段ボールと宅配伝票

初めてキャディバックをゴルフ場に送る、ゴルフ宅急便の料金が気になる。そんな方のために今回はゴルフの宅急便(キャディバックの配送)について解説します。

ゴルフに行くのは荷物が多くて大変ですよね。車に積んでいくなら、さほど不便ではありませんが、電車など公共交通機関で行く場合にはキャディバックとボストンバックを抱えていくのは、かなりの労力です。そんな時に役に立つのがゴルフ宅急便です。

大きなキャディバッグは預けて、ゆっくりと電車などでゴルフに行くことができます。ゴルフ旅行の時には、ゴルフ場ではなく宿泊先のホテルに配送することも可能なので便利ですね。今回はゴルフ宅急便の利用方法や注意事項について解説します。

ゴルフ宅配便を比べてみました

ゴルフ宅急便の業者について

現在、日本国内でゴルフバッグを配送してくれるゴルフ宅急便の業者は下記の3つです。

ゴルフの宅配業者

・ヤマト運輸株式会社「ゴルフ宅急便」
・日本郵便株式会社「ゴルフゆうパック」
・佐川急便株式会社「飛脚ゴルフ便」

それぞれの業者の集配所や、コンビニエンスストア、または集荷より発送することができます。ヤマト運輸の「ゴルフ宅急便」はセブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスなどで取扱いがあます。日本郵便の「ゴルフゆうパック」はローソンやミニストップから配送できます。佐川急便の「飛脚ゴルフ便」はコンビニでの取り扱いはありません。

ゴルフ宅急便の料金について

「荷物の大きさ」と「届先ゴルフ場までの距離」によって料金は変わります。各業者によって微妙に料金が違いますが、キャディバック1個あたりの料金は以下のようになります。

東京から関西方面で片道2,000円前後、東京から北海道で片道2,400円前後が目安です。また、往復割引もあり、往復利用の場合は100円程度の割引を受けられるのでお得です。

詳しくはこちらで解説しているので、ぜひご覧ください。

ゴルフ宅急便の発送について

ゴルフ宅急便の発送方法

ゴルフの配送方法には2つのパターンがあります。

ゴルフの配送方法

・電話やWEB申し込みで自宅まで集荷に来てもらい配送
・コンビニや宅配業者の直営店に持ち込み

発送する時は一番楽な方法ですと、電話やWEBでの申し込みをして自宅まで集荷に来てもらう方法があります。近くにコンビニがない場合や持ち込みが大変な場合は集荷を頼みましょう。

直営店や取り扱いのコンビニに持ち込めば100円ほどの割引になるので、こちらの方がお得。少しでも安く済ませたいなら、こちらを利用しましょう。

発送するときはプレーの前日には到着するように到着日を必ず確認してください。遅くともプレー日の3日前までには取扱店に持ち込むか、集荷を頼んだ方が良いと思います。コンビニでは遅い時間だと集配が翌日になる場合がありますので、到着予定日をよく確認しましょう。

また、伝票にはゴルフ場の名前や住所は正確に記入してください。似たような名前のゴルフ場は多いので、間違えると他のゴルフ場に配送され、当日キャディバックがなくプレーできないといったこともあり得ます。注意して伝票を記入しましょう。

発送時の注意

トラベルカバーが必要

大切なクラブを守るためにも、配送する時にはキャディバッグを保護するトラベルカバーが必要です。ドラベルカバーは5,000円程度のものから、海外など長距離の輸送にも耐えられる頑丈な数万円する高級品までさまざまなものがあります。

利用頻度の高い方は、自分の目的に合ったものを用意した方がいいでしょう。それほどゴルフ宅急便を使用する予定のない方は、直営店などで500円~600円程度の簡易のカバーが購入できますので活用しましょう。簡易ですが破れるまで数回は使用できます。

アイアンカバーとネームプレートも

アイアンカバーもなくてはなりません。配送中にクラブ同士がぶつかり、損傷してしまう危険性があるためです。

なければタオルやエアパッキンなどでアイアンヘッドを巻いておくことのがおすすめ。配送時に宅配業者によってはアイアンに簡易的なカバーをつけてくれることもあります。

ゴルフクラブが破損しても基本的には保証されますので、もしもクラブが折れていたりしたら、すぐに配送業者に連絡しましょう。

到着してから行方不明にならないようにバッグには必ず名札(ネームプレート)付けるのを忘れないで下さい。また配送伝票の控えは何かあった時のために必ず保管しておきましょう。

ゴルフ場に着いたら

当日、ゴルフ場に着いたら、まずはバッグが到着しているかを確認しましょう。確認できたらシューズなど必要なものを取り出して、ラウンドの準備をしてください。

あとは、ゴルフ場の係りの人がカートまで運んでおいてくれます。また、クラブの破損などないかも確認するようにしましょう。万一、配送が原因で破損していた場合はすぐにゴルフ場の係りの人に確認してもらいましょう。確認をしてもらうことで、配送時に破損したことの証明になります。

ゴルフ場から配送する時

もちろん、プレーが終わったらゴルフ場からも配送できます。プレーが終わったら、発送時と同じようにしっかり梱包してトラベルカバーを被せます。ゴルフ宅急便で送ることを伝え、片道で送っている場合は、再度ゴルフ場で伝票を記入します。

ゴルフ場から他のゴルフ場に配送することもできますので近々に他のゴルフ場でのラウンドが決まっている場合は便利です。往復便で申し込んだ場合は、その旨をゴルフ場の係りの人に伝えて、控えの伝票をもらってください。

受け取りの日時が限られている方は、ゴルフ場によって集配の時間が違うのでバッグが戻ってくる予定日時を確認しておくとよいですね。

まとめ

お金は多少かかりますが、ゴルフ宅急便はとても便利です。中には、ゴルフ場からゴルフ場へキャディバッグを送り、小荷物だけでゴルフ場を渡り歩いてラウンドをするのでキャディバックが自宅に帰ってくることが滅多にないという人も。便利なゴルフ宅急便を活用して、優雅にゴルフライフを楽しむのもいいですね。

\ この記事の感想を教えてください /