ティッシュと万能ブラシを使って自宅で簡単にできるウェッジ練習法!【バンカー編・ダフリ/トップ編】

【パーゴルフ】おうちでできるお手軽練習法

コロナ禍で在宅勤務、外出自粛など自宅で過ごす時間が長くなる今は、絶好のゴルフ上達のチャンスだともいえる。そんな想いから長谷川哲也が室内でできる練習法を紹介していく。ティッシュペーパーを使ったバンカーショットと百均などに売っている万能ブラシを使ったダフリ・トップの防止術を紹介しよう!

長谷川哲也
はせがわ・てつや/1977年生まれ。レッスンスタジオDEPARTURE GOLF代表。深堀圭一郎、岡本綾子プロらのキャディを務めるなど豊富な経験を基に独自のスイング論を構築。YouTubeにて「マイケルゴルフTV」も絶賛配信中!

取材協力・DEPARTURE GOLF幕張ゴルフスタジオ(千葉県)

【バンカー編】ティッシュペーパーでバンカー名人になる

バンスの本当の使い方が習得できる

室内や練習場ではバンカーショットの練習はできないと思いがちですが、今回紹介する動きをマスターできれば、これまでの苦手意識が払拭されるはずです。

ウェッジのほかに準備してもらうものは、ティッシュペーパー1枚と薄めのクッションだけです。

バンカーショットはバンスで砂を爆発させてボールを飛ばしますが、多くの人はバンスを使えていません。バンスを正しく使うにはヘッドの入れ方がポイントになります。まずフェースを開いて、ややオープンスタンスに構えます。それでクッションの上に置いたティッシュの下をすり抜けるように、ヘッドを動かします。コツは上げるときにコックを使って、下ろすときはややシャローにヘッドを入れます。鋭角に打ち込んだり、体が突っ込むとティッシュは飛んでしまいます。

自分から見てティッシュペーパーの右下の角にヒールから入れて、スタンスなりに振り抜く。ティッシュペーパーはターゲット方向に正対させて置くので、ややカット気味に振り抜くことになる。

ティッシュを飛ばさずにヘッドがすり抜けるようになれば、バンスを使えるようになった証し。この感覚を身につけて、ラウンドに備えましょう。  ボールを打たないとはいえ、クラブを振りますので、室内で行う際は周りに気をつけて行ってくださいね。

◯)フォローでフェース面が自分を向いているのが正しい形。手首を使ってフェースを返すとティッシュが飛んだり、フェースに絡みついてしまう。

×)インパクトで体が突っ込むと入射角が鋭角になりすぎるなどしてヘッドを低く動かすことができない。これにより正しい入射角を体感できる。

バンスから入れるから砂が爆発する!

バンカーショットが苦手な人はボールに対して鋭角に入りすぎたり、上げようとしてあおり打ちになっていることがほとんど。バンスから入れる動きを覚えましょう。

(パーゴルフ 2020年5月26日・6月2日合併号掲載)

【ダフリ・トップ編】万能ブラシでダフリ・トップを防止する!

次は100円ショップなどで購入できる掃除用の万能ブラシを使用する。ブラシ部分を利用してウェッジでのヘッドの入り方を矯正。ダフリやトップに悩まされている人には必見の練習法だ!

ソールでブラシを擦るように動かす

ブラシに対してヘッドの入射角度が鋭角すぎたり、下から入りすぎたりするとダフリ・トップの動きになる。ソール面をブラシできれいにするつもりでシャローにヘッドを動かすのがポイント。

手首の余計な動きを抑える感覚が身につく

アプローチでダフリやトップが出るのは入射角に問題があります。今回のブラシを使う練習は、ヘッドの入射角をそろえて、正確にボールにコンタクトするためのもの。ソールでブラシ部分を擦るように動かすだけのシンプルな練習ですが、やってみると意外とこれが難しいんです。ブラシは固定せずに置いているだけなので、ちょっとの軌道のずれで転がってしまいます。「チッ」と小さな音がする程度でいいので、ブラシを動かさずにソールを擦れる動きを覚えてください。

ポイントは体の軸をキープさせることと手首の余計な動きを抑えることです。手先の動きに頼ってソールを擦らせようとしても反復性に欠けます。アプローチの小さい振り幅ですが、両腕と肩で作る三角形を崩さないように、体全体を使ってスイングしてください。

手首の角度をキープしたままスイングすることで入射角が安定する。ブラシを使用することで手首の使いすぎに気づかされる。
ボールを上げようとすると体の軸が右に傾いてヘッドが下から入りやすくなる。軸の傾きは小さい振り幅のアプローチでは命取り。
ブラシでできるようになれば練習場のゴムティで練習しても同じ効果が期待できる。

高さの調整忘れないで!

ブラシの長さのぶんだけ短くグリップすることで、地面のボールを打つのと同じ感覚でスイングできますよ。

パーゴルフ 2020年9月8日号掲載)

【Amazon】ウェッジ・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ウェッジ・売れ筋ランキングはこちら

\ この記事の感想を教えてください /