ゴルフ初心者必見【初心者ゴルファーあるある?!】ラウンド中の笑える失敗談5選

ゴルファーの皆さん、ゴルフの調子はいかがですか?今回はラウンド中の失敗についての記事です。初心者ゴルファーにとってラウンド中の失敗は日常茶飯事の出来事であります。自分では必死にゴルフをしているつもりなのにラウンドに出ると本当に思い通りに行かず気づけば失敗が積み重なってしまう、よくあることです。この記事では初心者ゴルファーがやってしまった!恥ずかしい!けど笑っちゃう!という失敗の中でもついつい笑ってしまう失敗談をご紹介します。

空振り

からぶりはアマチュアゴルファーの人なら1度は経験したことがある失敗ではないでしょうか?!一番よくある失敗といってもいいでしょう。気合いを入れて思いっきり振ったものの体だけ回転しまくりボールは微動だにせず。「大丈夫、大丈夫、素振り素振り!」と同伴者から励ましてもらうもののやってしまった本人は恥ずかしくてしょうがないですよね。そし空振り後は動揺からダフったりチョロしたり…というのもあるあるではないでしょうか。後から思い返せば空振りしてしまった!と笑えますがラウンド中は必死で恥ずかしくてそれどころではありませんね。けれど考えようによっては変な所にボールが飛んでいくよりはかなりましな失敗かもしれません。早めに気持ちを切り替えて次はリラックスしていいショットを打ちたいものですね。

ボールが木にカーン!

フェアウェイのど真ん中に限らず、ラウンドに出ると各ホールになかなかの邪魔になる木がそびえ立っていることがあります。ナイスショットしたと思ったら思いっきり木にカーン!と当たりこちらへ戻ってきてしまい、ショットが台無しという失敗の経験はありませんか?!それなりの大きさの木であれば仕方がないかなと思えるものの、この木に当てるほうが難しいでしょう?!という木にもボールが当たってしまうことはラウンドあるあるです。そんな木に当てた日には悔しさを通り越して笑えてきます。いいところに木が生えているなと感心さえしてしまいますね。ショットが悪かったわけではないならば、それはもう運が悪かったと思いましょう。そしてすぐに忘れて次のショットに集中しましょう。

ロングパットでダフる

ボールがグリーンにのったはいいが、なかなかのロングパットが残った時です。よし!なんとかカップに近づけようと気合いが入りすぎてまさかのパターでダブってしまう失敗、経験したことはありませんか?!ロングパットなのに全然ボールが進まずにまた長いロングパットが残るはめに…。めちゃくちゃ恥ずかしいけれどもう笑えますね。パットでダフることがあるのか?!と自分で突っ込みたくなる失敗です。しかしパットのダフりは意外と経験者のゴルファーでもたまにやってしまう失敗なんです。気を取り直して残りは何とか3パット圏内で収まることを願うばかりですね。

ドチョロ

セカンド、サードショットで何とかグリーンにのせよう、近づけようと思って体に力が入りすぎてしまい、1ヤード程度しか進まなかったとんでもないチョロの経験はありませんか!?フェアウェイの地面を思いっきり掘り返しているのにボールは全然進んでおらず…。恥ずかしいやら笑えるやら、穴があったら入りたい失敗ですね。チョロはなぜか引きずってしまい、次のショットもチョロしてしまうというのもラウンドあるあるです。たいていが動揺というメンタルの問題からまた失敗してしまいます。失敗するにしてもできれば1回で終わらせたいですね。深呼吸してなんとか次のショットはうまくいって欲しいものです。

土手でずっこける

ラウンド中のつま先上がり、つま先下がりの土手というのは度々登場します。ティーイングエリアでさえ土手のようになっていることもあります。女性のティーイングエリアは男性に比べてフェアウェイの両端にきられていることが多く、女性のティーイングエリアが小高い丘のようになっていることがあります。ティショットをうまく打ててルンルン気分でティーイングエリアからカートへ戻る時、まさかの傾斜に負けて思いっきりずっこけた!という経験はありませんか?!大人になって尻もちをつくほどこけることってなかなかないですよね。同伴者が心配してくれればくれるほど恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまいそうです。こけたことで冬場はタイツにとんでもない草がくっついてしまうというのもついつい笑えてしまいます。意外と傾斜は危ないです。こけないのが一番ですがこけたとしても笑える程度のずっこけで済むように怪我には十分に注意しましょう。

失敗を乗り越えた先にはいいスコアが待っている

初心者に限らずゴルファーならば失敗は当然誰にでもあります。プロでも時々失敗します。アマチュアゴルファーならなおさらです。失敗することは決して悪いことではありません。経験をつむと自然と失敗も減っていきます。何よりもアマチュアゴルファーが忘れてはいけないのは「ゴルフを楽しむこと」です。1度や2度の失敗は笑い飛ばしてラウンドを楽しみましょう。笑顔でプレーをすることで結果的には前回よりいいスコアで回れたということもあります。皆さんはどんな失敗の経験がありますか?失敗を糧に次のラウンドがぜひ楽しいものになりますように!

 

 

 

\ この記事の感想を教えてください /