ですね…。

まあ、私の問題点はさておき、気になっていた「入射角」といった数値がかなりリアルなことがこの結果からも分かります。辛い現実を突きつけられるようですが、それは弾道計測器の性能の高さの証明でもあります。この結果を受けて、よりロフトの立ったドライバーに替えるのもありですし、数値を見ながら、ハンドファーストに打てるように練習を重ねるのもいいでしょう。数値の見方にコツはいるかもしれませんが、『Approach R10』を使っていると、自分自身のスイングの課題が具体的に見えてきますね。

結論! 上達したいゴルファーは持っておいて損はない!?

性能的に超ハイレベルな『Approach R10』。ただし、1つだけ小さな問題もある

さて、ここまで話題のガーミン『Approach R10』を細かくテストしたわけですが、性能的に文句なし! ということが分かりました。本体・アプリともに非常に使いやすかったですし、セットアップも超簡単。そして、算出されるデータは悲しくなるほどリアル…いえいえかなり上達に役立つさまざまな情報が手に入ります。これで74,800円(税込)は相当な価格破壊ではないでしょうか。

ショートゲームの距離感磨き、理想的なスイングの習得など、生かし方はさまざま。確実に言えるのは、競技志向のゴルファーや少しでも上達したい人にとっては間違いなく今後必須になるアイテムだということです。 

ただし、この『Approach R10』を使う上で注意したい点もあるので、少しだけ触れておきます。先程お見せした私のドライバーのデータですが、ものすごく左に打ち出していましたよね? 「ど引っかけじゃないか、下手くそ」という声が聞こえてきそうでしたが、実はこれ『Approach R10』のターゲットラインがマットの向きよりも少し右に向いていたことが原因です。「トラックマン」といった計測器は、内蔵したカメラを使い、アプリで自由にターゲット方向を変えることができますが、『Approach R10』は本体背面の赤いラインとボールを結んだ延長線がターゲットラインになります。

そうこの“ターゲットラインを合わせる”ということだけが、『Approach R10』の難点なのです。たとえば「クラブパス」や「打ち出し方向」を正確に表示するには、レーザーなどを使って、正確に本体、ボール、ターゲットを一直線上に置く必要があるわけです。せっかくの超カンタンなセットアップが一気に面倒なものになってしまいますよね。

この難点の対策としては、もはやターゲットラインの設定は気にしない…に限ると個人的に思っています。多少、ズレていてもキャリーや入射角といった数値は問題なく計測されますし、打ち出し方向にしても、練習を続けるうちに「今日はちょっと右に向けちゃったか」と自然に分かるようにもなってきます。この点をどう考えるかが、買う・買わないの境界線になるかもしれませんね。

とはいえ、高精度な弾道計測器を持って練習していれば、自分の中に1つの基準ができて、ゴルフは確実に上達にします。それにしても、弾道計測器の進化は本当にすごいですね。私がQTに出ていた頃に『Approach R10』があったら良かったのにと本気で思ってしまいました。

ちなみに今回はテストしていませんが、『Approach R10』はゴルフシミュレーターとしても使えるようです。有料サブスクリプションへの登録は必要になりますが、全世界42,000以上のコースを最大4人で一緒にバーチャルラウンドできるようです。たとえば東京五輪が開催された霞ヶ関カンツリー倶楽部やあの「マスターズ」の舞台、オーガスタナショナルゴルフクラブなど世界の名門コースも登録されているようですので、また別の企画にぜひ試してみたいですね。

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

追記 ゴルフシミュレーターを試してみました!

ガーミンr10

ウェッジやアイアン、ドライバーの弾道計測を行い、その精度に驚かされたGARMINApproach R10』。再びデモ機を借りることができたので、ずっと気になっていたゴルフシミュレーターがどんなものかテストしてみました

ちなみにゴルフシミュレーターを使うには、『GARMIN GOLF』の有料サブスクリプションに加入する必要があります。月額1,180となっていますが、頻繁に練習場に行くのなら十分、元は取れるかなというのが私の印象です。現在、30日間無料でサブスクリプションのサービスを体験できるようになっていますので、まずは1か月お試ししてみると良いでしょう。

さて、早速ですが『Approach R10』をセットし、アプリを開きます。アプリ内の「ゴルフシミュレーター」→「Home Tee Hero」と進むと、コースを選択する画面になります。全世界の約42,000コースが登録されているとあって、私が知っているようなコースはほぼ発見できました。

海外のコースはアルファベットで検索。意外と「Augusta」とつくコースが多く、本命の「Augusta National Golf Club」を見つけるのに苦労しました。

これだけ選択肢があるとどのコースでバーチャルラウンドをしようかかなり悩みましたが、バーチャルの精度を測る上で、よく知っているコースである「朝霧ジャンボリーゴルフクラブ 駿河コース」とゴルファーの憧れ「オーガスタナショナルゴルフクラブ」を回ってみることにしました。この時点でかなりテンションが上がっています。

しっかりコースレイアウトが再現されたグラフィック

大本命の「オーガスタ」をラウンドする前に、まずは研修生時代にお世話になった「朝霧ジャンボリーゴルフクラブ 駿河コース」で肩慣らしです。何度も回ったコースですので、レイアウトは大体頭に入っていますから、どの程度、グラフィックとして再現されているのか判断するには最適です。

ガーミンr10
2グリーンのコースでは、ホールごとにグリーンを選択できるようでした。ティショットなどの弾道データの正確さはさすがのGARMINです。

まず駿河コースの1番ホールパー4、ほぼ真っすぐなレイアウトで、150ヤード地点から少し下っていくようなホールです。アプリを見ると、懐かしい気持ちになりました。もちろん、写真や映像ではなく、シンプルなグラフィックでコースが表示されますが、知っているコースなので、風景が頭に浮かんできます。久しく回っていないコースをバーチャルラウンドしてみるのも面白いかもしれません。

早速、ティショットを打っていきます。ある程度、アップしていたのでまずまずの当たりでしたが、結果は約260ヤード。20代で回っていた頃に比べて、がっつり距離が残ります……。(これは私の運動不足の賜物なので、機器が出す数値自体は非常にリアルだという証明です)

バーチャルラウンドですので、移動時間もなくすぐさまセカンドショットの画面に移行。しかし、ここで1つ疑問が。果たしてパターはどうするのでしょう? Approach R10』にパターの計測はなかったと思いますし、バーチャルラウンドのパターは方向取りが独特すぎて、全く入る気がしないんですよね。

まさにこのバーチャルゴルフのキモがグリーンに描かれた2つの円。「+2打」の円はまだしも、「+1打」の円は小さすぎです…。

とりあえずセカンドを打ってみると、答えが分かりました。このバーチャルラウンドで打つのはアプローチまでで、パターは打ちません。セカンド以降、ピンまでの残り距離に応じて、「+1打」、「+2打」とパター分のスコアが加算される仕組みなのです。

普通のラウンドなら、まぐれで長いパットが入ることもありますが、『Approach R10』のゴルフシミュレーターでは超ベタピンに寄らない限り、1パットとはみなされません。ちなみに画面上では、グリーン上のピンを中心に2つの円が表示され、大きい円の中なら「+2打」、小さい円なら「+1打」が加算されます

これ面白いのですが、時に残酷なスコアを突き付けてきます(笑)。「+1打」の円はかなり小さく、グリーン周りのアプローチでも内側に入れるのはやさしくありません。実を言うと、この日のラウンドでは数回しか入れられませんでした

それが難しいだけなら良いのですが、グリーンに乗ったときに大きい円にも入っていないと「+3打」が加算されてしまいます。まさに強制3パット……。「ボク、頑張れば2パットでいけるよ~」と泣き言を言っても、機械は一切聞いてくれません(笑)おそらく、グリーンが大きいコースを選択すると、この「+3打」に泣かされることが多いかもしれません。

そんな感じで、このゴルフシミュレーターの仕組みを理解しつつ、勝手知ったる朝霧ジャンボリーゴルフクラブ駿河コースのラウンドを進めていったのですが、結果は散々でした。とにかく円の中に入れるのが難しいのです。

以前テストした際に、『Approach R10』の方向をセットするのは適当でもOK みたいなことを言いましたが、バーチャルラウンドをする際には、きっちり真っすぐな方向がどこかを決めておいた方が良さそうです。あまり深く考えずにラウンドを進めてしまったこともあり、ナイスショットを打っても構えた方向が合っていなくて、「+3打」をくらうということが何度かありました。

パー5で会心のティショットを打つも、3打目が円の外のグリーンに乗ってまさかの「ボギー」。そりゃないですよ…。

このリベンジは「オーガスタ」で晴らす、という決意を固めつつ、初めての『Approach R10』を使ったバーチャルラウンドは「44(+8)」という結果に終わりました。(こんなスコア、ほとんど打ったことないのに

ついに来た夢の舞台!マスターズ

バーチャルとはいえ、マスターズの舞台でプレーできるのは素直に嬉しいですね。メジャーが開催されている季節に同じコースをプレーしたら観戦も面白くなりそうです。

さあ、気を取り直して次のラウンドに入りましょう。9ホールが1時間かからずにラウンドできるので、1日に何コースでも回るのがバーチャルラウンドの良いところです

続いては、海外メジャー「マスターズ」の舞台「オーガスタナショナルゴルフクラブ」をプレーしていきます。テレビ中継でしか見たことはありませんが、グリーンのアンジュレーションが非常に強いコースですので、普通に回ったら3パットや4パットを量産するでしょう。そう考えるとショットだけでスコアが決まるゴルフシミュレーターのシステムはある意味、チャンスかもしれません(笑)

早速1番ホールからプレーしていきますが、正直「こんな感じだっけ?」という印象でした。あまりテレビ中継されないホールも多いので、そもそもコースレイアウトを詳しく知らなかったからでしょう。

しかし、ところどころ見た覚えのあるホールがあるとやはりテンションが上がりますね。2番や8番のパー5はスコアが動くことが多く、テレビでも中継されることも多いので、マスターズの舞台でプレーしている実感が湧いてきました。(バーチャルですけど)

とはいえ、先ほどの朝霧ジャンボリーゴルフクラブに比べてオーガスタはとにかくコースが長い。おそらくプロが使用するティよりも前の設定のはずですが、平気で450ヤードのパー4とか出てきます。運動不足な今の私だと、2打で届かせるのは厳しいですよね。なんとかグリーン近くに持って行って、アプローチで「+1打」を狙うけど、全く入らないという苦しいプレーが続きました。

振れども振れども、グリーンに届きません…。こんなやばいコースで世界のトップ選手は二桁アンダーなんて出しているのかと改めてすごさを実感。

そんなこんなで前半のスコアは47という結果に。初のメジャー挑戦? は苦しすぎるスタートになってしまいました。

名物「アーメンコーナー」をプレー。正直難しすぎる!?

ただでさえ難しいレイアウトにこの長さ…。今の私にはとても攻略は無理です…。

さあ、いよいよオーガスタのバックナインをプレー。いわゆる「アーメンコーナー」と呼ばれる多くのプロが涙を呑んできたホールが待ち構えます。まずは左ドッグレッグの10番パー4、ローリー・マキロイ選手が2011年にセカンドを左の林に打ち込んで大叩きしたことがあるホールです。

バーチャルなので、コースなりにドローを打ってやろうと意気込みますが、結果はプッシュ気味に右ラフ。残り距離は約240ヤードとのこと。ロングでしょうか?とりあえず2UTで頑張って飛ばしにいったものの、まだ約80ヤード残る始末3打目は方向取りを誤り、グリーン左に外れ、そこからアプローチをするも、グリーンオーバーしてカラーに止まると画面に痛恨の「+3打」という表示がされました。まさかの素トリで、まんまとアーメンコーナーの罠? にはまってしまいました。

続く11番はセカンドをグリーン右にきっちり運び、3打目でグリーンオンに成功し、「+2打」のボギー。そして、12番の名物パー3はティショットでグリーンをとらえてパー! 普通なら風の読みに悩み、世界のトッププロでも池に打ち込んでしまうホールですが、バーチャルならただの短いパー3でした(笑)。

池ポチャで優勝を逃した選手も多い12番パー3では見事にパー! 現実のように選手を惑わせる風が吹いていないので比較的やさしいホールにはなるものの、素直に嬉しいです。

そして、13番超左ドッグレッグのパー5です。バッバ・ワトソン選手が強烈なティショットを打って、セカンドをSWで打ったこともあるホールですね。私も高いボールで軽いショートカットを試みますが、ここでまさかのチーピン発動……。ボールは左の林に吸い込まれ、このハーフ2度目のトリプルボギーを喫してしまいました。やっぱりオーガスタ難しい

16番のパー3でまさかの池ポチャ…。はい、力尽きました…。オーガスタ攻略への道は非常に険しいようです。

そんなこんなでバックナインは3つのパーを獲ったものの、3つのトリプルボギーも叩いてしまい“49”、前半と合わせて“96”という結果になりました。不慣れなバーチャルゴルフとはいえ、なんとも不甲斐ないスコアを叩いてしまいました……

ラウンドに近い感覚でショット力を磨ける

ただ漠然とショットするのではなく、コース攻略を考えながら打つことで実戦力が磨かれます。ここで磨いたスキルは、ラウンドで確実に生きてきます。

スコア的には残念な感じになってしまいましたが、このバーチャルゴルフは普段の練習をより質の高いものにしてくれるでしょう

まず、1ショット1ショットをほどよい緊張感で臨めます。練習では漠然とボールを打ってしまいがちですが、狭いホールなら曲がりを抑えてスイングしようとしますし、左OBだったらそれを避けるように保険をかけた打ち方をしたりします。そして、その結果が高精度な計測機によってリアルに表示されますので、実戦に近い感覚で打てることは大きなメリットです。また、ショットが成功したときはかなりの快感で、練習を続けるモチベーションにもなります。

セカンド以降も、ピンまでの正確な残り距離が表示された上でショットしていきますので、バーチャルラウンドを重ねることで、番手ごとの飛距離がしっかり把握できるようになるはずです。番手ごとのキャリー距離はどれくらいで、ミスによってどれくらい飛距離が落ちるのか。練習場のマットから打つので、厳密には少し違ってきますが、距離感をかなり磨くことができます。

そして、アライメントの技術もどんどん磨かれます。たとえばピン右サイドのグリーン面が広い場合などは、あえてターゲットよりも右に構えたりしますし、上級者になったら、少しドローで右から狙うといった攻めをしてみるのも良いでしょう。普段からこういった練習を積んでおくと、実際のラウンドでもそういう攻めが使えるようになりますし、成功率も確実に高くなることでしょう

まとめると、せっかくGARMINApproach R10』を購入したなら、有料ではありますが、バーチャルラウンドをぜひ練習に活用してほしいです。1人でプレーするだけでなく、最大4人まで同時プレーもできますので、友人と練習に行った際に遊んでみるのもいいかもしれません。楽しみながら練習ができて、上達にも非常に効果的ですのでおすすめです。

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /