ゴルフ初心者必見!ゴルフアイテムにどれくらいお金が必要?ゴルフコースデビュー編

ゴルフもやり始めのころは練習だけですが、続ける限りいつかはコースデビューを果たすことになります。思い出して見ても、あの期待と不安の入り混じった感覚は忘れられませんし、ワクワクが止まらないものです。とはいえ「練習だけ」から卒業し、コースへ行くようになると、それまで以上の出費を強いられることになります。ではゴルフ第2ステージともいえるコースデビューから必要になる経費を考えてみましょう。

コースデビューに必要なアイテムたち

ゴルフクラブを担いで練習場に通っているだけでは必要なかったものが、いざコースへ行くとなると色々買い揃えなくてはいけなくなります。ここでは最低限コースデビューするために必要なアイテムを紹介していきます。

ゴルフウェア

練習場で打っている時にはラフな格好だろうとスーツ姿だろうと自由ですが、コースへ行くとなるとゴルフ独特の「ドレスコード」というものが存在します。ドレスコードはゴルフコースによって差があり、厳しいところと比較的緩いところがあります

例えば名門コースなどドレスコードに厳しいコースの場合は、クラブハウス(ゴルフ場の受付フロント)へ行くときにジャケットの着用が義務付けられていることもあります。イメージとしては高級フレンチを食べるときと町のラーメン屋へ行くときの差のようなものです。またコース上でのドレスコードもあり、以下の点は最低限守るようにしましょう。

襟付きのシャツ(通常はポロシャツでOKです。また裾は必ずタックインします。)
長いパンツ(コースによってはショートパンツスカートタイプのウェアでもOKです)
ベルトの着用
帽子またはサンバイザーの着用

コースによってルールは違いますので、行く前にホームページなどで確認をしておきましょう。

値段はピンキリですが、ユニクロなどで購入すれば、2,000〜4,000円くらいで済みます。パンツとセットでも高くて5〜6,000円くらいなので初心者の方はこちらを目安に考えましょう。

ゴルフボール

コースへ行くとなるとボールも自前のボールを使うことになります。練習場では気にもならなかったゴルフボールですが、初心者のうちはコースへ出るとけっこう無くなったりします。

ゴルフボールの値段もピンきりで1球千円近くするものもあれば、ロストボール(人が失くした中古)のように30球で千円程度のものもあります。当り前のことですが最初はOBや池ポチャを連発することを覚悟して、できるだけ安いゴルフボールでプレイすることをオススメします

ティーペッグ(ティー)

これも練習場では必要のなかったアイテムです。ティーグラウンドからの1打目のとき、地面からボールを浮かせるための道具ですが、用途に応じて最低2種類用意しましょう。

一つはドライバーショットの時に使うロングティーです。その名のごとく長いティーです。一般的なゴルフコースでは18ホール中14ホールで使うことになります。もう一つはショートホールのアイアンショットの時に使うショートティーです。アイアンショットなので最悪使わなくても打てるのですが、ほんの少しボールを浮かしただけでショット難度が下がり、なおかつボールにスピンがかかりやすくなります。

素材は大きく分けて2つあり、プラスチック製のものと木製のものがあります。上達してくるとあまり失くすことはないのですが、初心者のうちは消耗品だと割り切ったほうが良いでしょう。

値段はいいもので500円くらい、普通のもので数百円なので、気にするほどの値段ではありません。

その他の小道具

コースに出ると他にも必要なものがあり、グリーン上で使うボールマーカーリペアラー(グリーンフォーク)などです。ボールマーカーは他のプレイヤーのパッティングの邪魔にならないよう、自分のボールの代わりに置く際のもので、リペアラーはグリーン上のボールによる凹みを直す道具です。ただこれらはキャディハウスに無料のものが用意されていることが多く、何度かコースへ行っている間に増え続けていることが多いものです。

どうやって出費を抑えるのか?

こうして見ていくとゴルフコースに出るだけで必要なものが多いことが分かります。特に普段着ない「ゴルフウェア」はお金を掛けだしたらキリがないアイテムです。ゴルフショップに行けば黙っても様になるメーカー製のゴルフウェアが揃っていますが、最初のうちはドレスコードから外れない範囲であれば「ユニクロ」や「H&M」などのファストファッションでも十分です。

デビュー戦はともかく、実際プレイしてみると「毎回同じウェアだと恥ずかしい」となるものです。そう考えると1着にお金を掛けるより、何種類かコーディネートできるよう揃えたほうが無難とも言えます。

またゴルフボールも最初のうちは「なくなるもの」と割り切って、安いボールでプレイしましょう。人によっては「高いボールだから1打に集中できる」なんて方もおりますが、そうは言っても高いものがなくなるのはショックです。

今回の出費をまとめても、1万円以下というコスパでゴルフはできます!皆さんもぜひ参考にしてみてください!

まとめ

紳士淑女のスポーツと言われるだけあって、コースデビューするだけでも色々なアイテムが必要になります。ただゴルフにハマってくると必ず新しいものが欲しくなるものですので、初心者のうちは出来るだけ初期投資を抑え、やがてハマったり上達した時に自分に合ったアイテムを買う方が賢いやり方だといえます。真新しいアイテムを用意し、ワクワクなコースデビューを考えている皆様のお役にたてたら幸いです。良いコースデビューを!

\ この記事の感想を教えてください /