ゴルフ初心者必見【脱・ゴルフ初心者】恥ずかしぃ~空振りとはもうオサラバだ

ゴルフ初心者なら一度はやってしまう空振り。気を抜くと時々出る空振りに恥ずかしい思いをしている方も多いはず。コースでの空振りは同伴者だけで済みますが、練習場での空振りは、他人に見られてしまいます。そんな人たちのためにも空振りについて対策を書いてみたいと思います。

空振りでも1打

空振りはペナルティではありませんが、1打とカウントします。例えばティショットで空振りして、もう1度、振ってボールが飛んだ場合は2打となります。素振りはもちろん1打と見なされませんが、素振りと空振りについての境界線はプレーヤーに打つ意思があったかないかということになります。ということは自分以外にはわかりません。故に、空振りを指摘しても、認めない人や、空振りを素振りとバレないようにするために、もう一歩ボールに近づいて窮屈そうにスイングを始める人もまれにいます。ゴルフは紳士のスポーツでスコアに関しても自己申告です。空振りしたら素直に認め、誰もが気持ちよくプレーできるようにしましょう。

余談ですが、2019年に空振りに関するルールが改定されました。ティショットで空振りした際、ゴルフクラブの風圧でティから球が落ちた場合は無罰で再度ティアップすることができるということになりました。もちろん空振りは1打としてカウントされることに変わりはありません。ちなみにこのルールは、落ちたボールがティグランドにある場合のみに適用されます。旧ルールでは、風圧で落ちた球を再度ティアップした場合、1打罰が加算され、次で3打目というルールでした。

クラブに慣れる

では空振りしないためにはどうしたらいいか。まずはゴルフクラブの特徴を理解しましょう。ドライバーやアイアンは〝棒〟でプレーをする野球バットやテニス、バドミントンラケットと違い、インパクトする場所(ボールにクラブを当てる場所)がグリップからの延長線上にありません。ゴルフ初心者にとって、この特徴は非常に違和感があって、何も考えずに打ってもうまくいかないことがあります。そのため、クラブに触れている時間を増やしたり、ヘッドの重みを感じながら素振りを繰り返すことでクラブに慣れることが重要となります。

バックスイングで体が浮き上がる

ゴルフスイングはアドレスの時点からバックスイングで振りかぶってインパクトの瞬間にアドレスの形に戻っていれば、しっかりとインパクトでき、その再現性が求められます。ゴルフのスイングは回転運動なのですが、再現性を求めてできるだけ頭を動かさないようにと意識しするため、回転せずに手や腕を振り上げてボールを打とうとすると、体が浮きやすくなります。この場合に当てはまると思った人は、再現性、手や腕のことは気にせずに一旦、体の回転を意識して練習してみると改善されるかもしれません。

バックスイングのときに状態が浮いてしまうと空振りやボールの頭を叩くトップになりやすくなります。考えられる一つの原因として、少しでも遠くに飛ばそうとして、力むとバックスイングで体の重心がズレやすくなるのでリラックスして臨みましょう。また、構え方が原因となる人もいます。アドレスの状態で猫背になっていたり、突っ立っている形になったりしているとバックスイング時に体が浮き上がりやすくなります。猫背になっている人は、背中から前傾するのではなく、骨盤から前傾すると改善されるかもしれません。イメージとしてはお尻を後ろに突き出したお辞儀をする形です。

脱ヘッドアップ…。ボールをよく見る!

ボールをよく見ることは当たり前のようですが、当たり前にできていない時も多いです。インパクトの瞬間にボールを見ることそのものが重要というわけでなく、インパクトの瞬間にヘッドアップしないこと(頭を上げないこと)が大事です。ボールを見ていれば頭は上がらないですからね。どうしてもヘッドアップしてしまうと体が起き上がり、トップや空振りの原因となります。ヘッドアップの最大の原因は力みです。両腕に力が入ってしまうとダウンスイングの時に無駄な力を使ってクラブを振り下ろそうとして、体が跳ね上がってしまい、状態が起き上がりやすくなります。

まとめ

ゴルフにおいて空振りは誰もが通る道なのですが、少しのコツと練習を重ねる事で必ず克服できます。誰もがいきなり上手くはなれないので、地道に練習をする事が必要です。脱・空振りでゴルフ初心者から卒業しましょう!

アルバトロス・ビュー No.818 [雑誌] ALBA

アルバトロス・ビュー No.818 [雑誌] ALBA

ALBA編集部
660円(12/05 12:52時点)
発売日: 2021/04/15
Amazonの情報を掲載しています

\ この記事の感想を教えてください /