ゴルフ初心者必見!自宅で出来る簡単スコアアップトレーニング3選

ゴルフ初心者は100切りを目指し様々なトレーニングをしていると思います。スクールに通ったり打ちっぱなしに行ったりももちろん効果がありますが、大事なのは毎日の自宅トレーニング。

・素振りで正しいスイングを身に付ける
・パターで真っすぐなストロークを習得
・体幹を鍛えバランスの良い身体づくり

この3点を毎日繰り返すことで、飛距離アップや正確なショットが身につきます。ゴルフ初心者でスコアアップを狙っている方は是非ご覧ください。

自宅トレーニング1.素振り

ゴルフは「再現性のスポーツ」と言われており、正しいスイングを身に付けることが本当に重要です。いつでも正しいスイングで打つことができれば、当然ミスショットも無くなります。しかし本番のコースでは、疲れや緊張などからいつも通りにいかないのが現状です。

この状況を少しでもなくすためには、「反復練習で正しいスイングを体に覚え込ませる」ということに限ります。

電車のホームや待ち合わせの定番スポットで素振りをしているおじさまを見かけたことはありませんか?正にあの状態です!いつでもどこでも素振りをしてしまう、そんな身体になってしまうまで、とにかく素振り練習をしましょう。

タオル素振り

簡単に実行できるのが、タオルを使っての素振り練習です。クラブを振るスペース確保が難しい場合でも取りかかれ、室内でもできるので続けやすい練習方法なので今すぐに始めることができます。

1.長めのタオル(1メートル位)の片方を結んで重りの状態にする
2.バックスイングし、トップで重りが背中に当たったら切り返す
3.重りの位置を感じながら、背中に重りが当たるまで振りきる

1~3を繰り返すだけです。ポイントは「しなり」を感じながら振ること。この練習を続けることで、実際にクラブを振った時もシャフトをしならせなめらかなスイングができるようになります。

イス打ち

こちらも室内で出来る手軽に続けやすい練習方法です。下半身を固定することで上半身の正しい使い方をマスターすることができ、「伸びあがってトップする」「前に突っ込みすぎる」このようなスイング改善に効果的です。

方法は、イスに座った状態で、ウェッジなどの短いクラブで素振るというシンプルな方法。ハーフスイングからはじめ徐々に振り幅を広げていきましょう。

自宅トレーニング2.パター

ドライバーの1打もパターの1打も同じ1打です。初心者の頃はどうしても「飛ばしたい」思いが優先し、飛距離アップの練習に力を注いでしまいます。遠くに飛ばすことももちろんスコアアップにつながりますが、パターを確実にマスターすることはドライバーの1打よりも重要と言われています。パター練習は打ちっぱなしやスクールでも後回しにしがちなので、自宅練習で「距離感」と「真っすぐな打ち出し」をマスターし、2パットでカップインを目指しましょう。

クラブ2本の間をスイング

まずは真っすぐに打ち出す練習です。パターはただ振るだけなので簡単と思いがちですが、実際は思った以上に真っすぐに振れていません。だから打球は自分が思っているのとは違った軌道を描いてしまうのです。

アイアンを2本横に並べ、その間を左右に振る、これだけの練習ですが「真っすぐ引いて真っすぐ打ち出す」正しいストロークが身につきます。これを、両手、右手だけ、左手だけ、どのパターンでも真っすぐに打てるように練習しましょう。

マットを使って距離感をつかむ

「パターマットは買ったほうが良いのか?」という質問をよく見かけますが、答えはYESです。無くても練習する方法はありますが、購入できるのであればマットを使った方が効果的に練習できます。

まずは短い距離から練習します。1メートル程度で連続10回カップインを目指して距離感をつかんでいきます。目をつぶって、視覚ではなく感覚で距離感をつかむ方法も効果的です。1日10分程度の練習でも、毎日続けることでだんだんと距離感をつかめるようになってきます。

自宅トレーニング3.体幹を鍛える筋トレ

正しいスイングや正確なパットも、全ては体幹が基盤となっています。体幹を鍛えることによって体をバランスよく使うことができるだけでなく、基礎代謝が向上し太りにくくなったり姿勢が良くなったりと様々な効果があります。ゴルフにおいて体幹を鍛えることは、スイングの安定や力を効率的にボールに伝えることができるなど、飛距離アップや正確なショットにつながるのです。

プランク

体幹トレーニングの代表的な基本メニューです。腕立て伏せのようなポーズで、手のひらは床につけずに肘を曲げた姿勢をキープさせます。この状態を20秒キープ×3セットから始めてみましょう。一見簡単そうなトレーニングですが、始めのうちは20秒持ちこたえられないかもしれません。

ポイントは、お腹を突き出して背中がそり過ぎたり、逆に背中が曲がってしまったりしないようにすることです。(腰を痛めてしまいます。)腹筋に力を入れて、頭からかかとまでを真っすぐにする状態をキープしましょう。

スクワット

こちらは下半身の強化です。安定したスイングには下半身を安定させることが重要なので、スクワットで体幹と下半身を鍛えましょう。シンプルなスクワットでも構いませんが、片足を上げたシングルスクワットや、つま先を上げた状態のスクワットも太ももやふくらはぎ、ヒップアップにもつながるトレーニングとして効果的です。

1分間で10回×3セットを目標に、背中を丸めたり膝がつま先より前に出たりしないように行いましょう。

初心者スコアアップには継続した自宅トレーニングを!

自宅でできる簡単トレーニングをご紹介いたしました。どれも今すぐにできて、継続することで効果が表れてくる練習方法です。どんなに効果的なトレーニングも、効果が表れるまで継続しなければ残念な結果に終わってしまいます。

YouTubeなどの動画を見たり、音楽をかけたり、仲間と一緒に始めるなど、続けやすい環境を作りスコアアップを目指して楽しくトレーニングに励みましょう!

\ この記事の感想を教えてください /