【ゴルフ場のコースにトイレはある?】ゴルフ中のトイレ対処法と利用マナー

初めてコースデビューする際は様々な不安があると思いますが、中でもトイレ事情を気にされている方も多いのではないでしょうか。ゴルフは長時間をかけてラウンドを回ることになるため、途中でトイレに行きたくなったらどうしようと考えることもあるでしょう。

ゴルフ初心者の方が安心してゴルフを楽しめるようにコースにおけるトイレの有無やプレー中にトイレに行きたくなった時の対処法など、ゴルフ時のトイレ事情について詳しく紹介します。

コースにもトイレは設置されている

そもそもゴルフ場のコースにトイレが設置されているのか気になっている方も多いと思いますが、コースにもトイレは設置されているので安心してください。

また、茶店もあり茶店でトイレに行くこともできます。ただし、トイレが設置されていると言っても至るところに設置されているわけではなく、3~5ホールおき程度の間隔で設置されているのが一般的です。どこにでもトイレがあると考えていると、困ることもあるので注意してください。

トイレに行くタイミングを逃すことがないように、事前にどこにトイレが設置されているのか確認してからラウンドを回るようにしましょう。トイレや茶店の場所はスコアカードに記されていることが多いので、しっかりチェックしておきましょう。

ゴルフ場でトイレを利用する際のマナー

ラウンド中にトイレに行きたくなった場合は、トイレに行っても問題ありません。ただし、しっかりマナーを守ってトイレに行かないと、一緒にラウンドを回っている人に失礼になるので注意してください。また、ゴルフ場特有のトイレマナーもあるので、しっかりマナーを押さえておきましょう。

トイレに行く際は必ず同伴者に声をかけよう

ゴルフをプレーする際は、同伴者への気遣いを忘れてはいけません。プレー中にトイレに行く場合は、相手に心配をかけないよう必ず同伴者に声をかけるようにしてください。何も告げずに突然いなくなってしまうと、何かあったのではないかと同伴者も困惑してしまいます。また、トイレに行ってる間に同伴者が気兼ねなくプレーできるよう、自分の打順が回ってきた際は先に打ってもらうよう伝えておきましょう。

トイレを利用する際のマナー

トイレを利用する際のマナーについても、押さえておきましょう。ゴルフ場のトイレは公共のトイレと違い、手を拭くためのタオルがたくさん置かれています。

このタオルは自由に使って構いませんが、ゴルフ場の備品のため勝手に持ち出してはいけません。タオルで手を拭いたあとは、回収ボックスに使用したタオルを入れておきましょう。

また、次にトイレを利用する人が気持ちよく利用できるよう、洗面台に飛び散った水はタオルで拭くのがマナーです。普段公共のトイレを利用する際は洗面台を拭くことはありませんが、ゴルフ場でトイレを利用する際は手入れも忘れずに行うようにしましょう。

トイレを気にせずゴルフを楽しむためのポイント

トイレの心配をせず、楽しくゴルフを楽しむには事前の準備がとても大切です。どのような準備をしてラウンドに臨めばよいのか、詳しくみていきましょう。

ラウンド前にはトイレを済ませておこう

安心してゴルフをプレーするためには、ラウンド前に必ずトイレに行くようにしておきましょう。プレー中でもトイレに行くことはできますが、コースに設置されているトイレの数はそれほど多くないためトイレに行きたくなったタイミングでトイレにいけるとは限りません。トイレを我慢してプレーに集中できなくならないように、しっかり準備を整えたうえでラウンドに出ましょう。また、午前のプレーを終え安心して昼食時に飲み過ぎてしまうと、トイレが近くなってしまうこともあるので飲み過ぎには注意しましょう。

不安な方は薬を用意しておこう

元々腹痛を引き起こしやすい方や当日お腹の調子が優れない方など、不安がある方は薬を用意しておきましょう。ゴルフはプレー時間が読みにくい面があり通常ハーフを回るのに2時間程度の時間を要しますが、一緒にラウンドを回る人数やプレーヤーのレベル、ゴルフ場の混み具合などによってはさらに時間がかかることがあります。薬を常備しておけば、プレー時間が伸びたり不測の事態が起きても対応することができ安心です。

トイレが近くなる原因と対策

トイレを気にせずゴルフを楽しむためには、トイレが近くなる原因を知ることも大切です。気づかないうちに、自分自身でトイレが近くなる原因を作ってしまっているかもしれません。トイレが近くなる原因と対策を紹介するのでぜひ参考にしてください。

カフェインやアルコールの摂りすぎに注意

トイレが近くならないためには水分の摂りすぎには注意が必要と紹介しましたが、中でもカフェインやアルコールには利尿作用があるため注意が必要です。カフェインやアルコールが含まれるコーヒーや緑茶、ビールなどは、特に飲む量に気をつけましょう。

身体を冷やさないように注意

身体が冷えると膀胱が刺激され、トイレが近くなるので冷えにも注意が必要です。身体の冷えはは寒い時期だけ気をつければいいように思えますが、実は暑い時期でも注意が必要です。冷たい飲み物を飲んだり冷房の効いた場所にいることで身体が冷えてしまうことがあるため、暑い時期も身体を冷やすことがないように気をつけましょう。

リラックスを心がける

緊張やストレスがかかった状態になると、トイレが近くなることがあります。初めてのゴルフや上司など目上の方とゴルフを行う際は緊張することもあるかもしれませんが、深呼吸をするなど緊張状態を解いてリラックスするように心がけましょう。

準備を整えてラウンドに出よう

ゴルフは一度ラウンドに出るとなかなか休憩が取れないため、トイレの心配がないようトイレを済ませてからラウンドに臨むようにしましょう。また、プレー中にトイレに行きたくなった時に備えて、トイレがどこにあるのか事前にチェックしておくことも大切です。トイレを我慢してゴルフに集中できないということがないように、しっかり準備を整えてゴルフを楽しみましょう。

\ この記事の感想を教えてください /