【ゴルフ初心者必見】飛距離を出すには?気になる理由と練習方解説!

ラウンドをしていての一番の醍醐味は何でしょうか。いいスコアで回る事、ナイスショットを打つこと、スピンをかけたボールを打つことなどたくさんの魅力があります。しかし、一番の魅力は飛距離が出す事ではないでしょうか。飛距離を出せることは、ゴルフのスコアをよくする方法の1つですし、ラウンドしていても気持ちがいいものです。また、一緒にプレーする人より少しでも遠くに飛ばすことができたら優越感に浸れますよね。今回は、ゴルフで今よりも飛距離を出す方法をご紹介します。

ヘッドスピードを上げよう!

飛距離はヘッドスピードを上げることによって今よりも長くなります。では、ヘッドスピードを上げるにはどうしたらいいのでしょうか。それは、とにかくスイングをすることです。練習場でボールを打ち続けるのはお金がもったいないので、素振りをしましょう。素振りであれば、ゴルフの練習場はもちろん、自宅でもすることが出来ます。

素振りは普段皆さんが使っているゴルフクラブでも構いませんが、素振り用のバットなどを利用することもお勧めです。ゴルフクラブより重いもので素振りをしていると、普段のゴルフクラブを振る時よりも力がつき、ゴルフクラブを振った時にはヘッドスピードが速くなります。重い練習用のクラブを振った後にゴルフクラブを振るとびっくりするぐらい軽く感じることが出来ますよ。

その他には、ゴルフクラブより長いものであれば、スイングスピードを一定に振らないとスイングをしてバランスを崩してしまいます。そのため、安定したスイングを手に入れる事が出来ます。ゴルフクラブより軽いものは思いっきり振る事ができるため、早くスイングする感覚を体にしみ込ませることが出来ます。素振りをする時は、ボールがあるであろう位置より打つ方向に向けて少し先にクラブが風を切る音がするように心がけて下さいね。

ミート率を上げる!

ゴルフの飛距離を上げるためにはミート率を上げなければなりません。同じヘッドスピードでもミート率がよくなると飛距離は確実に伸びます。男性のアマチュアゴルファーより、女子プロゴルファーが飛ぶのはミート率が高いためです。ミート率とはボールの初速をヘッドスピードで割った値で、クラブの芯でボールを捉えることが出来ればミート率を上げることが出来ます。ボールをクラブの芯で捉えるためには、思いっきりスイングするのではなく、ハーフショットの練習をしましょう。9I(アイアン)で130y(ヤード)程飛ばせる方は、100yぐらいを目安に飛ばしてくださいね。

また、アイアンショットをティアップして打つのも、ミート率を上げる練習になります。普段のショートホールでティアップする高さを5cm以上高くしてスイングしましょう。ボールをクラブの芯で捉えることが出来るとナイスショットになります。しかし、綺麗にボールを捉えることが出来ないと、ティを打ってしまったり、ボールの上を打ってしまったりとミスがわかりやすいです。この時も思いっきりフルスイングするより、ハーフショットか7割ぐらいの力でスイングしてください。ロングアイアンよりショートアイアンから初めて、慣れてきてボールを綺麗にとらえる事が出来るようになったら、番手を上げていってください。ティアップして打つ練習はクラブをソールして打たないので、ゴルフコースでのフェアウェイバンカーから打つ練習になります。ミート率がよくなってくるとボールをクラブで捉えた時の打感が気持ちのいいものになってきますよ。

コースでも飛距離を出そう!

練習場ではうまくいくのに、いざコースに出るとミスばっかりしてしまうことは多くないでしょうか。ナイスショットをしたい、ミスをしたくない、飛距離を出したいと思いすぎで力んでしまってはいませんか?コースではいかに力を抜くことができるかが重要になってきます。スイングの前に気持ちが入りすぎてしまったら、深呼吸をして一度落ち着きましょう。スタンスを構えたら、一度肩に力を入れて目いっぱい肩を持ち上げます。そして肩を持ち上げたら、深呼吸と共に肩に入った力を抜いていきます。力が抜けたらすぐにスイングしましょう。普段の練習場から力を抜いてスイングする練習をしましょう。スイングまでのルーティーンに入れておくと、コースでもスムーズに出来るようになりますよ。

まとめ

今回は今より飛距離を出す方法をご紹介しました。飛距離はヘッドスピードとミート率を上げることにより、今よりも伸ばすことが出来ます。無理ないスイングをして、効率よく飛距離を伸ばしていきましょう。力の入れ過ぎは逆に飛距離を落としてしまうので、気を付けてくださいね。また、ゴルフのための筋トレや、スイングを見直すことも飛距離に繋がってきますよ。飛距離を伸ばして、一緒に回っている同伴競技者より先の位置でセカンドを打って、優雅にゴルフをしましょう。

\ この記事の感想を教えてください /