ゴルフ初心者はこれで改善!スライスの原因はたった2つ

気持ちの良い青空の下、ティーショットでバチンとナイスショットを打てたら最高のスタート!となるはずが、ボールは右、右、右。初心者が陥る壁がスライス。スライスとは打ち出した後、ボールが右打ちなら右、左打ちなら左へ曲がってしまうことを言います。これがなかなか厄介で直らないのですが、スライスの原因から改善策まで追求していきたいと思います。

スライスは3種類ある

スライスにも種類があるので、ひとつずつ説明していきたいと思います。 

まずは「プルスライス」。このスライスは初心者に多く、右利きの場合、打球が左に飛んでから右へ曲がります。原因となるのはスイングの軌道で、アウトサイドイン軌道(後で詳しく)のために最初は左へ引っ張るように飛びますが、インパクトの瞬間にこすっているために右回転がかかり、打球は右へ曲がります。左に出て、右にいくのでフェアウェイに残ることもしばしばありますが、フェースが開いて、ジャストミートしていないですし、スイング軌道がアウトサイドインのため、こすっている打球となり、距離が出ないため、改善した方がいいでしょう。

次は「プッシュスライス」です。インパクト後、ボールが右へ飛び、さらに右へ曲がっていく打球です。スイング軌道がインサイドアウトのために右へ飛び、フェースも開いているのでさらに右へ曲がります。OBになる危険がかなりあり、スコアを崩す原因となるため、改善が必要です。さらにこのスライスは何度も繰り返すこともあり、危険です。ティーショットで右にOB打って、打ち直し。その打ち直しの一打でも同じような打球をまた右のOBに打ち込む。すぐには直らないからOB3連発なんてのも珍しくない話です。

 最後は「ストレートスライス」です。打ち出しはボールが真っ直ぐ飛び出しますが、徐々に右へ曲がってしまうスライスです。スイング軌道は真っ直ぐボールに向かっているのですが、インパクトでフェースが開いているために右へ曲がってしまいます。

原因1=アウトサイドイン軌道

3種類のスライスについて書きましたが、「アウトサイドイン軌道」と「フェースの開き」が、スライスが出てしまう原因として大きく関係しています。

スライスが出る原因として、ダウンスイングのときにアウトサイド(外側)からインサイド(内側)へ球を打ってしまうアウトサイドイン軌道では球を擦ってしまうため、スライスのスピンがかかってしまいます。真っすぐ飛ぶのは「インサイドイン軌道」です。クラブヘッドの軌道がボールの内側(ボールよりも体側)から入り、ボールを打った後も内側を通るものです。

練習ではあえてテークバックをアウトサイドに向けて振るイメージでスイングしてみましょう。こうすることでトップの位置でクラブが寝てくるはずです。逆にインサイドインを意識するがあまり、インサイドに引くと、トップの位置で、クラブが立ってしまうためダウンスイングでは必ずアウトサイドから下りてきます。また、テークバックでインサイドに引くと、フェースも開いてしまい、スライスする確率が増えてしまいます。

フォームを確認!

アウトサイドイン軌道になる人は右肩が前に出た状態スイングする人が多いかもしれません。右肩が前に出ると、体が突っ込んでいるため自然と外からクラブが下りてくるスイングとなります。原因として意識はしていないのに自然と目標方向を見ようと、前を向いてしまうなど、自分で気づいていないことも多いので、アドレスの状態で人に聞いてみるのもいいかもしれません。また、ダウンスイング時に右手で押し込もうとする意識が強すぎて右肩が出てしまってもアウトサイドから球を打つ形となってしまいます。

また、肘が外側を向いたまま構えるのもよくありません。肘の内側が正面を向くように構えるのがベター。そうやって肘を内側に絞ることで腕と体が一体となります。腕が無駄な動きをすることを防止し、体の回転に腕がスムーズについてくるので軌道が安定し、アウトサイドインスイングを改善できます。

原因2=フェースが開いている

当然ですが、フェース面が開いたまま当たるとボールは右に逸れてしまいます。フェースを絞るために、ダウンスイングからインパクトにかけて左手の甲を下に向けることを意識してください。「フェースを返す」というイメージでやってしまうと、右手を意識し、右肩が前に出てしまい、また、アウトサイドインのスイングになってしまいますので意識は左手です。

フェースを閉じながらスイングもあり

もともとゴルフクラブというのは、フェースが開きやすいようにできています。重心はヘッドの部分に偏っており、この重心は、フェースの後ろ側、つまりシャフトから見て右にあるため、ヘッドは右に倒れたがる性質があり、これがそもそものフェースが開きやすい原因です。ではフェースを閉じてスイングをするにはどうすればいいか。シャットフェースと呼ばれ、フェースを閉じながらバックスイングをします。テークバックでフェースが地面の方を向き、トップでは空を向くスイングとなります。オープンフェースだとダウンスイングで開いたフェースを閉じる作業がありますが、これをなくします。フェースは開くより閉じる方が圧倒的に難しいです。

これにより自然と脇が締まるので体を軸の中心に回転しやすくなり、「インサイドイン」に振れることができます。そして、フェースも閉じたままインパクトできるので、スライススピンはかかりにくく、ボールがつかまりやすくなります。

振り遅れもフェースの開きの原因

アイアンではスライスしないのにドライバーだけスライスする人も多いかと思います。当然ながらドライバーはアイアンに比べてシャフトが長く、スイング中の軌道が大きくなるため、アドレスで構えたところにヘッドが戻ってくるまでに時間がかかります。アイアンと同じリズムで振ると、フェースが開いたままインパクトしてしまい、スライスになりやすいです。

また、飛ばしたいという意識から力んでしまい、体の回転に対して腕の振りが追いついてこないと、ヘッドが遅れて当たってしまいサイドスピンがかかってスライスになってしまいます。体をインパクトまで開かないように意識したらフェースがいい具合の角度になってきたときに自然とインパクトができるかもしれません。振り遅れによるスライスを感じた場合はいつものグリップから指12本程度短く握るだけでバランスを変えられるので、一回試すのもアリの実践法です。

\ この記事の感想を教えてください /