男性ゴルフ初心者必見【ボールの違いで差をつける】目的別のゴルフボール16選

「ディスタンス系やスピン系など目的別にゴルフボールを選びたいけど、どれを選べば良いかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は、男性ゴルファーに人気のゴルフボールについてお話していきます。ゴルフボールなんてどれも同じ、違いが判らないと思っている方も多いと思いますが、実はボールを変えるだけで飛距離が伸びたり、グリーン上でスピンの効いたショットが打てるようになったりします。

ゴルフボールには、打感が固いボール・打感が柔らかいボールがあり、どちらのボールを選択するかは、その人のヘッドスピードによって違います。一般的には、ヘッドスピードが速い方は固いボール。ヘッドスピードが遅い方は、柔らかいボールを好みます。自分に合わないボールを選択してしまうと、ミスショットや飛距離低下の原因となります。好きなプロゴルファーが使っているからなどという理由でボールを選択することはやめましょう。この記事では、ディスタンス系スピン系第3のボール(中間)のそれぞれの目的別に応じた、各ブランドのおすすめゴルフボールを紹介します。

ディスタンス系(飛距離性能が優れたボール)

飛距離が出ないという悩みを抱えている初心者ゴルファーやスピン量が多いタイプのゴルファー(ボールがやたらと高く上がってしまう方)にも、スピン量を抑えられるのでおすすめです。

Titleist「Titleist VG3」

Titleist VG3は、「全てのショットで驚異的な飛距離とソフトな打感を追求して生まれたゴルフボール」です。飛距離に特化しているため、ドライバーやアイアンでの飛距離を今よりもグッと伸ばしたい方におすすめです。

Callaway「WARBIRD」

WARBIRDに採用された高初速コアにより、高い初速と打ちごたえのある心地よいフィーリングを実現したことで、飛距離性能がアップしています。価格も比較的低価格なため、コストパフォーマンスも魅力的なゴルフボールです。

TaylorMade「DISTANCE+ SOFT」

ソフトコアを搭載したことで高初速、低スピン、高弾道であることが特徴です。そのため、アイアンからドライバーまで大きな飛距離を実現します。UV耐性にも優れており変色しにくい点が魅力的なゴルフボールです。

DUNLOP「XXIO 11」

XXIO 11は、ドライバーはまっすぐ大きく飛び、アイアンも全ての番手で高弾道、ビッグキャリーがでることが特徴です。アプローチは高く打ち出し、ランで寄せるイメージです。フィーリングは大きくつぶれて非常にソフトな打感となっています。

BRIDGESTONE「TOUR B X」

外層に次世代リアクティブ・ウレタンカバーを採用し、内層も大径ハイドロコアなどの3層構造とすることで非常に優れたドライバー飛距離を実現しています。打感も芯を感じるしっかりとしたフィーリングになっています。

本間ゴルフ「D1 SPEED MONSTER」

飛距離性能が抜群で、スピン量も抑えらます。またランで距離を稼いでいただくこと可能なので、かなりおすすめです。

スピン系(スピン性能が優れたボール)

100ヤード以内のショット、グリーン周りのアプローチでのスピンコントロールがし易い為、ショートゲームを重要視するゴルファー向きのボールです。

Titleist「Titleist PRO V1」

Titleist PRO V1は、世界ツアーで使用率No.1のゴルフボールです。飛距離性能は残したまま、風に負けない弾道に加えグリーン周りでは優れたスピンコントロール性能を発揮してくれます。

Callaway「CHROME SOFT X」

ヘッドスピードの速いプレーヤーがもっと飛ばせるようになることを目標として掲げつつも、高い次元でのスピンコントロールが可能となっています。プロや上級者に、これまで以上のアドバンテージをもたらすゴルフボールです。

TaylorMade「TP5」

TP5は、世界のトッププロたちに使用されています。ソフトキャストウレタンを用いたことでグリーン周りのバックスピン性能高め、ピンを狙った精確なコントロールを可能としています。

DUNLOP「Z-STAR」

さらに厚くしたウレタンカバーと新開発したコーティングにより、スピン性能と打感を向上させています。従来からの進化もアプローチのスピン、8番アイアンのスピンともに従来モデルよりも1.5倍以上スピン量が増加しています。

BRIDGESTONE「TOUR B XS」

ドライバーは高初速×低スピンで飛距離を担保しつつ、アプローチでは低初速×高スピンでしっかり止まるような設計になっています。打感はフェースへの吸い付きによるソフトなフィーリングを実現しています。

第3のボール

そして三つ目は、ディスタンス系とスピン系のいいとこ取りをした第3のボールと呼ばれているものです。

Titleist「Titleist PRO V1X」

Titleist PRO V1Xは、PRO V1同様に世界ツアーでの使用率がNo.1のゴルフボールです。こちらの方がやや硬く、PRO V1よりも飛距離がでるためPRO V1Xを第3のボールとして紹介しています。

Callaway「SUPER SOFT」

ネーミングどおりソフトな打感を売りにしており、バランス良く仕上げられたボールとなっています。新開発のハイブリッドカバーが導入され、初速、スピン、フィーリングが大幅に変わる仕上がりとなっています。

TaylorMade「TOUR RESPONSE」

ツアープレーヤーが使うボールは高価格なため、アマチュアは中々買いにくいですよね。このTOUR RESPONSEは、ツアーで使用されるボールとできる性能を同じに維持しつつ、でも価格はより安価に、をコンセプトとしたゴルフボールになっています。

DUNLOP「XXIO X」

XXIO Xは、ドライバーはXXIO 11と同様にまっすぐ大きく飛ぶ点が特徴です。一方でアイアンやアプローチは高いスピン性能を生かして止めるアプローチが有効といえます。打感はややマイルドなフィーリングに仕上がっています。

BRIDGESTONE「TOUR B JGR」

「マッスルコア」により低スピンと高初速の両立を追求した結果誕生したゴルフボールです。アプローチではスピン系のボールよりと比較するとスピンは少ないですが、球が高く上がりやすいためグリーン上でのボールコントロールも可能です。

最後に

たくさん種類がありすぎて選ぶのに迷ってしまっていたゴルフボールについて紹介しました。かなり厳選しましたが、他にも性能の良いゴルフボールはたくさんあるので興味がある方は探してみて下さい。ゴルフボールを変えてみるだけで、皆さんのゴルフにも様々な変化や気づきが出てくることでしょう。ボールなんて何を使っても同じだと思ってはいけません。今回の記事をきっかけに、ゴルフボールの特性を理解して、飛距離アップ・スコアアップにつながるボールの選択をしてみてください。

\ この記事の感想を教えてください /