ゴルフ用レーザー距離測定器

プロ御用達のハイエンド機からコスパ重視のモデルまでをコースで徹底テスト。使い心地に差はある?

コース上のどこからでも、ピンまでの正確な距離が分かる“レーザー距離計”。最新のモデルから、コスパの良いモデルまで、さまざまな“レーザー距離計”が売られているが、性能の違いはある? そもそも競技ゴルファーならまだしも、一般ゴルファーに必要? そんな疑問に、プロテストやQTへの出場経験を持つ元・ALBA編集部員のフリーライター田辺が答えます!

●取材協力/千葉セントラルゴルフクラブ

ショットへの“納得感”が段違い。距離を知ってるって大切!

ショット前に必ず距離を測るという田辺。ピンだけでなく、打ち込みそうな林やバンカーまでの距離も測り、マネジメントに役立てている。

“レーザー距離測定器”と聞くと、正確なショットが打てるプロや上級者だけに必要なものというイメージを持つ人が多いかもしれません。中には、「どうせ距離が分かっても打てないし……」と考える人もいるでしょう。しかし、はっきり言います。ラウンド中、距離を把握した上でショットするのと、そうでないのとでは雲泥の差があるんです。

たとえばパー4のセカンドショット。なんとなくコースのヤード杭を見て、「110ヤードくらいか」とPWを選んだとしましょう。そして、まあまあ良いショットが打てたのに、結果はグリーン手前の花道に大ショートとなったとします。そのときに、打つ前の距離がしっかり把握できていないとショットが悪かったのか、それとも距離のジャッジが間違っていたのか、もやもやした気分になりませんか? ちなみに私はプロの道をあきらめて、ラウンドにレーザー距離測定器を持っていかなくなったときに、このもやもやを何度も経験したことがあります。

明らかなミスならまだしも、良いショットを打ったはずが、ピンをショートしたり、大オーバーしたりって本当にストレスなんですよね。その後、自分の愚行を反省して、レーザー距離測定器を持っていくようになってからは、そういったストレスはなくなりましたし、明らかにスコアもまとまるようになりました。距離を知ってるかどうかって思った以上に大切なんですよ。

先程、コース内のヤード杭の話をしましたが、これはざっくりグリーンセンターまでの距離が分かるだけですし、ピン位置が変われば、コースが出してくれる情報を元に足し引きして計算しないといけません。そもそもコースによって測り方が違う可能性もあり、場合によっては明らかにヤード杭の表示が怪しいケースもあります。その点、いつも使っている自分のレーザー距離測定器があれば、統一した基準で毎回測ることになりますので、距離への信頼度も全然違ってきますよね。初めて行くコースでも、いつも使っているレーザー距離測定器があるとかなり安心です。

また、ピンまでの距離だけでなく、ティーイングエリアでバンカーや池といったハザードに入る距離や越えるために必要な距離を測ることも大切です。たとえばドッグレッグのホールなどでも、「左に引っかけたら200ヤードでも林に入る」といった情報があるかないかで、クラブ選択やショットを打つときの気構えも変わってきます。ラウンド中にトラブルに陥る可能性を少しでも排除することができるわけです。

ピン以外にも距離を測るべきポイントはたくさんある。レーザー距離計測器があれば、素早く距離を把握できて、マネジメントもバッチリ。

そして、距離をこまめに測りながらプレーする癖をつけると、自分の番手ごとの距離やミスの傾向がしっかり見えるようにもなってきます。そういった傾向を頭に入れた上で日ごろ練習をするようになると、一気に上達できるんですよね。上手い人だからレーザー距離測定器が必要なわけではなく、レーザー距離測定器を使っている人が上手くなっているというのが正しいのではないかと思います。

大切なのは距離の正確性よりも使い勝手の良さ

スムーズにショットに入るためには、レーザー距離測定器の使い勝手の良さが何より大事です。

長々と持論を語ってしまいましたが、レーザー距離測定器の必要性を理解いただけたでしょうか? ここからはレーザー距離測定器を選ぶ上で気を付けたいポイントについてお話ししたいと思います。

まず、メーカー公式HPなどを見ると、測定距離や測定精度といった情報が載っていますが、これは正直、そこまで気にしなくてもいいかなと思っています。たとえばブッシュネルの『ピンシーカープロXEジョルト』は測定距離が「51300ヤード」、測定精度が「±1ヤード以内」とありますが、コース内で1300ヤード先の距離を測ることはないですし、まあティショットが行きそうな250280ヤードの測定ができれば十分です。この距離をカバーできていないモデルはありませんから、気にすることはないですよね。

測定精度にしても、高いに越したことはありませんが、表示された距離に23ヤードのズレがあったとしても大勢に影響はない気がします。影響するのは、PGAツアーのトッププロくらいではないでしょうか。ヤード杭からざっくり距離を推測する場合は、1020ヤードくらい平気で間違えますし、それだけ違うと結果も大きく変わりますが、23ヤードの誤差は気にする必要がないと思います。おそらく違っていても気づかないですし(笑)

そうなると何が大切かとなりますが、「持ち運びやすさ」と「測定のしやすさ」といった使い心地の部分になると思います。

 ラウンド中にずっと持ち運ぶとなれば軽量コンパクトなほうがいいでしょうし、ケースの作りも大事になってくるでしょう。そして、計測の際にすぐさまピンにレーザーが当たる、当たったことが分かることは何より大切です。ボールのある場所にいって距離を測ろうとしたときにレーザーがなかなか当たってくれないとめちゃくちゃ焦りますよね。結果を良くするためのレーザー距離測定器のせいで、ショットをミスしてしまったら本末転倒です。レーザーの当たりやすさは何より大事にしたい点だと思います。

そういった点を踏まえて、おすすめしたい3つのレーザー距離測定器を紹介していきます。

ツアープロ人気No.1。ブッシュネルの最新モデル

ゴルフ用レーザー距離測定器
見るからに高級感のあるブッシュネル『ピンシーカープロEXジョルト』。ブッシュネルは国内外のツアーで多くのプロが使用する人気メーカーで、信頼性の高さはNo.1だ。

まず1機種目は、ブッシュネルの『ピンシーカープロEXジョルト』です。重量315グラムとレーザー距離測定器の中では重量級の部類になるものではありますが、打ち上げ打ち下ろしの距離を正確に計算する「スロープ機能」や独自の気温や高度から「打つべき推奨距離」が表示されるなど、最新機能が余すことなく盛り込まれています

出典/ブッシュネルゴルフ

そして、このブッシュネルというメーカーの一番の特徴は、ツアープロの使用率が圧倒的に高いことです。ALBA編集部員だった頃によくツアーの現場に取材に行っていましたが、大抵のプロはブッシュネルのレーザー距離測定器をキャディバッグにつけていました。むしろ他のメーカーいる? というくらいの印象です。もはやツアーでの統一基準と言ってもいいくらいですね。(ちなみに私も古い機種ですが、ブッシュネルを使っています)

理由はさまざまでしょうが、完全防水で機体が強いことや測定精度に対する信頼感が高さといったことが大きいのではないかと思います。

出典/ブッシュネルゴルフ  雨天使用可能なる完全防水構造(保護構造:IPX7)

実際、手に取って見ると機体の仕上げの良さはピカイチで、かなり高級感があります。

ゴルフ用レーザー距離測定器
質感の良さはさすがの一言。今回紹介する中では圧倒的に“所有感”の強いモデルです。

肝心の使い心地の良さですが、まず「測定のしやすさ」については可もなく、不可もなくという感じです。他メーカーにあるような手振れ補正の機能はついていませんので、測定距離が遠くなるほど、手がプルプルして測りにくさが出てきますが、機体の持ちやすさなどから、測定しにくいわけでもないといったところ。ピンなどにしっかりレーザーが当たると、「ダブルジョルト」と呼ばれるバイブレーション機能で知らせてくれるので、この点は嬉しいですね。「おっ当たった!」と少しテンションが上がります(笑)

また、付属のケースについても高級感や仕上げの良さはバツグンにいいです。ただし、フックを使って、ベルトループなどに吊るすのはおすすめできません。『ピンシーカープロEXジョルト』は重さがあるので、ブランブランされるとスイングにかなり影響します。少なくとも私はかなり気になってしまいました。

ケースの背面にベルトを通せる部分があるので、そこにしっかり通して、腰のあたりにつけるとスイング中、邪魔にならず良いと思います。ちなみに腰につけた際は、ジップは閉じずにケース上部のゴムをパチンとつけるだけにすると素早く取り出せますよ。

出典/ブッシュネルゴルフ 直線距離だけを表示する直線距離モードは左側面のスライド切替えスイッチで簡単に切替。

プロが使っている安心感、そして長く使える頑丈な機体、所有感を満たしてくれる仕上げの良さ、この辺が気に入った場合はブッシュネルの『ピンシーカーEXジョルト』はありだと思います。

手振れ補正機能で遠くからでもビシッと計測できる

ゴルフ用レーザー距離測定器
上田桃子プロの広告でおなじみのNikon『クールショット プロⅡスタビライズ』。他のメーカーにはない手振れ補正機能が最大の特徴だ。

次にご紹介するのは、Nikonの『クールショット プロⅡスタビライズ』です。レーザー距離測定器というとブッシュネルとNikon2大メーカーになります。ブッシュネルほどツアーで使用されているわけではありませんが、手ブレを約80%低減するという独自の「スタビライズ(手振れ補正)」を生かした使い勝手の良さが魅力です。

まず『クールショット プロⅡスタビライズ』の良い点は、約180グラムという軽さです。ひと昔前の軽量なレーザー距離測定器は、軽さゆえに手元が動きやすく、上手く狙ったところにレーザーを当てられない印象でしたが、この機種には当てはまりません。

すごく手になじむ感じの形状になっていて、カンタンに言うと“持ちやすい”んですよね。しかも、手振れ補正機能があるので、ビシビシピンにレーザーが当たります。「測定のしやすさ」という面では最強かもしれません。距離が長くなるほど、『クールショット プロⅡスタビライズ』が優位になる印象でした。

出典/ニコンイメージング
出典/ニコンイメージング シーンに合わせた4種類の表示モードが選べる。

ちなみにブッシュネルは振動でピンを測定できたことを知らせてくれましたが、『クールショット プロⅡスタビライズ』の場合は、ファインダー内に緑色のサインが出た上で、電子音でも知らせてくれるので、こちらもかなりの達成感があります(笑)。細かい話ですが、こういった仕様は長く使い続ける上で、意外に大事だったりするんですよ。

ゴルフ用レーザー距離測定器
右からブッシュネル『ピンシーカープロEXジョルト』Nikon『クールショット プロⅡスタビライズ』、MASA『GreenOn レーザーキャディ』のケース。

ちなみにケースについては、ブッシュネルなどと比較するとかなりシンプル。高級感という意味ではかなり後れを取っていますね。ただ、『クールショット プロⅡスタビライズ』は軽量・コンパクトですし、これで十分かなという気もしますね。ケース背面にベルトを通す場所があるので、腰につけてプレーすることもできます。

また、『クールショット プロⅡスタビライズ』も防水設計になっており、1mの水深に10分間浸かっても影響のないほどです。急な雨にでも安心して使えますね。

実はNikonの少し古い機種を試したことがあるのですが、その時は持ちにくさを感じてしまい、あまり良い印象は持っていませんでした。しかし、最新の『クールショット プロⅡスタビライズ』はそういったネガティブ要素がきっちり払しょくされていたので、自信を持っておすすめできるレーザー距離測定器になっています。

コスパ最強機種を発見!使い勝手の良さも抜群

ゴルフ用レーザー距離測定器
GREENONというメーカーは元々GPS距離計が得意なメーカー。満を持して登場したレーザー距離計測器『GREENON レーザーキャディ』はコスパ抜群の優等生だった。

実はこのレーザー距離計測器、最近初めて手にしました。最初はどんなものか懐疑的な目で見てしまっていましたが、使っていくうちに、使い勝手をしっかり研究して開発されたレーザー距離測定器だと分かりました。

まず、圧倒的な軽さです。先程のNikon『クールショット プロⅡスタビライズ』よりさらに軽い約150グラムという重さで、防水機能は濡れた手で触れたり、水がはねたりもOKの日常防水(IPX4)となっています。そして、特筆すべきはファインダーの覗きやすさです。「超高透過液晶」が採用され、光学6倍の望遠になっているので、遠くのピンでも大きく見えます。

そして、「測定のしやすさ」もかなりハイレベル。手振れ補正といった機能がついているわけではありませんが、しっかり遠くのピンでもレーザーが当たります。メーカーの説明によると測定範囲1650ヤードの高性能なレーザーを採用しているとのこと。レーザーの強さって大事なんですね。また、測定ボタンを長押しすることで、遠くからでも目標にレーザーを当てやすくなっています。ユーザーの使い勝手を良く考えて作られた機種だと思います。

ケースは今回ご紹介する機種の中では最小ですが、レーザー調の見た目で高級感はまずまず。フックだけでなく、ケース背面にベルトを通せるようになっていますが、かなりきつきつな印象。装着の際はちょっと面倒ですが、つけてしまえば、スイング中にズレにくい作りなので、その点ではおすすめですね。

出典/GREENON 直線距離だけを測るルール適合モード(トーナメントモード)と高低差を考慮した距離を表示する(ノーマルモード)がある。

そして、高低差もしっかり表示されます。直線距離と高低差を考慮した距離の2つが表示されるのはシンプルで、分かりやすいですね。

ケースは今回ご紹介する機種の中では最小ですが、レーザー調の見た目で高級感はまずまず。フックだけでなく、ケース背面にベルトを通せるようになっていますが、かなりきつきつな印象。装着の際はちょっと面倒ですが、つけてしまえば、スイング中にズレにくい作りなので、その点ではおすすめですね。

ぜひレーザー距離計測器を生かして楽しいゴルフライフを!

ここまでレーザー距離測定器の重要性やおすすめ機種をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 長々と語ってしまいましたが、レーザー距離測定器を1つ持っておくと、スムーズなプレーにもつながりますし、何よりスコアが良くなって、ゴルフがますます楽しくなること間違いなしです!

 ぜひお気に入りの機種を見つけて、より楽しいゴルフライフに生かしていただけたら幸いです。

【Amazon】ゴルフスコープ/距離計・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】距離測定器・売れ筋ランキングはこちら

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

〒290-0217 千葉県市原市松崎281-1 TEL 0436(36)1155(コース予約)

ベントグリーンの他、日本ではあまりないバミューダグリーンもあるのが特徴です。メンテナンスの行き届いた3コース(Aコース、Bコース、Cコース)・27ホールは、池や自然の地形を活かしたダイナミックな設計で戦略的に楽しめます。

カツカレー今回はお昼にオススメのカツカレーをいただきました。スパイスの効いたカレーとカツの絶妙なバランス。ボリュームも満点です。

\ この記事の感想を教えてください /