ゴルフ初心者必見!雨の日のゴルフは憂鬱…。ゴルフ初心者が雨でも憂鬱じゃ無くなるゴルフと天気の話。

自然の美しい風景の中でナイスショット!自然の中でプレーするから、ゴルフはより楽しいものになりますよね。でも自然が相手ですから、いつも気持ちの良い天気の中でプレーできるとは限りません雨や風などの天気の中でプレーしなければならないこともあります。今回はゴルフと天気にについて考えてみたいと思います。

ゴルフと天気

晴れた日のほど良い気温の中でするゴルフは最高ですよね。青空の広がる中で美しいコースの風景を楽しみながらラウンドするのはゴルフの醍醐味です。しかし、ゴルフは自然を相手にするスポーツです。天気も晴れの日ばかりではなく、雨の日、風の強い日など、様々な天気の日があります。屋内でのスポーツと違い、雨の日には雨に打たれてしまいます。また季節によって気温も違うため、服装も変えなければなりません。ゴルフのラウンドは事前の予約となりますが、プレー当日の天気がどうなるかは分かりません。この天気の変化に対応しなければならないのがゴルフというスポーツです。初心者の方は「雨の日はプレーしたくないな」と思う方も多いのではないでしょうか。雨の程度にもよりますが、あまりにひどい雨の時にはプレーを中止する決断も必要となります。それ程でもない雨ならば、雨ならではのゴルフを楽しむこともできます。プロのトーナメントを見ても分かるように、ゴルフは雨でもプレーできるスポーツです。ゴルフ好きの方の中には「雨の日には雨のゴルフがあり、それが面白い」と言う方もいらっしゃるくらいです。

雨の日のゴルフ

ここからは、雨の日のゴルフについて解説します。雨の日のゴルフでまず注意してほしいのが、ゴルフクラブのグリップが濡れないようにすることです。グリップが濡れていると手が滑ってしっかりしたスイングができません。濡れた場合はタオルなどで拭いてからグリップするようにしましょう。フェアウェイにも注意が必要です。状態によっては、スタンスをとった時に地面から水が染み出る状態になることがあります。このような状態ではショットができないので、救済を受けることができます。ホールに近づかず回避できるニアレストポイントにドロップしてプレーを継続します。また、雨でぬかるんだ場所にボールが埋まった状態の場合にも救済を受けることができます。

雨の日のゴルフで準備するもの

まず、必要なのが「雨合羽」です。各メーカーからゴルフに必要な伸縮性などを備えた雨合羽が発売されていますので用意しておきましょう。撥水素材を使用した雨用の帽子も必需品です。スイング時にグリップが滑るのを防ぐためにも、雨でも滑りにくいグローブ」や「グリップを拭くタオル」は準備しておくとよいでしょう。できれば、替えのグローブを何枚か持っていくと安心です。雨合羽を着ていても多少は濡れてしまいます。「着替え」を用意して、ハーフが終わったら一度着替えることをオススメします。

天気でゴルフ場がクローズになる場合

ゴルフは、雨が降ってもできるスポーツですが、あまりに雨が強い日などは中止せざるを得ません。ゴルフ場自体がクローズになる場合もあります。クローズになる明確な基準はありませんが、一つの目安としてグリーン上に水が浮くほどの雨の量になった場合です。ゴルフ場のグリーンは水はけが良くなるように設計されていますが、あまりに雨が強いと、グリーン上に水が溜まってしまいます。そうなるとパットを打ってもボールが水の抵抗で転がらなくなり、パッティングができなくなります。あとは冬場に雪が積もった場合や、強風が伴う台風などの時にもゴルフ場はクローズとなります。

プレーをキャンセルしたい時

ゴルフ場はクローズになっていないけど、雨が強く降りそうで、プレーしたくない時もあるかと思います。その場合はプレー前にキャンセルすることになりますが、キャンセル料がかかることが多いので注意しましょう。キャンセル料の規定はゴルフ場によって違うので、よく確認しておく必要があります。当日でもキャンセル料がかからないゴルフ場や、一週間前からキャンセル料がかかるところなど様々です。また、注意したいのがプレー中に大雨となったので、途中ホールで自らの判断でプレーを止めた時です。この場合は、基本的には全てプレーした時の料金を払わなければならないのが一般的なのでご注意下さい。ただし、あまりにひどい天候でゴルフ場自体がクロ―ズとなった場合には、ある程度の割引をしてくれることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?。ゴルフは、自然のあるがままに対峙するスポーツです。気持ちよく晴れた青空も下でラウンドするのも最高ですが、雨の中や強風の中でプレーすることもゴルフをさらに戦略的で面白いスポーツにしてくれます。雨の日のゴルフも十分に楽しめるようになったら、あなたのゴルフ愛は本物です。ただし、無理をして風邪をひいたりしないように注意してくださいね。

\ この記事の感想を教えてください /