スポンジを使ってゴルフのスイングを直す

【パーゴルフ】おうちでできるお手軽練習法

コロナ禍で在宅勤務、外出自粛など自宅で過ごす時間が長くなる今は、絶好のゴルフ上達のチャンスだともいえる。そんな想いから長谷川哲也が室内でできる練習法を紹介していく。今回はスポンジを使って、シャンクとフェース面の管理の練習法をご紹介!

長谷川哲也
はせがわ・てつや/1977年生まれ。レッスンスタジオDEPARTURE GOLF代表。深堀圭一郎、岡本綾子プロらのキャディを務めるなど豊富な経験を基に独自のスイング論を構築。YouTubeにて「マイケルゴルフTV」も絶賛配信中!
取材協力・DEPARTURE GOLF幕張ゴルフスタジオ(千葉県)

出ると止まらないシャンクぐせをスポンジで直す!

ラウンド中に出ると止まらなくなるシャンクが矯正できる練習法を紹介。利用するのは食器洗いなどで使うスポンジ。これに当たらないように振ることでシャンクにおびえることなく気持ちよくスイングできるようになりますよ!

長谷川哲也プロのお家でできるゴルフ練習。スポンジでシャンクを直します。

シャンクを嫌がると余計にシャンクが出る

シャンクはクラブのネック側にボールが当たる症状ですが、ボールが右に出るため、その原因をインパクトでフェースを開いているからだと思いがちです。それを矯正しようとして外からヘッドを入れようとする。これが悪循環に陥る要因になります。

シャンクを矯正するにはシャンクが出そうな動きを意図的に行う必要があります。具体的にいうとインサイドからヘッドを入れること。そのためのポイントが右腕の使い方です。右腕をできる限り体の近くを通すことがポイントになります。そこで使用するのがスポンジです。

ヘッドの向こう側にスポンジを置いて、スポンジに当たらないように振ります。振り幅は室内なのでハーフスイングよりも小さくても問題ありません。ヘッドがスポンジに当たるのは外側からヘッドが入っているか、もしくは体と手が離れてしまっているかのどちらかです。

右ヒジを体の前に入れることができれば、そこに体の回転が加わるとフェースはスクエアに戻ります。手先で戻そうとする動きこそが、シャンクが止まらなくなる原因なのです。

↓ヘッドのトウ側にギリギリ当たらない場所にスポンジをセットして、当たらないように素振りをしてください。

スポンジに当たらないように振るにはヘッドをきっちりインサイドから入れる必要があります。

右ヒジの向きポイントです!

右ヒジがダウンスイングからインパクトにかけて体の前に入るとシャンクは出ません。

インパクトで右ヒジがおなか側を向き、右手のひらが正面側を向くような右腕の使い方を覚えてください。

手先でフェースをスクエアに戻そうとすると、ヘッドが外側から入って先に当たるミスになります。

(パーゴルフ 2020年9月8日号掲載)

スポンジでフェース面の管理上手になる!

次にスポンジを打つことでフェース面のコントロール力を身につけることができる練習法をご紹介します。この方法ならボールを打たなくても出球の行方を確認できるので室内でも安心。アプローチだけじゃなくショット全般の精度が上がりますよ!

インパクト付近の動きがよくなる

長谷川哲也プロのスポンジを使った室内ゴルフ練習。

ショットが曲がったり、アプローチで思いどおりに寄せられなかったりする原因はインパクトでフェース面がスクエアに戻っていないからです。そこでおなじみのお掃除アイテム、水だけで汚れを落とせるスポンジ(最近はサイコロ状に切られたものがある)を使った練習法を紹介しましょう。形状が立方体というのがポイントで、スポンジの面に対してフェース面がスクエアに当たらないと真っすぐに飛んでくれません。四角なので少しでもフェース面がずれていると左右に散ってしまいます。振り幅は室内ならアプローチ程度で十分ですが、庭などスペースがあればフルスイングでも飛びすぎることがないので活用することができます。

手首を使いすぎているとインパクトでスクエアに戻りにくくなります。フォローで手元が腰の高さでリーディングエッジが前傾した自分の背骨と平行になっているかを確認しましょう。スポンジが左右に飛ぶときは、このリーディングエッジの向きを意識してみてください。また、紙コップを置いてそこに入れるのを目的にすると、さらに効果が上がりますよ。

○)フォローでリーディングエッジのラインが背骨のラインと平行になっているかをチェック。手首の動きが抑えられて体の回転重視で振れていると平行になります。

×)スポンジが左に飛ぶのはインパクトでフェース面がかぶっている証拠。逆に右に飛ぶのはフェース面が開いているということになる。スポンジの飛ぶ方向でミスの傾向が分かります。

二つ重ねてバンカー練習もできます!

スポンジを二つ縦に重ねて下のスポンジだけを打ちます。ヘッドをボールの下に入れる感覚が自宅でも体感できる。このときもスポンジの飛び出す方向をしっかりチェックしてください。

(パーゴルフ 2020年10月27日号掲載)
【Amazon】ウェッジ・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ウェッジ・売れ筋ランキングはこちら

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /