知識0の初心者がプロに教わるゴルフレッスン!グローブ・シューズの正しい選び方は?

松山 英樹さんマスターズ優勝おめでとうございます!ゴルフのルールも分からない身ですが、歴史的快挙だそうでゴルフを分からないながらも感動してしまいました…

と…ご挨拶遅れました。初めまして!今年、新卒で社会人になったばかりの湯浅です。ゴルフメディアで仕事をするようになった僕ですが、ゴルフはまったくの素人。これまでスポーツはしてなかったわけでなく、学生のときはバドミントンでぶいぶい(?)いわせていましたが、ゴルフってボールを穴に入れるんでしょ?くらいのイメージしかありませんでした。

まったくのゴルフ未経験者である僕が超有名レッスンプロにゴルフを教わったら、どれくらいのスピードで成長できるのか?どうもまわりで聞こえてくるのは、スコア100というのがひとつの区切りのようですが、そもそもそれがすごいことなのか、実現可能なのかもわかりません!

すんごい基本的なところから実際に体験してこれからレポートしていけたらと思っています。これからゴルフを始める方と同じ目線でいろいろな情報をお届けできるように、ちょっと未来の僕がすごいスコアとかっこいいゴルフが実現できるように勉強していきます!

あわせてレッスン内容やギア選びなど、同じ初心者ゴルファー参考になる情報をお届けしていきますので、よろしくお願い致します!至らないところがあるかもしれませんが、どうか大目に見てください。代わりに新卒魂燃やしていきます!!(笑)

今回お世話になるのは、TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21。こちらのスクールは片山晋呉プロが5年で4度賞金王*に輝いた際、片山プロのコーチをしていた「谷将貴ツアープロコーチ」が運営するゴルフスクールです。現在進行形で、片山プロだけでなく、他にもたくさんのプロが谷コーチのアドバイスを求めてきます。コーチって元々馬車からきている言葉ですが、目的地に運ぶもの、導くもの、つまるところ成功に導く「プロフェッショナル」が運営するスクールです!

*賞金王って、いってみればそのシーズン一番強かったってことですね、5年で4度日本一!

そんな日本トップレベルのスクールのレッスンとはどんなものなのか。

緊張の初レッスン当日!

レッスン初日!事前に、初日は代表の谷ツアープロコーチが直接指導してくれるという連絡を受けていました。ただ、まだこの時点でそのすごさはまだあまり実感がわかず…(汗)

僕はジーンズをはき、手ぶらでTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21へ。スポーツするんだからジャージか?スウェットか?いろいろ頭をよぎったけれど、結局ふつうの格好、ゴルフクラブ持っていないし手ぶらで、とりあえず周囲の大丈夫、大丈夫の声で、???の状態で!

TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21の最寄り駅「御成門」に到着。Google Mapで見てはいたけれど、A2出口を抜けるとホントにすぐTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21がありました。駅近っていうか直結っていう表現でもいいような…。

入り口をくぐると地下に向かう階段、おそるおそる階段を降りると途中にゴルフクラブを振っている外国人のおじさんの古い連続写真が…。バトミントンもゴルフも同じ道具競技、ラケットを振るということをずっとやってきた僕だったけれど、この振りはなんとなくかっこいいなと思いました。誰*だかわからないけど!

*後日、ベン・ホーガンというすごいプロゴルファーだったことを教えてもらいました。

ふっと右を向くと受付を発見!

僕「は、はじめまして、初めてのレッスンにきました湯浅と申します」(ちょっと緊張気味)
受付「湯浅様おまちしておりました。そうしましたらまずはカルテの記入をお願いします」
僕(あ、ちゃんと扱ってくれて、ほっ)

カルテを見てみると、名前の他に、1Wの飛距離やベストスコア???なんじゃそれは???えっと、1Wはたしかドライバー、ベストスコアは何を数えるの??当然僕は1Wの飛距離なんて計測したこともなければ、コースも出ていないので、ベストスコアもありません。ほとんどを未記入で提出しました。あー恥ずかしい!こんな僕、受け入れてもらえるの?

TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21では全くの未経験者を教えるというのは全体でいうと少ないそうですが、今回希少なサンプルとして受け入れてくださーい!!僕がこの後、どのようになっていくか、コーチ陣にもうぜーんぶ委ねます!

この企画、僕自身の目標はというと3ヶ月でコースデビュー、さらに3ヶ月でみんなのいう100切りっていうやつをやろうじゃないか!というのが目標です。読者の中には経験者の方もいらして、もしかしたら「そんなの無理じゃない?」「難しいでしょ」と思っている方もいるかもしれません!

そこは無知の知!僕は半年で100切りが難しいのかどうか、それすらもわからないのです!ですがリタイアせずに食いついていきたいと思います!!

レッスン前にゴルフアイテムの準備!

カルテを書き終わると、すっと細身の方が目の前に、谷コーチだぁ…。華奢にも見える谷コーチ、ゴルフってクラブっていうのでボール飛ばすのに、華奢な体で飛ばせるのかな、なんてことをふと思っていたら、

谷コーチ谷コーチ

こんにちは!カルテ書けました?


湯浅湯浅

実は、書けるところが少なくて…


谷コーチ谷コーチ

まずは、やってみましょうか、いってみれば初診ですから、ちょっと先にカルテに書けるところが増えるといいですよね

ちょっと胸をなで下ろす、僕。

手ぶらで来た僕は道具がないのでクラブ、シューズ、グローブをお借りしました。手ぶらでいらっしゃる方は結構多く、クラブをはじめとしたギアも様々な種類とサイズを用意してあって、いつも重い道具を持ってくることなくレッスンを受けられるようです。

グローブをつけているとふと、疑問が。グローブって何を基準に自分に合っているか判断したらいいんだろ。ゆったりがいいのか少しきつめがいいのか…。

谷ツアープロコーチに答えを教えていただきました。

湯浅湯浅

ゴルフグローブってサイズがあると思うんですけど、どれが自分に合ったサイズなんですか?


谷コーチ谷コーチ

グローブのサイズって、靴と同じで、メーカーによってまちまちだから同じサイズ表記*でもどれが適しているかっていうのは一概には言えなくて。実際に試着してみて、合ったものがいいと思います。


湯浅湯浅

なるほど。フィーリングじゃなくてフィッティングですね。

*サイズはS、M、Lのような表記もあれば、手のひらの長さを表記した数字もあります。

グローブ選びのポイント

試着時のポイントは手のひらの面のグローブが浮かないこと。25センチを試着してみましたがこれだとぶかぶかです。しわが浮いているがわかりますか?

こちらは24センチ。さっきよりもだいぶ張っているように見えますが、まだ指の部分が少しよれています。

23センチでやっとピッタリになりました。これだけ張っているとグリップ力が一番発揮される自分に合ったサイズになります。


写真だとわかりにくいですがグローブの小指と薬指の根本の部分が少し浮いていました。これも良くありません。

そんな時はマジックテープをずらして貼り、調整します。これで万全な状態です。

湯浅湯浅

すごいフィット感があります!最初につけたグローブと全然違いますね。


谷コーチ谷コーチ

ここまでやると違うでしょ?結構ぶかぶかでグローブを使っている人がいるんですけど、これだとグリップする力が弱くなっちゃうのでこれくらいピタッとしたほうがいいです。

意外とグローブのサイズについて、アドバイスをする機会があるという谷コーチ。自分とゴルフクラブをつなぐ大切な接点なので、サイズは大事に見極めて欲しいとのことです。今回お借りしたグローブはフットジョイというメーカーのものになります。皆さんの手にフィットするのは、どのメーカーのどんなサイズでしょうか?ぜひ試してみてください。

新しいタイプのシューズ

谷コーチ谷コーチ

次にシューズを履いてみましょう。シューズに関しては普通に履いている靴と変わらないので、いつも通り履いてみてください。つま先がひどく空いてたら1サイズ小さいものを履きましょう。


湯浅湯浅

わかりました。あれ?このゴルフシューズ普通と違いますね。(ん?どうやって締めるのこれ)

谷コーチ谷コーチ

これはBOAと言ってワイヤーで調整するタイプのシューズで、かかと部分にダイヤルがついているんですけど、押してから回すとワイヤーが閉まる仕組みなんですよ。

谷コーチ谷コーチ

このダイヤルを手前に引くとワイヤーがすぐに緩まるから紐を結んだりする手間がなくてすごく便利。ただ一つ欠点があって…。


湯浅湯浅

欠点ですか…?


谷コーチ谷コーチ

僕一回、プレー中にBOAが壊れたことがあるんですよ。そのときどうしたと思います?(笑)


湯浅湯浅

んー。紐をつけた…とか?


谷コーチ谷コーチ

違いますねー。そん時は諦めました。(笑)直しようがないんですよね。なかなかないと思いますが、ワイヤー型のシューズの場合そういうこともあるので気をつけてください。自分の使っているものにはぜひ目を配ってみてください

BOAを含めたダイヤル式のものだけでなく、ひもで調整するものなど様々です。またサイズもこれもグローブと同じようにメーカーによって違いがあります。細長い足形のシューズ、いわゆる日本人に多い幅広甲高に対応したシューズ、ゴルフは結構歩くスポーツらしいので、これも自分にあうものを探してみてください。

クラブについての豆知識

谷コーチ谷コーチ

最後にクラブですね。クラブについても詳しく説明しておきましょう。


湯浅湯浅

お願いします!!

谷コーチ谷コーチ

ゴルフではプレーするときにクラブを14本だけ持っていけます。鞄の中に入れていいのが14本ですね。少ない分には構わないんです。初心者の方は14本あっても迷ったり、使い切れなかったりするので、まずは7〜10本くらいあればいいと思います。クラブは主なもので、1W(ドライバー)やアイアン、パターと言われるものがあります。レッスンで使うのは“7番アイアン”と呼ばれるものなんですが、なぜこれを使うかというのとクラブのなかで大体中間に位置するのがこのクラブだからです。大体中間っていうのはいろいろな意味があるんですが、そこは追々押さえていきましょう。

谷コーチ谷コーチ

ちなみに!ドライバーのことを1W(一番ウッド)と言いますが、なぜウッドっていうかわかりますか?


湯浅湯浅

ウッドって木のことですよね?なんでですかね~それすごく気になります???


谷コーチ谷コーチ

これ(クラブのでっかい部分)完全に金属ですよね。でも昔はこの部分が木で作られていたからなんです。


湯浅湯浅

それ全然飛ばなさそうですね…。


谷コーチ谷コーチ

今と比較すると全然飛ばないでしょうね…。昔のボールやクラブも展示してあるので、よかったら後で見てみてください。こんなもので昔はやってたんだーと思ってもらえるかも。ゴルフも他のスポーツと同じように歴史があります。そんなとこにも目を向けてもらえると奥の深いスポーツだと知ってもらえるんじゃないかなと思います。
さて!ではレッスンを始めていきたいと思います!

レッスン初日の流れは
受付→カルテの記入→ゴルフギアのレンタル(フィッティング)→レッスンとこのような流れでした。

次回はついにレッスン始動!初めてのスイングはとても”ダ◯い”ものだった…。かっこいいスイングを身につけるレッスンはファーストインプレッションから!

次回

\ この記事の感想を教えてください /