ゴルフ初心者必見!日焼けだけじゃない!ゴルフには乾燥対策が必要な理由と対策法

ゴルフをプレーする時の美容対策といえば、ぱっと思いつくのは日焼け対策でしょう。日差しの強い夏だけでなく、冬でも日焼け対策は必要なためケアをしている方も多いです。しかし、日焼け対策にばかり注目してしまい意外と見落としがちなのが乾燥対策です。湿度が低下する秋から冬にかけてのゴルフでは、乾燥対策が必ず必要です。そこで、今回はゴルフに乾燥対策が必要な理由と対策法を解説していきます。

乾燥対策が必要な理由

普段、日焼けや乾燥など美容に関する対策を行なわずゴルフをプレーする方もいることでしょう。女性は美容に関心がある方が多く、対策を施す方も多いですが、男性の場合には対策をしていない方もいます。そのような方でも何も対策をせずに、ゴルフをプレーした後に唇のカサつきが気になった経験がある方は多いのではないでしょうか?唇は、乾燥に敏感であるため、一日何も対策をせずプレーしただけでもカサついたり、切れてしまったりすることがあります。一時的なものなので、気にしないという豪快な方でも、乾燥対策を行なった方がよいでしょう。

なぜなら、唇が乾燥しているということは顔や手などの皮膚も乾燥している可能性が高いからです。皮膚はバリア機能の役割があり、外からの物理的、科学的、アレルギー的刺激から肌を守っています。乾燥を放置しているとバリア機能が低下してしまうため、外的な刺激をうけやすくなってしまうのです。これによって、粉ふきやかゆみなどさまざまなトラブルの要因となってしまいます。そのため、ゴルフでも乾燥対策は必要であり、特に湿度が低下する冬のゴルフでは注意したいところです。

乾燥対策に必要なアイテム

ゴルフでの乾燥対策に必要なアイテムは、保湿クリームミスト化粧水です。普段から使用している保湿クリームがあれば、それをゴルフ場に持っていき、保湿ケアをしましょう。保湿クリームは持っていてもミスト化粧水は持っていないという方も多いのではないでしょうか?ゴルフ場での乾燥対策では、ミスト化粧水が大変便利な保湿アイテムとなります。ゴルフに行く前までにミスト化粧水を用意しましょう。

ラウンド当日の保湿ケアの頻度

ラウンド当日は、保湿クリームとミスト化粧水の2つの保湿アイテムを使用して乾燥対策を行なっていきます。まず、ラウンドに行く前に保湿クリームをしっかりと塗っておきましょう。もともと皮脂の分泌が少ない膝やすね、頬、唇などを重点的に保湿していきます。そして、ラウンド中に使いたいのがミスト化粧水です。

ゴルフでは、スロープレーはマナー違反となります。乾燥対策のためには、ラウンド中も小まめに保湿をしなければなりませんが、保湿クリームを手に取り、入念に塗っていてプレーの進行が遅れてしまうのは避けたいところです。そんな時にミスト化粧水であれば、グローブをしたままでもボタンをプッシュするだけで保湿することができます。

ラウンド中は、ミスト化粧水を使用してスピーディーに保湿をしましょう。ラウンド終了後は、お風呂に入る方も多いかと思いますが、お風呂の入り方にも注意が必要です。一日のラウンドで肌はさまざまな刺激を受けています。そんな肌を労るようにお風呂に入る必要があります。湯船に浸かる時には、ぬるめのお湯がオススメです。しかし、勝手に湯船の温度を変えることはできないので、湯船の温度を確認して熱すぎるようであれば、長時間の入浴は避けましょう。

また、体を洗う時にはタオルでゴシゴシと擦るのはNGです。冬のゴルフでは乾燥だけでなく、紫外線によっても肌はダメージを受けています。ラウンドが終わったころには、ダメージが蓄積されている状態なので、そんな状態で肌に不要な刺激を与えるのは避けたいところです。タオルでの摩擦は肌への刺激となってしまうので、手洗いで一日の汚れを落としていきましょう。お風呂からあがった後は、再び保湿クリームを塗っていきます。ラウンド前と同じように乾燥しやすい部分を重点的に保湿していきましょう。ラウンド後の保湿が終わるまでが、ゴルフだと考えていくことで肌をゴルフでの乾燥から守ることができるのです。

保湿アイテムを選ぶ基準

これからは乾燥対策をしていこうと思った方は、まず保湿剤を購入しましょう。いざ、ドラッグストアやネットショップで保湿剤を探してみると種類の多さにどの保湿剤を選んだらよいのか迷ってしまうかもしれません。そんな時には、保湿剤の成分に注目しましょう。注目する成分はセラミドNMFの2つです。

皮膚の潤いには、皮膚の一番外側の層である角質周辺の皮脂、NMFセラミドの3つの要素で保たれています。皮脂は、角質の水分の蒸発を防いでいる油の膜のようなものです。NMFは、アミノ酸を代表とする水になじみやすい成分で天然保湿因子と呼ばれており、角質細胞内で水分を保っています。セラミドは、細胞間脂質の半分以上を占めており、細胞と細胞の間で水をしっかりとつかまえる役割と細胞同士をつないで外的刺激の進入を防ぐ役割を果たしています。

これから乾燥対策を行なう方は、NMFセラミドのどちらか、もしくは両方が含まれている化粧水を選ぶとよいでしょう。NMFセラミドが配合されている化粧水は、たくさんあるので、その中で迷ってしまった場合には価格を確認してください。保湿は、長期的に行なっていくものなので、なるべく価格の安いものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

皮膚のバリア機能は年齢とともに低下していきます。何も対策をしていないと乾燥はひどくなる一方です。特にゴルフをする方は、外で乾燥の影響を受けやすいので対策が必要です。これまで乾燥対策をしてこなかった方は、次のラウンドから乾燥対策を行ないましょう。

\ この記事の感想を教えてください /