飛距離アップは捻転差あるトップで!バックスイングは右足裏だけ内側に加重する

【飛ばない人なんて一人もいない】目指せ! 最大効率サイコースイング

ゴルフにおいて効率的に体を使えれば、誰でも飛ばせるという方法をYouTubeで紹介し、今、最も注目を浴びているレッスンプロの菅原大地。今回のテーマは「体重移動」。バックスイングで右サイドに体重を乗せる際、右足の裏で逆方向に力を加えておくと、捻転差のあるトップが完成する。

菅原大地
すがわら・だいち/1989年生まれ、神奈川県出身。24歳でPGA資格を取得。2019年に開始したYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」はレッスンをはじめラウンド動画やゴルフギア検証なども人気。プルーフコーポレーション所属。

取材協力・千葉セントラルゴルフクラブ(千葉県)

『サイコー(最大効率)スイング』とは?

自分自身が持っているパワーをロスなく最大限使うことで、パワーがなくても飛距離を大きく伸ばす、菅原大地の独自理論。

右足裏で体重移動に抵抗するイメージがあればトップで捻転差ができる

突然ですが、バックスイングの目的は何だと思いますか? 「右に体重移動するため」と答える人は、体が右に流れてスエーや軸ブレをしているのではないでしょうか。バックスイングの最大の目的は、上半身と下半身の捻転差があるトップをつくることです。

右へ移動する体重に対して右足裏の内側抵抗する!

では、バックスイングで効率的に捻転するには、どうすればいいのか。スイングの始動から体を右回転でねじっていくと、右足側に体重が乗っていきますよね。このとき、右足の裏だけは逆方向、つまり左側に力を加えてください。右足の内側にエッジを利かせ、足裏で右への体重移動に抵抗するイメージです。すると、バックスイング中、肩は回り続け、腰の回転が止まるタイミングがあります。これが上半身と下半身の捻転差につながるのです。

バックスイングで体を右に回すと、右サイドに体重が移動する。このとき、右足裏の内側にエッジを利かせて、体重を右足外側に乗せないことが重要。

右足裏の内側に力をためて捻転したトップができれば、下半身リードで力強く左サイドに踏み込むことができます。インサイドからクラブを下ろせるようになり、ボールをつかまえやすくなりますよ。

サイコースイング

右に重心は移動するが、右足裏だけは左側に力を加える。すると、必要以上に腰が回りすぎずに捻転差のあるトップができ、下半身主導で切り返しやすくなります。

バックスイングで右に重心を移動する際、右足も同じ方向に動くのはNG。上体と下半身が一緒に回ってしまい、捻転差ができない。

【ドリル】右足外側でタオルを踏んで内側でエッジを利かせてみよう

右足の内側に力をためる感覚をつかむため、右足の外側でタオルを踏んでバックスイングしてみよう。わずかでも斜度があると、エッジが利きやすくなりますよ。

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /