ゴルフ初心者必見【覚えておこう!】ゴルフプレー中にゴルフボールの交換って出来るの?その交換の条件とは?

ゴルフのラウンド中にボールに傷が入ったり、切れ目が入ったりした場合にボールを交換してもいいのか分からない時はありませんか?ボールの交換には決められた規則があり、その規則に従ってボールを交換しなければなりません。規則はアップデートされており、最近ですと2019年からボール交換の条件が改定されました。今回は旧規則から変更になった点と合わせて詳しく解説します。
【Amazon】ゴルフボール・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ゴルフボール・売れ筋ランキングはこちら
【Amazon】ゴルフシューズ・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ゴルフシューズ・売れ筋ランキングはこちら

ボールに切れ目、明らかな裂け目が入った場合のみ交換が可能

改定前の規則ではボールの表面が切れている、ひびが入る、または変形している場合など小さな傷であってもボールの交換が可能でした。しかし、改定後はボールの表面に擦り傷がある、ボールのペイントが剥げたといった多少の傷だけでは交換をすることができなくなりました。少し気になるな?と思うボールの傷でもプレーに集中しましょう。ちなみに今ではほとんどありませんが、ティーショット後にボールが裂けて割れたなど、他のプレーヤーから見ても明らかにプレーの続行が難しい切れ目が入っている場合は、ボールの交換が可能です。ただ、傷があるからとボールを勝手に交換した場合は2打罰を受けることになってしまいますので気をつけましょう。

救済時にはいつでもボール交換が可能

改正前までのルールは「罰を受ける時のみボール交換を行うことができる」というものでした。この場合の罰というのは以下のものです。
例)
・ウォーターハザード
・アンプレヤブル
・OB
ボールが池に入ってしまう、アンプレヤブルの救済措置をとる、ボールが林の中のOBゾーンに入ってしまったなどの場合は1打罰、または2打罰を受けることになります。その場合はボールの状態にかかわらず交換が可能でした。この規則は2019年の改正後も変わりありません。

追加された規則
2019年のルール改正により罰を受ける場合に加えて、罰を受けない救済措置の場合でもボールの交換が可能になりました。新しい規則では多少の傷ができただけではボールの交換が不可能という規則になっています。しかし救済措置をうける場合には、ボール交換の規則の中にある別の項目に当てはまるためボールの交換が可能になります。

無罰の救済とは?

それでは罰をうけない救済とはどのようなものなのでしょうか?

例)
・ボールがカート道路に止まってしまった場合
・ボールが限りなくカート道路に近い場所に止まり、その地面が土ではなくコンクリートと同様だと判断された場合
・ボールがフェアウェイ、グリーン周りなどの排水溝の上に止まってしまった場合

このような、各ホール上の自分ではどうすることもできない動かせない障害物にボールが止まってしまった場合が無罰の救済ということになります。この救済措置では「どうしてもボールを動かさないとプレーができない」という状況でボールを動かす点がポイントになります。ボールの傷の問題ではなく、ボールが止まった場所が問題の場合、ボールを拾い上げてリプレースするためボールの交換が可能になるのです。ただし、ボールに傷があるか確認後問題ない場合にリプレースする(拾い上げたボールがあった元の位置に戻す)、グリーンに上がった後にマークしてボールを拾い上げ再度元に戻すといった行為は救済措置ではありません。救済措置ではない場合に勝手にボールを交換すると2打罰を受けることになります。

アンプレヤブルとは?

ちなみにアンプレヤブルとは

例)
・木の根っこの上に止まってしまいボールを打つのが難しい
・林の中に入り込んでしまいボールを出すのが難しい
・ブッシュの中に入ってしまいボールが打てそうにない

といった場合、決められた処置方法を行った後、1打罰を受けてボールを動かすことができるルールです。

救済方法は、

  1. 1打罰を払ってプレーした元の位置に戻る
  2. 2クラブレングス内にドロップ
  3. ボールとグリーンを結んだ後方線上にドロップ

の3つの措置から選べます。
②2クラブレングスを測定するときに使うクラブは、パターを除く最も長いクラブで測ってください。そしてヒザの高さからボールをドロップしてください。③選択をした場合、ドロップはヒザの高さからボールを落とします。活用すると大叩きを回避することができるお助け処置です。ぜひ覚えておいてください。

正しくボール交換を行い楽しくプレーをしよう!

初心者からするとボールの交換は一見ややこしそうに感じますが、覚えてしまうと決して難しくはありません。

◆他のプレーヤーからみて明らかに切れ目、裂け目があってプレーに支障をきたす場合はボールの交換が可能
◆罰を受ける場合に加えて、罰を受けない救済措置の場合でもボールの交換が可能
◆ホール間では傷に関係なく交換できる

以上を覚えておけばボールの交換を間違えずにすみます。ルールを間違えて余計な罰を受けてしまってはもったいないです。ルールを覚えておくとラウンド中のスコアアップにもつながります。ボールの交換ルールを正しく覚えてエンジョイラウンドを行いましょう!

\ この記事の感想を教えてください /