ゴルフ打ちっぱなしの服装について解説。気になる服装マナーを徹底解剖!

ゴルフを始めた時にまずは打ちっぱなしに行こう!という方がほとんどだと思います。ただ「どのような服装で行くか」「持ち物は何が必要か」迷いますよね。こちらの記事では、ゴルフ打ちっぱなし練習場ではどのような服装をしたら良いのか、持ち物は何が必要かなどについて紹介しています。ゴルフ初心者の方はぜひ準備にお役立てください。

ゴルフ打ちっぱなし練習場での服装は自由

「ゴルフにはドレスコードがある」と耳にしたことはありませんか?実はコースを回るときには、ゴルフ場によってドレスコードが設定されています。しかし、ゴルフ練習のための打ちっぱなし練習場にはドレスコードはありません。ご自身の好きな服装でOKです!自分の好きな服装でOKとはいえ、「初心者だし、どのような服装が良いか迷う」といもいらっしゃると思うので、具体的な服装についてご紹介します。 

動きやすい服装がおすすめ

ゴルフに限らずですが、服装はTPOに合わせることが大切です。打ちっぱなしではたくさん体を動かすので、動きやすい服装が一番です。ゴルフウェアでももちろんOKですが、スポーツウェアやジャージでも問題ありません。中には仕事帰りのワイシャツにスラックススタイルの方や、デニムにTシャツなどの方もいらっしゃいます。女性の場合は、露出度の高い服装や動きづらいタイトスカートなどは避けるようにすると良いでしょう。

ゴルフ初心者におすすめの服装 

ゴルフ初心者におすすめの打ちっぱなし練習場での服装は、スポーツウェアです。スイングを行うと想像以上に汗をかくので、スポーツに特化した服装がおすすめです。ゴルフは上半身を大きく動かすスポーツなので、トップスは特にゴルフ用やスポーツ用の服だと安心です。

季節を意識した服装を

夏は汗対策をしっかり行うことが大切です。通気性が良く、汗がすぐ乾く素材のものがおすすめです。

冬は、とにかく寒いので防寒対策はしっかり行いましょう。特に練習を始めたばかりは極寒です。せっかくの楽しい練習で風邪などにならないよう保温をしてください。ただし、あまりにも動きづらいような厚手の服は知らず知らずのうちにスイングが乱れてしまう可能性もあるので、動きやすさは重要です。練習を続け体が温まってくると、冬でも汗をかきます。暖かさを調整できるよう、重ね着をするのがおすすめです。

ゴルフ打ちっぱなし練習場での靴はスニーカでOK

服装の次に気になるのは、靴ではないでしょうか?ゴルフ打ちっぱなし練習場での靴はスニーカーOKです。動きやすいもので練習をしましょう。

履き慣れた運動靴がおすすめ 

服装と同様に、運動しやすいスニーカーランニングシューズなど履き慣れた靴を用意しましょう。ツアープロやトップアマの中にも、打ちっぱなし練習場ではスニーカーを履く方もいます。土があまりにもついている靴は、練習場を汚してしまうので気をつけるべきですが、基本的には自宅から履いてきた靴のまま練習をするイメージで大丈夫です。

サンダルやヒール、革靴は避けるのが

靴にも特に決まりがないとはいえ、サンダルやヒール、滑りやすい革靴は避けるようにしましょう。下半身に力を入れてスイングをするので、脱げやすいものはNGです。ゴルフ打ちっぱなし練習場までは好きな靴を履いて行き、練習場でスニーカーなどに履き替えてもOKです。

もちろんゴルフシューズもOK

ゴルフ打ちっぱなし練習場で、ゴルフシューズを履くものもちろんOKです。実際に練習場へ行くと、車や打席付近でゴルフシューズに履き替えている方を多く見かけます。ただし、練習場によっては金属製のスパイクが付いたシューズはNGとしているところもありますので、ご注意ください。

ゴルフ打ちっぱなし練習場での持ち物

服装以外にも、ゴルフ打ちっぱなし練習場で必要なものがいくつかありますので、紹介します。

グローブは必需品

グローブは、必ず用意しましょう。グローブは手まめ対策や、滑り止めの役割があります。暑くて蒸れてしまうから素手で練習をしたり、寒いからしっかり防寒をしたいからといって分厚い手袋で練習をするなどはやめましょう。

ゴルフクラブは貸し出しアリ

多くのゴルフ打ちっぱなし練習場では、クラブの貸し出しを行っています。「ゴルフは初心者でクラブを1本も持っていない」という方もご安心ください。受付で申し出れば、対応していただけます。

汗を拭うタオルもあると安心 

ゴルフは激しいスポーツではありませんが、意外と汗をかきます。ドライバーなど大きなスイングをする場合は特に汗をかいてしまうので、冬でも忘れずにタオルを用意しておくと安心です。

大きいアクセサリーは避け、髪の毛はまとめましょう

ゴルフのスイングでは、体を大きく動かします。そのためスイングに影響がでてしまうようなもの、反動で落ちてしまう、外れてしまう心配があるものは練習場に着いたら外しましょう。髪の毛が長い方は、結んで顔にかからないようにしましょう。ゴルフは前屈みになる動作がとても多いです。髪の毛のせいで不快感を感じたり、よく見えずショットに集中できないのは勿体無いのでまとめておくのがおすすめです。

まとめ

・ゴルフ打ちっぱなし練習場での服装は動きやすく、スイングの妨げにならないものがベスト

・靴は、スニーカーでOK

グローブは必須

・ゴルフクラブは貸し出しがある

個人的には、「ゴルフだから」といって、打ちっぱなし練習場でもしっかりとした服装である必要はなく、スポーツしやすい服装で快適に練習できるのが一番だと思います。ゴルフ初心者の皆さんの参考になれば幸いです。

基本のルール・マナー・スイングなど まとめはこちら↓↓↓

\ この記事の感想を教えてください /