ゴルフ初心者必読【ゴルフで運動不足は解消できる?】消費カロリーはどれくらい?

ゴルフはれっきとしたスポーツですが、それほど運動にならないと思われがちです。しかし、少しプレーを変えただけでゴルフは立派な全身運動となります。今回は、ゴルフで運動不足は解消できるのか、カロリーをどれくらい消費するのかを紹介していきます。

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

ゴルフがさほど運動にならないと思われる理由は?

ゴルフがさほど運動にならないと思われている理由はいくつか考えられます。そして、ゴルフに対する偏見もその理由としてあるようです。
ゴルフは激しい運動ではない?
ゴルフはサッカーやテニスと違い、動きが連続するものではありません。ボールを打ったら移動するのを、ホールアウトするまで続けるのみです。スロープレーはいけませんが、ゴルフはスピードを競うものではありません。また相撲やラグビーと違い、身体接触がないのもゴルフの特徴です。相手と戦うというよりは、自分のベストを尽くすと言ってもいいでしょう。ペースを守ってプレーできることが、大した運動にならないと思わせるようです。
ゴルフは若者がするスポーツではない?
ゴルフをプレーする年齢層が高いのもその原因ではないでしょうか。ゴルフをカジュアルにプレーする場合、打ったボールまでの移動でカートに乗れます。乗り物で移動する競技が他にあまり見当たらないため、ゴルフは楽にプレーできるという印象を与えられます。
またゴルフにはお金が掛かるため、若い世代は気軽にゴルフを始めることがが出来ません。道具の種類は多いですし、プレー代やゴルフ場へ行くまでの交通費もかかります。そういった事情があって、ゴルフをプレーする年齢層はお金に余裕がある中高年に偏りがちです。よって「ゴルフは中高年がするもの」「ゴルフは大した運動ではない」という偏見を生んでいると考えられます。

ゴルフで消費するカロリーはどれくらい?

ゴルフでどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか。いくつかデータがありますので紹介していきます。
クラブをスイングするだけでは大して運動にならない!
ゴルフのスイング1回で消費するカロリーは約1kcalです。ウッドとアイアンでは重さが違いますので、厳密には振ったクラブによって消費量の差があります。しかし、小数点以下の微妙な差でしかありませんので、スイング1回はおよそ1kcal消費として考えてください。そこから割り出されるゴルフ1ラウンド当たりのスイングによるカロリー消費量は、初心者であれば150kcalくらい、プロであれば70kcal前後となります。これではちょっとそこまで散歩してきたのと変わりないように思えるでしょう。
ゴルフは移動が多いのでカロリーを消費する!
しかし、ゴルフはスイングだけが運動ではなく、移動というものがつきまといます。特にコースに出る場合は、移動する時にしかカロリーを大幅に消費する場面がありません。ゴルフでカロリーを消費できるのは、むしろプレー以外の場面です。コースの長さにより歩く距離は変わりますが、カートを使った場合は1ラウンドで4〜6kmほどです。これがカートを使わない場合、8〜10kmまでに跳ね上がります。一般的に1時間のウォーキングで4〜5km歩きますので、ゴルフの1ラウンドはカート使用で1時間、使用しなければ2時間のウォーキングと変わりません。

ゴルフでもっとカロリーを消費するためには?

では、ゴルフで運動不足解消となるにはどうすればよいのでしょうか。それには、ちょっとした意識の持ちようで簡単に解決できます。
なるべくカートに頼らない
前述した通り、移動でカートを使うのと全てを徒歩にするのとでは、約2倍も歩く距離が違ってきます。カロリー消費量もそれだけ差がつくと考えていいでしょう。もし18ホールをキャディあり・カートなしでラウンドした場合、1000〜1500kcalも消費するというデータがあります。ジムで1時間トレーニングすると300〜500kcalの消費になりますので、こうして比較すると、ゴルフはかなりの運動になることがわかるはずです。
食事にも気を使う
前の項でゴルフのカロリー消費量が多いことを紹介しました。にもかかわらず、ゴルフの愛好家にメタボを気にすべき人も見受けられるのはなぜでしょうか。それは摂取するカロリーが多いからです。ゴルフで18ホールを回る時、ハーフを終えると食事を取ることがあります。そこでガッツリめの物を食べてしまうと元も子もありません。ましてや飲酒などもってのほかです。ラウンド以外でも、常に食事には気をつけるようにしましょう。
体幹を意識してプレーする
そもそもゴルフのスイングは、全身をくまなく使ってするものです。きれいなフォームでスイングすればボールが飛ぶことぐらい、誰だってわかることでしょう。グリップや腕だけでゴルフクラブは振れません。腰の回転や下半身の体重移動など、スイングで気をつけるべき点は山ほどあります。その上で、体幹を意識したプレーを続けてみましょう。下腹部に力を入れてみるだけでもダイエット効果は違います。
練習場では400球打つ
ゴルフでコースに出た場合のカロリー消費については前に説明した通りです。歩く距離が長くなれば長くなるほどカロリーを消費します。
では、移動がほとんどない練習場ではどうすればよいのでしょうか。それなりの運動にするという観点からでは、練習場で目標にすべき打数は400です。スポーツジムでのトレーニング1回で300〜500kcal消費しますので、前述した1スイングで1kcal消費と考えれば、400スイングでジム通いと同じくらいになります。打ちっぱなしでの400球は、18秒間で1球打てばちょうど2時間かかる数字です。2時間の打ちっぱなしは長く感じるかもしれませんが、無心でスイングを続ければあっという間に終わるでしょう。

まとめ

今回は、ゴルフで運動不足は解消できるのか、消費するカロリーはどれくらいかについて紹介しました。ゴルフは若者から中高年まで、幅広い年代でプレーされています。それでいて、コースを歩き回ることでカロリーを多く消費するスポーツです。さらには工夫次第でもっとカロリーを多く消費できます。日頃の運動不足を是非ゴルフで解消しましょう。

RECOMMENDED GOLFANSWERオススメ記事

\ この記事の感想を教えてください /