菅原大地のドライバーレッスン

【飛ばない人なんて一人もいない】目指せ! 最大効率サイコースイング

ゴルフにおいて効率的に体を使えれば、誰でも飛ばせるという方法をYouTubeで紹介し、今、最も注目を浴びているレッスンプロの菅原大地。今回のテーマは「オーバースイング」。ダメな動きの代表例の一つとして挙げられることもあるオーバースイング。しかし菅原は、100%否定するものではないという。体に張りさえあれば、必ずしも直す必要はないと指導することもあるという。

菅原大地
すがわら・だいち/1989年生まれ、神奈川県出身。24歳でPGA資格を取得。2019年に開始したYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」はレッスンをはじめラウンド動画やゴルフギア検証なども人気。プルーフコーポレーション所属。

取材協力・千葉セントラルゴルフクラブ(千葉県)

『サイコー(最大効率)スイング』とは?

自分自身が持っているパワーをロスなく最大限使うことで、パワーがなくても飛距離を大きく伸ばす、菅原大地の独自理論。

バックスイング中、右手と左手を引っ張り合わせる

トップのヘッド位置より重要なのは「体の張り感」

「オーバースイングはダメ!」と思っている人は多いですよね。しかし、大切なのはトップでヘッドを垂らさないことではなく、体に張りのあるトップをつくること。トップに緩みがあると腕の力で切り返すことになり、手打ちや体が浮く原因になります。

菅原大地のドライバーレッスン
両手の力のベクトルを上に向けると、緩んだトップになってしまう。

張りを出すコツは、手元が腰の高さに上がったタイミングで、左手の力のベクトルを下に向けること。「上に行きたい右手と、下に行きたい左手」という関係性で手元を上げていくのです。左右の手が引っ張り合っている状態でトップができれば、切り返しは右手の上に上げる力をスッと抜くだけ。左手が行きたがっている下方向に手元が下り、スムーズに振り下ろせます。

菅原大地のドライバーレッスン
左右が拮抗している状態でバックスイング。左手は下方向に力を加えておくと、リキまずスムーズに切り返せる。

この左手の使い方は、オーバースイングの人だけではなく、手打ちの人にも効果的。左右の手を拮抗させてテークバックしてみてください。

【Point】右ヒザを伸ばし切らず、右のお尻に張りをつくる

菅原大地のドライバーレッスン

バックスイングでは、右ヒザをピンと伸ばさないこと。右ヒザに角度をつけてバックスイングすると、右のお尻に張り感が生まれ、体が緩みづらくなります。

【ドリル】手上げ防止に効果的! クロウグリップでクラブを上げてみよう

腕の力でクラブを上げるクセがある人は、体を積極的に動かして張りをつくろう。クロウグリップでバックスイングすると、左肩を入れて体を回す感覚がつかめるはずですよ。

菅原大地のドライバーレッスン

サイコースイング

菅原大地のドライバーレッスン

手元が腰の高さまで上がったら、左手は下方向に力を加える。左右の手を引っ張り合わせると、ハリのあるトップをつくることができます。

菅原大地のドライバーレッスン

両手でクラブを持ち上げると、緩んだトップに。切り返しで腕に力が入り、手打ちになったり、前傾姿勢が崩れる原因になるので注意してください。

(パーゴルフ 2020年10月13日号掲載)

【Amazon】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ドライバー・売れ筋ランキングはこちら

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /