【ドライバー飛距離アップ】体で腕を引っ張るとヘッドが加速する

【飛ばない人なんて一人もいない】目指せ! 最大効率サイコースイング

ゴルフにおいて効率的に体を使えれば、誰でも飛ばせるという方法をYouTubeで紹介し、今、最も注目を浴びているレッスンプロの菅原大地。今回のテーマは「インパクト」。クラブを押すのではなく、引くイメージを持つと、体が起き上がらなくなる。

菅原大地
すがわら・だいち/1989年生まれ、神奈川県出身。24歳でPGA資格を取得。2019年に開始したYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」はレッスンをはじめラウンド動画やゴルフギア検証なども人気。プルーフコーポレーション所属。

取材協力・千葉セントラルゴルフクラブ(千葉県)

『サイコー(最大効率)スイング』とは?

自分自身が持っているパワーをロスなく最大限使うことで、パワーがなくても飛距離を大きく伸ばす、菅原大地の独自理論。

グリップエンドは左足ツケ根に向けて下ろす

右手で押さずに左腕を引こう

 「ダウンスイングで前傾姿勢をキープできない」と悩んでいる人は多いと思います。大きな原因は、クラブを押してインパクトしようとしているから。右手でクラブを押して切り返すと、前傾姿勢が崩れ、あおり打ちになったり、右手や右肩が前に出てカット軌道になってしまいます。

"押す"ではなく、"引く"イメージを持つと、前傾姿勢を保ってインパクトしやすくなります。コツは、切り返しで左肩を背中側に動かし、左腕を引きつけること。このときグリップエンドを左足ツケ根に向けると、体がスムーズにターンします。

切り返しでは、グリップエンドを左足ツケ根に向ける。左肩を背中側に動かして左腕を引くと、体がスムーズに回転。前傾姿勢をキープしてインパクトできる。

左肩を背中側に引き、左腕を引っ張る。グリップエンドは左足ツケ根に向けよう。前傾姿勢をキープして効率的にインパクトできる。

右手でクラブを押すと、体が起き上がってしまい、前傾姿勢をキープできない。クラブが下から入ってしまう“あおり打ち”になる。

体で腕を引っ張るとヘッドが加速する

押すインパクトをしていた人に、お勧めのドリルを紹介。ヘッドを飛球線後方に置き、ズルズルと引きずりながら飛球線側に動かしてみよう。

腕を体に引きつけるとヘッドが加速してくれる

  今までクラブを押してきた人にとって、引くインパクトをイメージするのは難しいかもしれません。そんなアマチュアゴルファーの皆さんにお勧めしたいのが、ヘッドズルズルドリルです。

 ヘッドを飛球線後方に置き、グリップエンドを左足ツケ根に向けて動かしましょう。ポイントは、腕の力でヘッドを引っ張らないこと。腕で引っ張っていると体が回転せず、飛球線側に左ヒジが抜けて、いつまでもヘッドが自分を追い越しません。つまり、ヘッドが加速していかないのです。

 腕でクラブを引っ張るのではなく、体で腕を引っ張ってみてください。すると、体がスムーズに回転し、ヘッドを動かそうとしなくても、インパクト付近で自然にヘッドが自分を追い越していくはず。インパクトからフォローにかけて、ヘッドが加速していきますよ。

飛球線後方にヘッドを置き、左足ツケ根に向かってグリップエンドが動くように、ズルズルと引きずってみよう。クラブを引っ張るのではなく、腕を体で引っ張ることが大切。体が回転し、ヘッドが加速していきます。

【ポイント】腕でクラブを引いてはダメ

腕の力でクラブを引っ張ると、左ヒジが体から外れてしまい、ヘッドが走らないので気をつけてください。

ダウンスイングでは、左腕を体に引きつけるように使う。インパクトからフォローにかけて、ヘッドが加速し、体とヘッドが引っ張り合う形になる。

腕の力でクラブを引っ張ると、左ヒジが飛球線側に外れてしまう。これではヘッドが自分を追い越さず、ヘッドスピードが上がらない。

(パーゴルフ 2020年9月15日号掲載)

【Amazon】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /