ゴルフ初心者必読!一度は行きたい海外ゴルフ!アメリカのゴルフ場ってどんな感じなの?<続編>

ゴルフ場の特徴ってコースごとにいろいろ違いますよね、でも日本とアメリカ(南部)ではどんな違いがあるでしょうか!?今回はあっと!驚きの違いをお届けできればと思います。それでは早速プレーを開始しましょう!!

あ~危ない!ボールが車に!?

写真はとあるコースです。372ヤード/パー4のコースとなります。写真手前がティーイングエリア。写真中央赤色矢印の位置がグリーンで、ほぼ直線的なコースレイアウトになっています。コース長も特に長いわけではなく、コース幅もそこそこあるので一見「簡単なコースじゃん!パー確実」と思われた方も多いかも。でも実はこのコース、写真には写っていないですが左側に片道2車線の道路を車がビュンビュン走っているのです。この道路はこのエリアの主要幹線道路です。制限速度どのくらいだと思いますか?

答えは、時速55マイル(日本の単位では、時速88キロメートル)なのです。特に高速道路(Highway)というわけではく、アメリカの主要道路ではごく一般的な制限速度です。ちなみにこちらの高速道路の制限速度は、走行区間の環境にもよりますが、65~75マイルなので、日本のキロメートル換算では、時速104~120キロになります。

さて本題に戻りますね。

もう一度写真のコース、そのティーイングエリアに立ってみてください。ティショットでドライバー握るのが少し怖く感じませんか?ティショットで大きくフックボール(右利きの場合)がでて、時速88キロで走ってくる車に打ったボールが当たったら…(冷汗)。考えただけでもゾッとします。万が一の場合は、すべて自己責任となります。

回避策として、フェアウェイ右サイドを狙うことになるのですが、もう一度写真を見てください。右側の木の陰に建物があるのおわかりでしょうか。これ一般の方の住宅なのです。後ほどこの点についても少し詳しくご紹介します。

どうでしょう?このコースの攻略、あなたならどうされますか?

そうだったのか! アメリカ (集英社文庫)

そうだったのか! アメリカ (集英社文庫)

池上彰
550円(06/26 20:00時点)
発売日: 2009/06/26
Amazonの情報を掲載しています

自宅からマイカートでクラブハウスへ直行!

この辺りではゴルフコース周辺に多くの住宅街が隣接していることはご紹介した通りです。一般の住宅街に比べ少し高価な物件が多くなります。中には億円単位の物件も多数です。

ゴルフ場周辺にわざわざ住んでいるので、ゴルフ好きが多いのは当然ですよね。住宅には自家用車のガレージはもちろんですが、それとは別にゴルフカート用のシャッター付きガレージを備えている物件も多数あります。自宅でゴルフウエアに着替え、ゴルフバックをカートに積み込み、カートに備え付けのクーラーボックスに冷たい飲み物・ビールなど入れて、好きなつまみも準備して、颯爽とゴルフコースに向かうなんてとってもうらやましい限りです。

ゴルフカートを個人で購入しようなんて、日本ではほとんど考えないと思いますが、こちらではいろんなショップがあちこちにあります。

お値段はもちろんピンキリですし、乗用車と同じく中古市場もあるようです。ちょっとネットで調べるとすぐ見つかります。詳しく調べたわけではありませんが、一般的な新車の電動カートは5,0006,000ドルで購入できるようです。

所有されている方の中には、個性的なオプションパーツなどを取り付けていたり、大音量で陽気な音楽を流しながらプレーされていたりと、単にゴルフのプレーだけでなく、ゴルフライフを楽しんでいるように感じます。日本ではプレーやスコア自体に集中しているイメージが強いですが、こちらでは、南国のゆったり陽気な環境での一レクリエーション的な楽しみ方が多いように感じます。

それでは、そろそろ本日のプレーは終了です!

いかがでしたか、日本と海外でのゴルフ環境の違い楽しんで頂けましたでしょうか?また機会があれば、宜しくお願い致します!

\ この記事の感想を教えてください /