ゴルフ初心者必見!知らないと損をする!?簡単なゴルフルール・知識を分かりやすく解説

ゴルフにはさまざまなルールがありますが、いざラウンドに出ると頭が真っ白になり周りのゴルファーが話しているルールが全くわからなくてついていけないということはありませんか?ルールは知っておくと大叩きを回避できたりスコアを上げることができたりいいことだらけです。この記事では初心者ゴルファーにぜひ知っておいてもらいたいラウンド中のルールについて詳しく解説します。参考にしてみてください。

プレイング4

ティショットがOBになってしまった時、次のショットはどうしたらいいか知っていますか?打ち直し方法が2つあります。ここで知っておいてもらいたいのは「プレイング4」と言う日本独自のローカルルールです。

・ティーイングエリアから再度+1打をして打ち直す場合

ティショットは1打目ですね。そのショットがOBになった場合1打罰をうけることになります。ということは、再度ティーショットを打つ場合は3打目になります。

・前進して特設ティ(プレイング4)より打つ場合

プレイング4というのはティショットでOBを出した時に特設エリアから再度打つというローカルルールです。仮にティショットが池越えや谷越えの場合、OBを出してしまって再度同じ場所から打ち直してもまた池や谷に落としてしまう可能性があります。そうなるとスコアはどんどん悪くなる上に前に進むことができません。そこで日本のゴルフ場ではスロープレーの懸念から打ち直しを省いて、特設エリアを設定し、その位置まで進み4打目から再開できるようにしています。

初心者ゴルファーはぜひプレイング4を活用しましょう。プレイング4の特設エリアはばらばらですが、たいていのホールはかなりグリーンに近づいた所に設置されています。慣例として「ティアップ出来る」ということになっています。ティショットがOBをしてプレイング4からショットを打ち直す場合は「4打目」になります。「前4」「プレフォー」などと略されたりもします。

バンカーは2打罰で外に出せる

フェアウェイにある大きなバンカー、グリーン周りのあご(縁がせり上がっている)の高いバンカーにつかまってしまって何回打っても出そうになく自信がない時は2打罰を払うとバンカーの外に出すことができます。バンカーから出す時のルールですが、

1.カップとバンカーに入ったボールを結んで線を引く

2.カップとバンカーに入ったボールを結んだ線をバンカーの外までさらにのばして引く

3.バンカーの外まで引いた線の先からクラブの長さ1つ分(ワンクラブレングス)のどこかに膝の高さからボールを落とす(ドロップ)

となります。バンカーから外に出す時にカップ(ピン)に近づかないように注意しましょう。バンカー越えのショットにはなりますが、バンカーから出ずに5、6回と大叩きしてしまうより2打罰を払ったほうがはるかに少ないスコアで上がる可能性があります。ぜひ覚えておきましょう。

1ホールの最大スコアを設定できる

2019年から改訂になったルールです。

例えばパー4のホールを12打までと決めます。打数を決めておくと12打が最大スコアということになりそれより多いスコアは数えなくてよくなります。初心者ゴルファーはあっという間に10以上のスコアになってしまうことがよくあります。同伴者がホールアウトしているのにグリーン周りで行ったり来たりパターで行ったり来たりと泣きそうになってしまうことがありますよね。そのような時も最大打数を決めておけばそこでギブアップできるということになり、同伴者を待たせる時間も少なくなります。スコアも少し減らすことができますね。このルールがあれば初心者ゴルファーだとしても、失敗しても最大打数スコアでカットだからと少し心の余裕ができるのではないでしょうか。2019年からの新ルールなので知らない人が多いです。ぜひ覚えておいて活用しましょう。

ペナルティアリアから打てる場合は無罰で打ってよい

池の周り、もともと池があって修理地のようになっていう所にはペナルティの杭(黄杭・赤杭)が立っていることがあります。ちなみにOBは白杭ですね。白杭は外に出てしまえばどんな時でもOBということになり打ち直さなければなりません。しかしペナルティ杭の場合、もし打てそうであれば無罰で打ってよいルールです。ペナルティ杭の中に入ってしまったけれど池には入っておらず芝生にボールが残っている場合はその場所から打てます。池に入ってしまっていても池がものすごく浅くて打てそうであれば打っても構いません。ただしペナルティ杭の中にボールが入ってしまった場合はとても打ちにくいことが多いので、ボールの状況を確認しながら打つか打たないかを決めるといいでしょう。また、打つ時にソールしてもOKになりました。

ルールを活用してラウンドしよう

初心者が知っておくと得するゴルフのルールについて解説しました。知らないと知っているのではスコアが全然違ってきます。それぞれのルールをうまく活用して大叩きを回避しながら楽しくラウンドを行いましょう。明日のラウンドは前回よりいいスコアになりますように!

\ この記事の感想を教えてください /