【ゴルフ初心者必見】ドライバーの打ち方の基本!綺麗なスイングで飛距離アップ

ドライバーでショットを決めるのは簡単なことではなく、ゴルフの初心者だけではなく上級者でも扱いが難しいとされています。初心者の悩みとしては、打ち方が分からないために「まっすぐ飛ばすことが出来ない」「飛距離が伸びない」などが多く挙げられます。どちらもフォームや動作などの、基本を身に付けていないことが主な原因となっていることが多く、悩みを解消するためには基本を見直しが必要です。ここでは初心者でもできるフォームやスイングなどの、ドライバーの打ち方について紹介していきます。

ゴルフにおいてドライバーを打つ前に必ず頭に入れておきたいこと

まず初めにドライバーを打つ前に必ず頭に入れておきたいことを紹介します。ゴルフ初心者の方にとってドライバーはゴルフの代名詞とも思えるクラブかもしれません。ですが、ラウンドでドライバーは、多くても各ホール1球ずつしか使用しません。またパー3などの短いコースでは使わないことも多々あります。またドライバーはゴルフクラブの中でもっとも長く、ライ角(構えた時の地面に対するクラブの角度)が小さいため、アイアンなどのクラブとは打ち方が異なります。そのためドライバーはクラブの中では特殊な部類に入るという認識を持ちましょう

先ほどドライバーは長くやライ角は小さいと言いました。これはよく使うアイアン(ショートアイアン)とは大幅に異なります。(アイアンの番号によっても、種類によっても少しずつ異なります)当たり前にように思いますが、意外にもドライバーとアイアンの違いを曖昧にしている方が多く、この違いを知って扱うのと、知らないで扱うのとでは意識が大きく変わります。アイアンは下からすくいあげるように打つのに対して、ドライバーは、長くライ角が小さいということから、正しいスイングに払うように打ちます。このイメージは必ず頭の中に入れておくようにしましょう。

ドライバーの基本

初心者の方はまずゴルフの基本を習得することが重要となるので、ショット前の基本となる位置について紹介していきます。まず、ボールの高さについてですが、ドライバーのヘッドからボールが約半分出ている状態が理想の高さです。打ちやすい高さには個人差があるので、ショット時の感触を確認しながら調整しましょう。次にドライバーを打つ際のボールの位置。これは左足かかとの直線上が基本となってます。足の位置が決まればあとはアドレス(構え)です。腰から軽くお辞儀をするようにくの字を作り、腕は軽く垂らすような形でドライバーを持ちましょう。

次に、ドライバーのスタンス(足幅)は「肩幅よりやや広いくらい」の広さが理想とされていますが、初心者はスタンスを広げる傾向があります。スタンスを広く取ると、下半身を踏ん張ることが出来るので飛距離は上がりますが、体の回転がかかりにくくなります。独自のスタイルが癖になると修正に時間が掛かるので、基本となるスタイルをしっかり確認しながら身に付けましょう。また、飛距離を伸ばすためにグリップを力強く握ると、筋肉が緊張して全身に力が入らないため飛距離が低下します。グリップはリラックスして軽く握ることで筋肉が柔らかくなり、体の回転がスムーズに行えるので飛距離が上昇しコントロールが安定します。

フルスイングに必要なバランスと体重移動

一般的にドライバーはフルスイングのイメージがありますが、初心者がフルスイングでボールの芯を捉えるのは非常に困難です。重要となるのが「腕の振り」と「体・腰の捻り」のバランスです。力任せのスイングでは体が捻れないため、ボールにうまく力が伝わらず、飛距離を伸ばすことが出来ません。この2つのバランスを保つためにはスイングの基本を身に付けなくてはなりませんので、自主的に練習を継続する必要があります。フルスイングでショットを決めるためには、まずショートスイングでボールをインパクトする(打つ)瞬間の感覚を身に付けることが重要です。体重移動もスイングと同様に大事な要素であり、左右均等に体のバランスを取ることで安定したショットが出来ます。ビジネスゾーン(腕の振りを時計盤の8時〜4時程度のスイング)のスイング、ハーフスイング(9時〜3時程度のスイング)と練習を重ねて少しずつスイングの幅を広げていきましょう。フルスイングをする際はグリップを軽く握り、体に回転をかけながら腕を振りますが、このときのスイングはムチをイメージしてしなやかに腕を振ることがポイントです。初めのうちはスイングの軌道やフェース(クラブヘッドの面)角度によってスライス(右方向へ曲がって飛んでいくボール軌道)などのボールを打つことも多いと思いますが、そんな時はこれまでの内容を振り返ってみてください。

初心者にオススメの練習方法

素振りはスイング作りの基礎を作るにはもってこいの練習です。これであれば打ちっぱなしの練習場などではなくても行うことが出来ます。ただ漠然と素振りをしてもなかなか上達はしないので、目標を考え、一回一回実際にボールを打つイメージを持ってください。スイングの基礎作りのポイントは、大振りをせずコンパクトなスイングを心掛けて、仮想のボールをミートするイメージで振りましょう。その際、鏡やスマホなどで動画撮影をしてみると、自分のスイングを客観的に見れるので修正ポイントが分かりやすくなりますよ。日頃から素振りすることで自分の身体に合った再現性の高いスイング作りが出来るはずです。

選ぶべきドライバー

これまではドライバーの打ち方や練習方法を紹介してきました。ではそのドライバーはどのように選べば良いのでしょうか。基本的に見るべきポイントはシャフトの硬さです。ドライバーはシャフト部分が他のクラブに比べて長く、しなりやすいと言う特徴があります。一概には言えませんが、スイングスピードが早い方はシャフトがしなりやすいので、できるだけシャフトの硬いものを選ぶと良いでしょう。主に男性や、野球・テニス・バドミントンなどのスポーツを行なっていた経験のある方はスイングの動きに慣れているため、スイングスピードが早い傾向にあります。逆に力の弱い方やスイングという動きの経験がない方はスイングスピードが遅い傾向にあるので、柔らかいシャフトのドライバーを選びましょう。

一般的なシャフトの硬さ(フレックス)の組み分け
L(レディース) 一般的な女性向け
R(レギュラー) 一般的な男性向け
S(スティッフ) 力のある男性向け

その他にもシャフトを選ぶ際のポイントはいくつもあるので、もし新しいクラブが欲しいと言う方は、ゴルフショップで試し打ちができるので、必ず試してみてください。店員さんに聞くと、自分にあったクラブを選んでもらえるので、ショップはおすすめです!

まとめ

ドライバーの打ち方にはスイングやフォームなど様々なポイントがあり、これらの基本を習得することによって、飛距離やコントロールの上昇に繋がります。基本を習得するには日々の積み重ねがとても大事なので、フォームの確認やスイングの練習など無理のない範囲で身に付けることを推奨します。身近に経験者がいる場合はアドバイスをしてもらうことも上達するための手段です。

基本のルール・マナー・スイングなど まとめはこちら↓↓↓

\ この記事の感想を教えてください /