渋野日向子がスタンレーレディスで2年ぶりの優勝

渋野日向子が2年ぶりの復活優勝

2021年1010日に最終日を迎えた国内女子ツアー「スタンレーレディス」。渋野日向子、ペ・ソンウ、木村彩子と明秀学園日立高3年生のアマチュア佐藤心結(みゆ)が四つ巴のプレーオフにもつれ込み、2ホール目でバーディを決めた渋野プロが涙の復活優勝を遂げました。

全英優勝時のウエアは完売

2019年AIG全英女子オープンで優勝した渋野日向子

渋野プロといえば、記憶に新しいのが2019年の「全英AIG女子オープン」での42年ぶり女子メジャー戴冠。日本中に“シブコフィーバー”を巻き起こし、最終日に着用していたBEAMS GOLFのポロシャツは全国で完売、オークションでは定価の数倍のプレミア価格で取引されたほど。

【ALBA.Net】全英優勝時のウェアは? 渋野日向子、東京満喫の締めは初トークショー

【ALBA.Net】「売り切れはない」本人は謙遜していましたが…念願のシブコタオルがオープン1時間で即完売!【きょうのパンチショット】

渋野プロスタンレーレディス最終日着用シャツは「BEAMS GOLF ORANGE LABELスポーツロゴ モックネック」

スタンレーレディス2021最終日の渋野日向子

では、白地に縦に入ったロゴが印象的な、今回の優勝ウエアはどうでしょうか?

まだ買えます!(2021年10月12日現在)商品名は「ビームスゴルフ ORANGE LABEL / スポーツロゴ モックネック」。価格は税込みで¥14,300でした。

渋野日向子着用ウエア(メンズ)
こちらはメンズ(出典:ビームスゴルフ
渋野日向子着用ウエア(レディス)
こちらはレディス(出典:ビームスゴルフ

モックネックシャツは、最近ポロシャツに迫るほどのゴルフウエアの主役になってきた注目アイテム。タートルネックより窮屈さがなく、クルーネックと違って肌着感がないという、まさにいいとこ取りのポジションが人気の理由です。上手にコーディネートに取り入れれば、おしゃれがワンランクアップ! ぜひ1枚は持っておきたいですね。

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /