ゴルフ慣れしてきたら要注意!?スライスの次の壁、フックとは?

ゴルフを始めたばかりは、ボールが利き手の方向に曲がっていく「スライス」に悩むことが多いと思います。ところが、そのスライスを攻略して、ある程度ゴルフに慣れてきたころに陥りやすいのが「フック」です。

「最近、今までと逆の方向にボールが曲がっていくんだけど……」

「せっかくスライスしなくなったのに、今度はフック!?」

発展途上のゴルファーを悩ませるフックについて、原因や対策を説明していきますね。

ところで「フック」って何?

フックとは、利き手と逆の方向に、ボールが大きく曲がって飛んでいく現象です。

右打ちの人であれば左方向へ、左打ちの人であれば右方向へ、大きく曲がりながら飛んでいきます。スライスとは逆の関係になります。

同様に、利き手と逆の方向に曲がる球筋に「ドロー」がありますが、大きな違いは曲がり幅の大きさです。ドローの曲がり幅は小さく、フックはドローよりも大きく曲がります。

また、ドローは弾道が高く、落ちてからのランも出るため、飛距離が伸びやすいのが特徴です。できれば、フックではなくドローを打てるようになりたいですね。

フックのパターンは3つ

フックには、ストレートフック(1)プッシュフック(2)プルフック(3)3種類があります。それぞれについて、右打ちの場合として解説します。

ストレートフック

打ち出しは目標に対してまっすぐ飛んでいきますが、途中から左に大きく曲がっていくのがストレートフックです。

プッシュフック

プッシュフックでは、打ち出しは目標に対して右方向に飛んでいき、そこから左に大きくカーブを描くように飛んでいきます。

プルフック

目標に対して左に飛び出し、さらに大きく左に曲がっていくのがプルフックです。別名「引っ掛け」、「チーピン」とも呼ばれます。

打った直後から左に大きく曲がりながら落ちていき、しかもランが出やすいため、左側にOBゾーンがあれば高確率でOBになってしまうので注意が必要です。

なぜフックになってしまうの?

フックになる最大の原因は、「フェースが閉じている」ということです。右打ちの人の場合だと、インパクトの瞬間にフェースが目標に対して左を向いている状態になります。フェースが閉じていると、理想的なインサイドインのスイングをしていてもストレートフックになってしまいますし、アウトサイドインのスイングをしてしまうと引っ掛けてしまうことになります。

では、フェースが閉じてしまう原因について深掘りしていきます。

原因その1:アドレス時にフェースが閉じている

右打ちの人の場合、構えたときからすでにフェースが左方向を向いている状態です。このまま打ってしまえば、どんなに正しいスイングをしてもフェースは左を向いた状態で当たるので、フックボールになってしまいます。

構えに問題があって無意識にフェースが閉じてしまう人は、アドレスに入るたびに、必ずフェースの向きを確認するようにしましょう。

原因その2:極端なストロンググリップ

初心者の多くの人は、スライスを矯正するためにグリップをストロンググリップにしてきたと思います。ストロンググリップにするだけで、フェースが閉じ気味になってくれるので、スライス対策にはなります。

しかし、そのストロンググリップが極端になると、さらにフェースが閉じてしまい、またスイング中に手首が返りやすくなるため、フックボールが出やすくなります。

右利きの人の場合、グリップを上から見て、左手のこぶしの山が3個以上見える場合は被せすぎです。目安はこぶしの山が2個~2個半、中指が見えるくらいにしておきましょう。

ストロンググリップについてはこちら↓↓↓


原因その3:強すぎるリストターン(手首の返し)

飛ばそう、右打ちの人で左に振り抜こうと意識しすぎてフルスイングすると、手首の返しが強くなりすぎて、フォロースルーで左に引っ張るようなかたちでフックになってしまうことがあります。

この場合、手打ちになっていたり、身体が上手く回転していなかったりするので、まずはスイング全体の確認をしておきましょう。

自然なリストターンの感覚をつかむには、右手と左手の間をこぶし1個あけて握るスプリットハンドでボールを打つ練習をするのがおすすめです。

原因その4:クラブの問題?

最近は、さまざまな機能を持ったクラブが登場してきており、中にはスライスで悩むスライサー用に、つかまりやすい(右打ち用であれば左を向いている)フェースを搭載したクラブもあります。

アドレスもグリップもスイングも見直して、問題はなさそう…という場合は、最終手段としてクラブの買い換えを検討してみてください。

まとめ

フックは、経験を積んできたゴルフ中級者から上級者が悩むことが多い症状ですが、初級者でもスライス克服後には陥る可能性は十分あります。スライス同様、フックが出るようになるとOBも出やすくなり、憂鬱なラウンドになってしまうことも…。

フックもスライスも打球が曲がってしまうのには必ず原因があり、だいたいアドレスやグリップ、スイングのどこかに理由があるはずです。まずは基本に立ち返り、日頃から正しいアドレス、グリップ、スイングを意識して練習するようにしましょう。こういった困難を乗り越えて、スコアアップを目指していきたいですね!

\ この記事の感想を教えてください /