ゴルフ初心者に向けた自宅でも練習できるゴルフ練習用マット

ゴルフを始めますと各々練習量に差はあれど、皆さん上達のために練習場に通うかと思います。一般的には自宅近くの練習場(打ちっ放し)へ足を運び、貸し出しボールを打つといった練習が殆どだと思います。しかし、ショートゲーム(アプローチやパッティング)の練習であれば自宅でも出来る練習用マットがあります。今回はその練習用マットについてお話をしたいと思います。

まず、ゴルフ初心者の方や今から始めようとされる方はショートゲームの練習についてどの程度の重要性を感じているでしょうか?ゴルファーの中には距離が近いから簡単、ドライバーやアイアンのショットより簡単、と思い込んで練習を疎かにしている人が少なくありません。しかし、実際はそうではありません。スコアメイクの為にはアプローチショットやパッティングは非常に重要になってきます。OBの数を減らす事とショートゲームのミスを減らす事が特に重要です。ライバルに差を付けたい方はショートゲームの練習をしっかりと自宅でこっそりやる事をお勧めします。きっと大きく差が付くはずです。

フェアウェイマット

はじめに、フェアウェイを想定した練習マットの紹介です。色んなタイプの練習マットがありますが、縦横20×40cm程度の大きさのマットが大半ではないでしょうか。ゴルフショップ以外でもネットショップ、ホームセンターなどでも購入可能です。半分フェアウェイで半分ラフといったタイプの練習マットもあり、3,000円程で販売されています。打ち方はパッティングとほぼ同じで、スタンスは狭めで少しハンドファーストに構え手首のコッキングは使わず払うように打ちます。ボールは必ずしも本物を使う必要はありません。ゴルフショップで売っているようなプラスチック製やスポンジ素材の練習用ボールでも十分です。室内ではその方が安全でもあります。

ゴルファーの中にはそういった練習器具は全く使用せず、一風変わった練習法を取り入れている人がいます。それは家で使わなくなった座布団の上にハンカチを丸く結んだ物を置きボールに見立ててアプローチショットを打つ、といった練習法です。練習方法は人それぞれですが、ゴルフクラブでボールを打つ、といった身体全体の感覚を失わない様に日々短時間でも良いので練習することが重要になってきます。皆さんも自宅でこっそり練習し、仲間に差を付けましょう。

パター練習用マット

次はパター練習用マットの紹介です。パター練習用マットにも様々な種類があり、購入するにも悩ましい物であります。マットはとにかく真っ直ぐ転がるものがお勧めです。マットを床に広げたとき微妙に波打ってどこか浮いていたり、芝目に変な癖がついていたりすると、真っ直ぐボールが転がってくれない事があります。これでは練習にならないので安価な物でも良いので、とにかく真っ直ぐ転がるマットを購入して下さい。そして真っ直ぐ打つ練習をただひたすら続ける事が大事なのです。なぜなら実際のラウンドでパッティングをするとき、狙った方向に真っ直ぐボールを打ち出せないと勝負にならないからです。距離感やラインの読みも大事ですが、まず狙った方向に対して真っ直ぐボールを打ち出す事が重要なのです。パター練習マットのカップの形状にも色んなパターンがあります。少しスロープを上って実際穴が空いているタイプ、オールフラットでカップが無い物、フラットなマットにカップを想定した物を置くタイプ、など様々です。練習マットは少しスロープがあり、カップ付きでスロープをボールが転がって返ってくる物がおすすめです。

パット練習用マットを利用したお勧めの練習法

パット練習用マットを利用したお勧めの練習法をご紹介したいと思います。

連続カップイン練習法

まず一つ目は、短時間で済む練習法です。朝仕事に出かける前にパターを5回カップインするといった簡単な練習です。何回失敗しても構いません。(失敗しない方が良いですが…)とにかく5回カップインさせて家を出るのです。慣れてきたら回数を増やし、10回カップインにしても構いません。重要なのは短時間でも毎日パターでボールをヒットするという繰り返しの作業なのです。短い距離でもボールを真っ直ぐ打つ動作を体が覚えてくれるので実際のラウンドでのショートパットでのミスが激減するはずです。

諸見里しのぶ流連続100球カップイン練習法

次に2つ目は時間をかけた非常に苦痛を伴う練習法です。それは連続100球カップイン練習です。この練習はミスが許されません。途中失敗したら1からやり直しとなります。そして連続100球カップインを達成すれば練習終了となります。これはゴルフ雑誌の中で諸見里しのぶ選手が紹介していた練習法で、何度か挑戦しましたがかなり過酷でした。1時間くらい掛かった事もありました。挫折して途中やめしたこともあります。しかし100球連続カップインを達成したときは何物にも代えがたい開放感に包まれます。そして実戦でもパットに自信が持て、無意識にボールを真っ直ぐ打ち出せる様になりました。効果に個人差はあるかも知れませんが、結果は必ず出ると思います。流石にこの練習を毎日やると言うのは一社会人には厳しいと思うので、週一もしくは月一でも良いかと思います。休日の暇な時に行う事をお勧めします。

3ヤードランニングアプローチ練習

最後にアプローチ練習マットとパター練習マットの合わせ技を紹介したいと思います。読んで字のごとくアプローチ練習マットとパター練習マットを並べて、アプローチでカップイン出来てしまうという画期的な練習法です。3ヤードくらいのランニングアプローチ練習が実現出来ます。ただ床にボールが落ちる時かなりの音が発生しますので住宅環境によっては近所迷惑になりますのでご注意ください。

以上の様に安価な練習器具でも工夫次第で色んな練習が実現出来ます。室内で本物のボールを打つのは多少危険を伴いますが、古くなった毛布などを周囲に敷くなど安全対策をとると良いかと思います。ゴルフやゴルフ以外のスポーツでも練習に費やした時間の分だけ腕が上達すると私は思っています。継続は力なり、コツコツ練習してライバルに差を付けましょう。

\ この記事の感想を教えてください /