ゴルフ初心者必見!ゴルフアイテムにどのくらいお金が必要?スタート編

ゴルフを始めるきっかけは人それぞれです。会社で誘われたり友人に誘われたり様々なのですが、いざ始めようと思った時に一通り必要なものを揃えるところは皆平等です。ではコースデビューまで視野に入れたとき、何を買いどのくらいお金が掛かるのか「ゴルフを始めるための費用」について考えてみましょう。

ゴルフの練習を始めるにあたっての道具

今までゴルフをプレイしたことがなければ道具など持ってなくて当たり前で、ゼロから揃えていかなくてはなりません。それに練習すらせず「いきなりコースデビュー」というのも現実的ではないので、まずは練習場デビューのための道具です。

ゴルフクラブとゴルフバッグ

もっとも大事なもので基本的なものがゴルフクラブと、それを入れて持ち運ぶためのゴルフバッグです。ゴルフショップへ行けば本当にたくさんのクラブやバッグが売っていますし、初めてであれば何を選んで良いのか全く分からないものです。ゴルフクラブは、初心者用のセットから1本10万円以上するような高価なクラブまで、本当に千差万別です。もしゴルフにハマってしまったら新しいクラブが欲しくなるものですし、それであれば最初は安く済ませる方が賢明です。お金に余裕があるなら別ですが・・・。

安く済ませるための方法は2つあります。1つは「初心者用セットといわれる本数の少ないセットです。ドライバーとアイアンが5本程度入ったセットで、練習を開始するだけなら十分でしょう。お値段は数千円程度で済ませることも可能です。

もう1つが中古のフルセットを買う方法です。ある程度出費を抑えられる上、コースデビューを視野に入れられるのも良い点だと思います。中古とはいえ、お値段はピンキリです。何年落ちかという点と、もともとの価格によってかなりの差があり幅があります。

もし続ける自身がなかったり費用面で心配があるのならば、レンタルという選択肢もあります。練習するだけならば、練習場でレンタルクラブを借り、次もやってみたいと思えるまで買わないのも1つの手でしょう。

ゴルフバッグはクラブを買った場合に必要になります。正直これは見た目重視なアイテムだと思います。練習場だけではなくコースに出た際も、意外と他人のゴルフバッグに目が行くものです。機能性についてはどのゴルフバッグでもあまり変わりはありません。値段も有名メーカーの高いものや、聞いたことはないけれど目を引くデザインのものなど様々です。

ゴルフシューズ

他のスポーツでも同じですが、それぞれの競技に合わせたシューズがあります。ゴルフの場合起伏のある芝の上でプレイするので、昔であれば金属のスタッド(鋲)がついた革靴のようなシューズが主流でした。最近は、見た目はスニーカーのようなゴルフシューズがほとんどで、プラスチック製のスタッドの付いているものと付いていないものの2種類があります。練習場だけなら普通の靴でも支障はないのですが、コースデビューを視野に入れているなら練習の段階からゴルフシューズを履いて打っていたほうがコースでも違和感なくプレイできます。

シューズもナイキミズノなど有名メーカーのものだと1万円台~2万円台ですが、安いものだと数千円で新品が買えます。

シューズ選びの基本はとにかく「足にフィット」し疲れにくいものを選ぶことです。コースともなると歩行距離もおよそ10kmにもなります。足にフィットしないシューズだと地獄です。

グローブ

ゴルフスイングをする際に利き手に付けるのがゴルフグローブです。スイングを繰り返していると意外と手に汗がにじみ、グローブを装着していないとクラブがすっぽ抜けて飛んでいく恐れがあります。今まで紹介してきた装具と比べるとお安く、いってみれば「消耗品」です。しかし重要な道具ですし、雨天にコースへ出た時など予備のグローブが必要になったりします。シューズ同様はめてみてフィットするものを選べばとくに問題はないでしょう。

ここまで揃えていくらの出費になるのか?

ゴルフクラブ・ゴルフバッグゴルフシューズグローブという4点の必須アイテムを紹介してきました。ここまで揃えるとどれくらいの出費になるのでしょうか?
結論から言うと極端に安く済ませた場合と、有名メーカーの新品で揃えた場合の価格差は極端に違うものになります。さすがにシューズグローブを中古というわけにもいかないのですが、クラブとバッグを中古で安く済ませれば2万円~3万円で済ますこともできます。また逆にいきなり有名メーカーの新品だと30万円以上かかってしまうこともあります。考えて欲しいのは「やってはみたものの楽しくなかった」という可能性もありますので、慣れて楽しさが分かるまでは出費を抑えたほうが賢明だと思います。繰り返しになりますが、ハマり始めたら新しい道具が欲しくなるものです。
ゴルフを始めたばかりの人はいきなり有名メーカーの新品を買うのではなく、予算を決めてその範囲で購入することがいいでしょう。

まとめ

ゴルフは数あるスポーツの中でもお金のかかる趣味です。ここまで紹介してきた初期投資に加え、その後のランニングコストもあります。ただ、他のスポーツと比べ高年齢になってもプレイできる数少ない競技ですし、将来を見据え、是非若いうちにチャレンジして欲しいスポーツでもあります。

\ この記事の感想を教えてください /