ゴルフ初心者必見【初心者ゴルファーにオススメ】FWとUTの打ち方と注意点

FWはライの状態が安定した場所で用いられるクラブであり、飛距離を稼ぐことが出来ますが、その反面フォームが少しでも崩れるとミスショットに繋がる難しいクラブです。UTは多くのプレイヤーに愛用されており、様々な場面で活躍する万能なクラブです。ソールに厚みがあるのでクラブを滑らせやすく、キャリーを稼ぐことが出来ます。どちらのクラブも基本となるフォームを身に付けることでミスショットを減らし、飛距離を稼ぐことが出来るので、まずは基礎スキルを習得しましょう。

初心者にオススメのFWの打ち方はダウンブロー

FWはフェアウェイのような安定した場所でショットする際に使用されているクラブです。ラフや芝生の状態が良くないときの使用は避けましょう。フェアウェイのロングショットを打つ際は3番ウッドを使用するプレイヤーが多いですが、ドライバーと比較をしたときに3番ウッドは小さく感じるためショットが難しいです。3番ウッドはドライバーよりもシャフトが短く、ロフト角が多くフェース面も小さいので、ボールをヒットさせるには高い技術が必要となります。3番ウッドを使用してミスショットが多い場合は、5番ウッドや7番ウッドに変更しましょう。ダウンブローに打つアイアンと打ち方がほとんど変わらないFWですが、異なる点もあります。アイアンのボールの位置は、一般的に足幅の中心から少し右足側が基本とされていますが、FWではアイアンのボールの位置よりもボール半個分ほど左にセットをして、少しボールから離れて立つイメージです。このときのポイントは、クラブの底面が地面と均等になるようにセットをして、シャフトと地面の角度と同じように構えます。ボールを上へ飛ばすことに意識が向くことによって、目線が高く右肩が上がるので、スイングの軌道が下がり、ダフリやミスショットに繋がるため注意が必要です。FWではソールを滑らせる打ち方をしますが、ボールを上からヒットするイメージで打つとソールが自然に滑るショットになるので、意図的に滑らせるのは大きなミスに繋がるので危険です。またソールを滑らせるのはボールを打った後なので手前から滑らせないように注意しましょう。

練習を積み重ねてFWの打ち方を習得しよう

FWに苦手意識を感じている人はダフリやチョロなどのミスショットが多く、その原因はボールの位置が大きく左にずれてセットしていることが挙げられます。その結果、フォームが乱れてバランスが崩れるので、スイングの安定性が低下してダフリやチョロのミスショットに繋がります。普段セットしているボールの位置よりも右側にセットをして、7番アイアンを使用したイメージでショットすることで、改善することが可能です。ボールの位置は少しずつ変更していき、自身に合うミスショットが少ない位置を見つけましょう。

多くのプレイヤーに愛用されているUTの打ち方

ユーティリティには「万能」という意味があり、海外ではハイブリットと呼ばれているクラブで、その名の通りUTはフェアウェイからのショットだけではなく、様々な場面で活躍する万能なクラブです。ソールに厚みがあるこのクラブは、スムーズに振り抜きを行える他に、ボールが上がりやすいのでキャリーを稼ぐことも出来ます。UTの打ち方のコツは、スタンスを肩幅くらいに広げて、左右均等になるようにバランスよく体重をかけます。このときのボールの位置は、足幅の中心からボール半個分から1個分ほど左に寄せることがポイントです。アドレスに入ったときに、グリップを握る手が通常よりも下方向に構えるとダフリを誘発するので、通常よりも上方向に構えるとスムーズに打つことが出来ます。

一般的にUTのスイングは7番アイアンやFWと同じと言われているので、UTもダウンブローでボールを捉える打ち方が推奨されています。

こちらで紹介したUTのスイングをする際の注意点としては、「スイングがヘッドアップすることによる、チョロやトップボール」です。チョロやトップボールを打ち出してしまう理由としては、フェース面がボールと当たる際に、アドレスで構えた位置よりも上部でスイングしてしまうためにボールの上を叩いてしまうのが原因です。これはUTでスイングをする際に、FWと同様にフェアウェイの芝をソール面で滑らそうと考えてしまうために、通常よりもボールの上部を叩いてしまうことが考えられます。また、上記でも紹介したように、UTの打ち方は通常よりもグリップを握った際に上方向で構えるのが基本となっているために、その意識が強すぎるとトップやチョロといったことが起きるので気をつけてください。UTの練習をする際には、打ちっ放しでも良いので、スイング中の上半身の前傾角度をキープするように意識すると良いでしょう。その際には、上半身だけではなく、股関節からしっかりと角度を固定するのがポイントです。

まとめ

FWとUTは使用する場面が多いので、ミスショットがスコアに大きく影響します。UTは万能クラブ言われており様々な状況で活躍し、FWはフェアウェイのようなライが安定した場所で威力を発揮します。打ち方を身に付けるためには基本の習得が必要となるので、日々の練習やイメージがFWやUTを上達する近道です。

\ この記事の感想を教えてください /