ゴルフ初心者必見!スライス、フックの攻略にはティの高さを変えてみよう!

ティショットの失敗の中にスライスとフックというものがあります。スライスというのは大きく右に曲がることをいい、フックは反対に大きく左にまがることをいいます。スライスとフックの悩みは初心者ゴルファーに限らずアマチュアゴルファーであれば誰しもが経験したことがある悩みではないでしょうか。ドライバーショットがスライス、フックをしてしまうとOBになる危険があります。そうなるとスコアがどんどん悪くなりラウンドが楽しくなくなってしまいます。できればスライス、フックを減らしていいティショットが打てるほうがいいですよね。この記事ではスライス、フックそれぞれの攻略方法について解説します。ティの高さがポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

スライスする原因

スライスする原因はいくつかありますが、大きな原因は2つあります。

1.アウトサイドインの軌道になってしまっている

2.フェースが開いてしまった状態でボールに当たる

ここではアウトサイドインの軌道について注目しましょう。アウトサイドインの軌道というのはどういうものでしょうか?後方から撮った写真を参考に説明していきます。

・アドレスをする

・クラブと平行にグリップを通り越して腰の先までまっすぐ線を引く(写真青い線)

・テイクバック(クラブを振り上げる)の後クラブを振り下ろす時に引いた線より外側からクラブが下りてくる(線の上側を通る/写真赤い線)

・インパクト(ボールが当たる瞬間)の時にクラブが引いた線より内側に入る(線の下側からクラブのヘッドが入る)

少し極端な写真のイメージですが、このような軌道(赤い線)をアウトサイドインの軌道といいます。身体から離れてクラブが降りてきてしまうとスライスが出てしまう原因となります。アウトサイドインの軌道はボールにカット回転がかかってしまうためです。カット回転がかかるとボールは右側にむかってブーメランのように曲がってしまうんですね。そうなるとスライスが出るということになります。

スライスを防ぐためにティを高くする

それではスライスを防ぐための簡単な方法としては何があるかを考えましょう。その1つに「ティを高くする」という簡単に変えられる方法があります。ティの高さというのはドライバーを構えた時にクラブからボールの半分が出ている状態が理想と言われています。自分のいつものティの高さを見直してみてみましょう。ボール半分が出ている状態がいつもの高さであれば、もう少しボールがクラブから出るくらいにティを高くします。その状態を維持し練習場でドライバーショットを打つ練習をします。ティが高くなると最初はテンプラをしてしまいがちですが、何度も練習をしていくうちにアッパーブローの意識が生まれスイング軌道がアウトサイドインからインサイドアウトの軌道の修正にもつながります。いきなりラウンド本番でティの高さを上げるのは危険ですのでやめましょう。練習を重ねてティの高さに慣れてきちんと当たる感触をつかむことが大切です。ティの高さを変える方法はスイングを改造するより簡単にできる方法なので一度試してみてください。

フックする原因

フックが出る原因としてはスライスとは逆になります。

インサイドアウトの軌道になりすぎてしまい、ボールに左回転がかかってしまう

インサイドアウトの軌道というのはどういうものでしょうか?

・アドレスをする

・クラブと平行にグリップを通り越して腰の先までまっすぐ線を引く(写真青い線)

・テイクバック(クラブを振り上げる)の後クラブを振り下ろす時に引いた線より内側からクラブが下りてくる(線の下側を通る/写真赤い線)

・インパクト(ボールが当たる瞬間)の時にクラブが引いた線より外側に入る(線の上側からクラブのヘッドが入る)

このような軌道をインサイドアウトの軌道といいます。インサイドアウトの軌道になると、クラブがボールに当たった時にボールに左回転がかかりやすくなってしまいます。そうなると思いっきり左に向かってボールが曲がってしまい、フックの原因となります。

フックを防ぐためにティを低くする

コースに出てフックが出てしまう場合は、練習場でティの高さをいつもより低くしてみてください。どちらかというとフックは下からあおり打つ傾向でボールが当たりがちですが、ティを低くすることで少しずつ平行にボールに当たるようになります。極端なインサイドアウトの軌道修正にも役に立ちます。ティを低くする方法はボールが上がりすぎて飛距離がでない場合にも効果的です。こちらもいきなりラウンド本番で行うことのないように、練習場でティの高さを変えてしっかり練習をしてみましょう。

ティの高さを色々変えて練習を!

スライス、フックの防止にはティの高さを変えるという簡単な方法をご紹介しました。気軽にできる修正法の一つなので練習場で少しずつ高さを変えてボールを打ってみてください。そしてスライス、フックが出ないティの高さを見つけることができたら、その高さをしっかり覚えておきましょう。ドライバーのヘッドからボールがどのくらい出ているかをしっかり覚える、ティに印をつけておくなどして、ラウンドでも同じ高さでティショットが出きるように準備をしておきましょう。ラウンドではスライス、フックを防止してOBを回避しながらスコアアップを目指しましょう!

\ この記事の感想を教えてください /