【体の回転を使ってドライバー飛距離アップ】左太モモを外にねじれば、勝手に腰が回る

【飛ばない人なんて一人もいない】目指せ! 最大効率サイコースイング

ゴルフにおいて効率的に体を使えれば、誰でも飛ばせるという方法をYouTubeで紹介し、今、最も注目を浴びているレッスンプロの菅原大地。今回のテーマは「回転」。ダウンスイングの時に腰を回そうとせず、足を使うことで体は自然に回転するという。

菅原大地
すがわら・だいち/1989年生まれ、神奈川県出身。24歳でPGA資格を取得。2019年に開始したYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」はレッスンをはじめラウンド動画やゴルフギア検証なども人気。プルーフコーポレーション所属。

取材協力・千葉セントラルゴルフクラブ(千葉県)

『サイコー(最大効率)スイング』とは?

自分自身が持っているパワーをロスなく最大限使うことで、パワーがなくても飛距離を大きく伸ばす、菅原大地の独自理論。

体の構造上、腰だけを回すことは不可能

 ドライバーを振る時に飛ばしたい意識が働き過ぎて、切り返しからダウンスイングで腰を一生懸命回そうとしている人は多いですよね。しかし体の構造上、腰自体を回すことはできません。腰は足の動きに連動し、初めて回転を始めます。つまり、体を回転させるためには、足を動かさなければいけないのです。

 では、足のどこをどう動かせばいいのか。私がお勧めするのは、切り返しで左太モモを外側(飛球線方向)にねじること。この動きによって足が回り、それにつられて腰が回転します。

【Pointバックスイングでおなかの右側をタテヨコに伸ばしておく

 ポイントは、体が捻転したトップをつくることです。おなかの右側をタテヨコに伸ばしておくと、切り返しで左太モモを外側にねじるのに連動しておなかを戻す勢いが増し、足がスムーズに動いて結果的に腰が回るようになります。

おなかの右側をタテヨコにしっかり伸ばしてバックスイング。筋肉を伸ばしておくと、切り返しでおなかに力が入りやすく、スムーズに回転できますよ。

最大効率スイングのコツは右ワキ腹を伸ばしてバックスイングし、切り返しで左太モモを左回転させると、足に連動して腰が自然に回ります。

無理に腰を回そうとして切り返すと、体が左に流れてしまい、回転できなくなります。

腰の切り返しを意識しすぎるとかえって体は回ってくれません。左足のモモを外側にねじると腰も連動してスムーズに回ります。

スコアアップに必要な要素の一つとして飛距離アップ。しかし、ただ闇雲にクラブを力任せに振り回してもヘッドスピードは上がりません。自分の体型に合った正しいスイングをするためには、体を最大限効率的に使いましょう。今回は「回転」をテーマに左足と腰の連動性についてご説明しました。ぜひご参考にしてみて、練習場などで自分のスイングで確認してください。

(パーゴルフ 2020年9月8日号掲載)
【Amazon】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら

\ この記事の感想を教えてください /