ラフからの脱出法!ゴルフ初心者でも簡単に抜け出せるコツを大解剖!!

ボールがラフに入ったとき、どんな気持ちになりますか?

「ラフは苦手、とてもユーウツになる」

「上手くアプローチできるのか…」

「グリーンまわりでいつももたついて、本当にイヤ!」

ラフに入って平然としていられる初心者ゴルファーはいないと思います。ゴルフコースではフェアウェイをはずしたらラフ、グリーンまわりにも必ずラフがあるので、ラウンド中は何度もラフからのショットをすることになります。プロや上級者でも、バンカーからよりラフからのショットのほうが難しいと言うくらいです。そんなラフからのショットについて、初心者でも攻略しやすいように解説します。

なぜラフはこんなにも難しいの?

ボールラフに入るとなかなか抜け出せなかったり、全然飛ばなかったり…。ラフから打つのが難しいのは、ボールとクラブフェースの間に芝が入り込んでしまうからです。芝が入り込むとスイング時に抵抗を感じますが、その抵抗の強さを予想しにくいので、飛距離の予測も難しくなります

また、ボールとフェースの間に芝が入ることで、ボールにスピンがかからず、飛びすぎたり転がりすぎたりすることもあります。とにかくコントロールが難しいのが、ラフの厄介なところです。

まずはラフの観察 4つのポイント

ラフを攻略するには、ラフの観察からです。ボールまわりのラフの状況をよく確認して、ラフがボールにどのくらい影響するのかを見極めます。これが、クラブを振り抜くときの芝の抵抗が強いか?弱いか?の判断をするために、非常に大切です。

ラフの観察には、次の4つのポイントをよく注意して見てください。

ボールの沈み度合い

ボールが芝にどのくらい沈んでいるのかを確認します。

◇ボールが浮いている:ティアップしている状況と同じなので、芝の抵抗は弱めです。

◇ボールが少し沈んでいる:少し芝の抵抗を感じます。

◇ボールが深く沈んでいる:芝の抵抗がかなり強くなります。

芝の密集度

芝の密集度も芝の抵抗感に影響します。

◇密集度が低い:芝の本数が少ないと、芝の抵抗は弱めです。

◇密集度が高い:芝の本数が多くなると、芝の抵抗は強く感じやすくなります。

芝目の向き

芝目の向きも、抵抗の強さを左右します。

◇芝目が順目:芝が目標方向に倒れている順目であれば、芝の抵抗は弱くなります。

◇芝目が逆目:芝は目標と逆方向に倒れている逆目では、芝の抵抗を強く感じます。

芝の長さ

芝がフェースにからむと、打つときの抵抗感に影響します。

◇芝が短い:フェースにあまりからまないので、抵抗はあまり感じません。

◇芝が長い:フェースに芝がからむため、強い抵抗を感じます。

ラフの攻略はこの2パターンでOK!

ラフの状態の確認ができたら、素振りを23回して、振り抜くときの抵抗感を確かめます。おそらく、ラフの抵抗をあまり感じずラクに振り抜けるか、ラフの抵抗が強く振り抜きにくいかのどちらかだと思います。ラフからの打ち方は、ラフの抵抗が弱いときと強いとき、この2パターンに集約されるので、それぞれの場合での打ち方について説明します。

ラフの抵抗が弱い場合

ラフの抵抗があまりない場合は、通常のスイングと同じで大丈夫です。しかし、芝にフェースが引っかかり、フェースの向きが変わってしまうことがあるので、グリップは多少強めにしっかり握るようにしましょう。

あと、フライヤーに注意が必要です。

フェースがボールに当たるときに、フェースとボールの間に芝が入ってしまうことで、バックスピン量が減って、通常よりもよく飛びよく転がります。

クラブ選択は、基本的には通常の番手で大丈夫ですが、グリーンをねらう場合は、番手を小さくしてグリーン手前から転がして乗せるように意識するといいでしょう。

ラフの抵抗が強い場合

ラフの抵抗が強い場合で問題になるのは、「クラブが振り抜けない」ということです。まずは、余計なことは考えずにラフからの脱出を最優先してください。

使用するクラブは、ラフの抵抗が強いとクラブが振り抜けないので、9番アイアンもしくはピッチングウエッジ(PW)を選択します。超深いラフの場合は、サンドウェッジ(SW)も選択肢に上がります。

飛距離が欲しいからといって、8番アイアン以上のクラブを使っても、初心者ではほぼ上がらず飛ばず、ラフから出られないことが多いので、基本的には9番アイアン以下のクラブを選ぶようにしましょう。

スイングは、特に変える必要はありません。普段のアイアンと同様に打ちましょう。ラフの抵抗に負けないように、グリップはしっかり握り、ヘッドスピードを落とさないように打ってください。

まとめ

ラフからのショットには色々とテクニックもありますが、初心者ゴルファーにとっては混乱するだけで、アレコレ考えると通常のショットも乱れやすくなります。ラフでは難しく考えず、まずはシンプルに。芝の抵抗の強弱をしっかり判断して、適したクラブでいつも通りのスイングをすれば、ボールはラフから脱出してくれているはずですよ。簡単に脱出出来るようになれば、スコアにも影響が出てくるので上達目指して練習してください。

\ この記事の感想を教えてください /