【知っておきたい】ケガの予防だけではない、ゴルフとストレッチの関係

ゴルフに限らずスポーツでは「ケガの予防にストレッチは効果的」と言われており、実際にスポーツ医学でも効果は認められています。しかしストレッチの効果はケガの予防だけにはとどまらず、ゴルフ技術の向上や飛距離アップにも密接な関りがあるのです。そんなストレッチについてゴルフにフォーカスして解説します。

ケガの予防とストレッチ

ゴルフはあまり激しいスポーツではないのですが、油断していると肉離れなど思わぬケガに見舞われます。これがコースをラウンドしている最中であれば最悪です。また打ちっぱなしなどの練習に関しても同じことが言えます。そこで先ずは「ケガの予防」に効果的なストレッチについて考えてみましょう。

プレー前に行うストレッチ

ゴルフクラブをスイングする前の段階では、体はまだ温まっておらず関節の可動域も十分とは言えない状態です。これは年齢を重ねるほど顕著で、そんな状態でいきなりフルスイングすることは危険でさえあります。

そんなリスクを回避するためにプレー前には必ずストレッチをしましょう。まず行うのが「関節に柔軟性を持たせ可動域を広げる」ストレッチです。

ゴルフで特に重要な「肩甲骨」「股関節・腰回り」「手首」の可動域は特に意識してストレッチをしましょう。また足首や膝などもコースへ出る場合、ケアしておいたほうがケガの予防につながります。

柔軟性とともにプレー前に重要なのは「体を温める」いわば暖機運転です。これを行うことで体のパフォーマンスも向上し、ケガの予防だけでなくスコアアップも期待できます。

プレー終了後に行うストレッチ

ゴルフのプレー終了後にもぜひストレッチを取り入れてみましょう。今やスポーツ界では常識となった「クールダウン」と言われるものです。「整理運動」ともいわれるクールダウンですが、一つには日常生活と違った負荷を与えた体や神経を落ち着かせるために行います。

またもう一つには血中の乳酸を減らし、疲労を残さないために行います。頻繁にプレーをし、体が慣れているのならともかく、月1~2度のゴルフプレーでは翌日に疲労が残ったり、筋肉痛になったりしがちです。これを防ぐ意味でもプレー後のストレッチは重要なのです。

ゴルフ技術向上や飛距離アップとストレッチ

ゴルフというスポーツは直線的な筋力で勝負するものではありません。プレーされたことがあれば分かりますが「滑らかなスイング」と「体をねじること」が重要なスポーツです。

滑らかなスイングをするためにストレッチ

ゴルフコンペに参加し、うっかり最初の組の1番目に打つことになると、よほど慣れたプレーヤーでもない限り力みまくって上手く打てないものです。スポーツでは「肩の力を抜きなさい」とよく言われますが、緊張したり慣れていないと無駄な力が入り、結果的にどこかぎこちないスイングになってしまいます。

このケースではメンタル面の影響が強いのでしょうが、滑らかなスイングをするためには筋肉の柔軟性はとても重要です。そのため先ほどのプレー前後のストレッチとは別に、トレーニングとしてのストレッチは、美しいスイングを実現するために是非取り入れたい習慣です。

飛距離アップとストレッチとの関連性

ゴルフをプレーしていると誰もが「飛ばす」ということに憧れるものです。距離が出れば2打目以降小さい番手のクラブで打てるので、非常に有利にプレーできます。しかし飛距離を出すためにはスイングスピード(ヘッドスピード)を上げなければならないのですが、それを実現させるために必要なのは「腕っ節」ではありません。

必要なのは「滑らかなスイング」と「体の捻転」なのです。滑らかなスイングについては先ほども触れました。では「体の捻転」とはどのようなことなのでしょうか。分かりやすく言えばスイングのテークバックに入った時、下半身はなるべく最初の状態をキープしたまま、上半身だけを「捻じる」イメージです。プロゴルファーのスイングを見ると分かりますが、下半身と両肩が90度くらい捻じれています。

そして捻じった体が元に戻るときの力がヘッドスピードに直結します。この「捻じり」を実現するためにも体の柔軟性が極めて重要で、そのためのトレーニングとしてストレッチは非常に高い効果が期待できます。

トレーニングとしてのストレッチ

ストレッチもいろいろな仕方があり、それを説明しだしたらキリがないのですが、ここまで説明したように「柔軟性」を特に意識したストレッチを行いましょう。ケガの予防でも触れた「肩甲骨」「股関節・腰回り」「手首」を中心に柔軟性を高め、それに加え飛距離アップへの近道「上体の捻り」を意識してください。

一つの方法ですが、椅子に両膝をくっつけて座り、そのまま左右へ上体だけ捻るストレッチは効果的です。慣れないうちはキツイかもしれませんが、45度以上捻られるよう継続して取り組んでみてください。

まとめ

ゴルフにとってのストレッチの効用について解説してきましたが、技術を身に着けるための土台をつくるという意味で非常に効果的な「練習」と言えます。「健全な技術は、健全な体にこそ宿る」とは大げさですが、効果は大きいので皆さんも是非取り組んでみてください。

\ この記事の感想を教えてください /