【ゴルフ初心者必見!】コレだけは知っておきたいペナルティルール

ゴルフは、紳士淑女のスポーツ。マナーは厳しく、ルールについても自分自身がレフェリーとして、違反をしたら自らで適切にペナルティを科さなければいけません。「ルールがいっぱいあって、よくわからない」「競技ゴルフではないから、その辺は適当に……」「そういえば、ルールが改正されたみたいだけど、どうなったの?」

確かに、ゴルフのルールには様々な規定があり、すべてを把握するのはとても大変ですが、エンジョイ派のゴルファーでも、お互いに気持ちよくプレーするためにも、最低限のルールは知っておきたいところです。また、2019年のルール改正で、初心者にとってはうれしい内容の変更点もあります。

そこで、初心者ゴルファーが特に知っておいたほうがいいペナルティルールについて、解説していきます。

ゴルフにおけるペナルティとは?

ゴルフでは、ボールが物理的に打てない状況やボールを紛失するなどの理由で救済を受ける場合、またルールに反する行為をした場合に、その行為に対して罰則が決められています。これを「ペナルティ」といい、違反行為の内容によって1打罰と2打罰があって、その打数をスコアに加算することになっています。

あれ?次は何打目?

初心者ゴルファーにありがちなのが、「次は何打目?」と打数がわからなくなることです。ティーショットでOBだった場合、次打はOBゾーンの近くから2打罰で打つことになりますが、これはいったい何打目になるのでしょう??

ペナルティは、「次は何打目?」と考えると混乱しやすくなります。打った打数とペナルティは別々に考えて、ホールアウトした後に実際の打数にペナルティを足す、という計算の仕方のほうが簡単です。

『実際に打った打数+ペナルティ(打罰)=スコア』で考えるようにしましょう。よくあるペナルティの場合の例をあげてみます。

◆1打目のティーショットがOBの場合

ティーショット(1打)+OB付近からのショット(1打)+2パット(2打)
=4打+OBのペナルティ(2打罰)
=6打

◆2打目が池ポチャの場合

ティーショット(1打)+セカンドショット(1打)+池付近からのショット(1打)+1パット(1打)
=4打+池ポチャのペナルティ(1打罰)
=5打

◆1打目OB、2打目池ポチャの場合

ティーショット(1打)+OB付近からのショット(1打)+池付近からのショット(1打)+2パット(2打)
=5打+OBのペナルティ(2打罰)+池ポチャのペナルティ(1打罰)
=8打

このように計算してみるとわかりやすいと思います。

初心者にはうれしい!2019のルール改正

2019年1月1日よりゴルフのルールが大幅に変更されました。プレー時間の短縮とゴルフの普及を目的としているため、従来のルールより緩和されたものがいろいろとあり、ゴルフ初心者にとってはうれしい改正となったルールもあります。

変更されたルールは多く、すべてを覚えるのは非常にむずかしいので、変更された中から初心者は絶対知っておいたほうがいいペナルティルールをお伝えします。

◆OBは2打罰でフェアウェイから打てる

ティーショットがOBとなってしまい、「プレーイング4(前進4打)」などのローカルルールがない場合、ルール改正前は1打罰でティーショットをやり直さなければいけませんでした。しかし、改正後は、OBに入った地点の近くから2打罰で打てるようになりました。しかも、OBの境界線を横切った地点から最も近く、ピンに近づかないフェアウェイにボールを出すことができます。ただし、ボールをドロップできるのは、ピンに近づかない最も近いフェアウェイとラフの境目から2クラブレングス以内ですので注意してください。

◆バンカーからは2打罰で外に出せる

旧ルールにおけるバンカー内でのアンプレヤブル(ショット困難な状態)の救済の選択肢としては、【1打罰で、最後にプレーした位置に戻り、1クラブレングス以内にドロップ】【1打罰で、ピンとボールを結ぶ後方延長線上の“バンカー内”で、1クラブレングス以内にドロップ】【1打罰で、1ボールのある地点から2クラブレングス以内の“バンカー内”のピンに近づかない位置にドロップ】この3パターンでした。

新ルールでは、「2打罰で、ピンとボールを結ぶ後方延長線上であればバンカー外でも1クラブレングス以内にドロップできる」という救済が追加されました。

初心者だけではなく、バンカーが苦手な人や、ボールがバンカーから出すには難しい場所にある場合は、2打罰にはなりますが、アンプレヤブルを宣言して救済をしたほうが、精神的にもスコアにもよいかもしれません。

◆チョロしても無打罰でティーショットをやり直し

朝一ティーショットで緊張して、チョロした経験を一度はしたことがあると思います。ルール改正前は、ボールが止まった場所から打たなければいけませんでした。しかし、ルール改正によって、チョロしてもボールがティーイングエリアにあれば、無打罰でティーショットをやり直せるようになりました。

チョロしても、2打目としてティーショットを打ち直せるのは、初心者ゴルファーにはありがたいですよね。ちなみに、空振りは1打としてカウントされますので、間違えないように注意してください。

まとめ

たくさんあるルールの中から、初心者ゴルファーにありがちで、悩みやすいポイントについて解説しました。難しく感じるかもしれませんが、最低限のルールだけは覚えて、あとはプレーしながら慣れていくようにしましょう。また、この機会にゴルフのルールブックを手に取ってみることもおすすめします。

\ この記事の感想を教えてください /