ドライバーの飛距離は肩を入れ替えて回転させる

【飛ばない人なんて一人もいない】目指せ! 最大効率サイコースイング

ゴルフにおいて効率的に体を使えれば、誰でも飛ばせるという方法をYouTubeで紹介し、今、最も注目を浴びているレッスンプロの菅原大地。今回のテーマは「インサイドからクラブを下ろす」「インサイドからクラブを下ろせ」とは昔からいわれているスイングの根幹。でも、キャリアがあっても、身につけられている人は少ないという。菅原は、そんな人には右肩の動かし方についてアドバイスしている。

菅原大地
すがわら・だいち/1989年生まれ、神奈川県出身。24歳でPGA資格を取得。2019年に開始したYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」はレッスンをはじめラウンド動画やゴルフギア検証なども人気。プルーフコーポレーション所属。

取材協力・千葉セントラルゴルフクラブ(千葉県)

『サイコー(最大効率)スイング』とは?

自分自身が持っているパワーをロスなく最大限使うことで、パワーがなくても飛距離を大きく伸ばす、菅原大地の独自理論。

ダウンスイングで右の肩を残さない

体を起こしながらインから下ろすのはNG

ボールをつかまえるためには、ダウンスイングでインサイドからクラブを下ろす必要があります。しかし、上体を起こしてインサイドからクラブを入れてはあおり打ちになってしまいます。前傾姿勢が崩れるのは、ダウンスイングで右肩が下がり、肩が残ってしまうから。肩の回転が止まると、腕を伸ばしてヘッドをボールに届かせようとします。しかし、そのまま振ればダフることが分かるため、瞬間的に体を起き上がらせ、打点を合わせようとするのです。

前傾姿勢を崩さずにインサイドからクラブを下ろすには、単純ですが肩のポジションを意識するのがオススメ。トップでは、左肩がボール側、右肩が背中側にありますよね。ダウンスイングからインパクトにかけて、この関係性を逆転させるのです。つまり、トップの左肩の位置に右肩、右肩の位置に左肩がくればOK。腕やヘッドの動きを意識しなくても、インサイドから自然にクラブが下りてきますよ。

トップでは左肩が体の前側、右肩が後ろ側にあるが、インパクトまでに右肩を体の前、左肩を後ろにする。右肩を残さなければ、クラブはインサイドから下りてきます。

ヘッドの動きを意識してインサイドから下ろそうとすると、肩が回転せず、フェースが開いたインパクトになってしまいますよ。

サイコースイング

トップとインパクトの肩のポジションを入れ替えると、ヘッドをプレーン上で動かしやすくなり、最大効率になります。

インサイドからヘッドを入れようとして前傾が崩れると、あおり打ちになりスイングが乱れるのでショットが安定しません。

インサイドからクラブを下ろすスイングのポイント

ポイント1】切り返しの初動は左肩を下げたまま

ダウンスイングで右肩が下がってしまう人は、左肩を下げたまま切り返してみましょう。肩を入れ替えやすくなりますよ。

ポイント2左の肩、骨盤、ヒザを同時に動かす

切り返しからダウンスイングでは、左肩と一緒に左骨盤、左ヒザを動かしましょう。肩の入れ替えがスムーズになり、体が回転しやすくなります。

(パーゴルフ 2020年9月29日・10月6日合併号掲載)

【Amazon】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /