ゴルフ初心者必読!ゴルフ経験・知識ゼロの23歳初心者が谷将貴ゴルフアカデミーへ入門!?基礎から学ぶゴルフレッスン #4

さて!グリップの仕方(握り方)とアドレス(構え方)について谷コーチに教えてもらったところでようやくスタートライン。この時点でもうすでに覚えるポイントが多く、頭がパンクしそうな私ですが、振り返ってみるとグリップとアドレス、ここまでゴルフの基礎の「き」は二つだけです。ポイントは多かったけれどまとめてみると二つ、シンプルに入り口に立ったわけで、ここは踏ん張りどころ!

今回はあのダ◯いスイングをてこ入れしてもらいます!自分でいけてるじゃん!とまではいかなくても、意外とやれてるんじゃない?という想像は、前後のカメラで赤裸々に、コーチの目線で素っ裸にされます。私的には、ダ◯いスイングはちょっと恥ずかしかったのです。個室でマンツーマン、ちょっとほっとする空間です。でもダ◯い以前に自分を客観的に見るってこれまた恥ずかしいとこありますね。ゴルフっていうスポーツの入り口に立ったときにこの客観的ってあらためて大事と思った次第です。

前々回谷コーチの指導の下、動画から見えてきたのは、ものすごく動いていた頭とそれに反してガチガチに動かない下半身でした。谷コーチからの修正ポイントは、2つ。頭の位置がクラブを振る方向に引っ張られる、正面カメラから見ると左にするーっと動いてしまうことを意識してとどめること。もうひとつは、ガチガチで全く動いていない下半身に動きを与えてみようというところです。

頭が動くと何がいけないのか?下半身が動かないとダ◯い以前に何が悪いのか?谷コーチに説明してもらいながら、2つのポイントを押さえる練習法を教えてもらいます!

頭の位置が動くとどーなる??

水色の円の中にあった頭は、テークバック(クラブを後ろに引く動作)と一緒に後ろに引っ張られて動いてしまっています。ゴルフのスイングではこの頭の位置がとっても大事。頭の位置は体の軸の中心になるため、頭が動いてしまうと体の軸ごと動いてしまうということになります。せっかく基本のアドレスをとったのにボールを打つ前に軸がずれてしまうことで、スイング時に意図しないところを打ってしまったり、安定してスイングできなくなってしまいます。

たとえばこの場合、頭の半分ほど出ているのでだいたい10㎝くらいでしょうか、この10cmはそのままボールから10㎝手前をダフる(地面を打つ)可能性が高くなるということになります。なので、頭の位置を動かさないということがボールをきちんと捉えるポイントになります。

ゴルフは一番短いクラブでもバドミントンのラケットよりももう少し長く、その上クラブの先の狭いフェースでボールを打ちます。ちょっとした体の動きがボールを打つフェースの動きに大きく影響しますから、最初のうちは自由に動いてしまう体のいろいろなところに意識を持っていってください。

まずは頭の位置と動きに注目!

谷コーチ谷コーチ

ここまででグリップとアドレスも覚えたと思うので、早速どんな風に体を動かしてスイングするか、「いま」の修正をしていきたいと思います。そこで最初に!なんですが。湯浅さん。あらためて頭の位置、どうなってました?するーっと動いてましたよね…?

湯浅湯浅

は。はい…

谷コーチ谷コーチ

まず初めに頭の位置を鏡を使って直します!これが一番早いです。高価な道具とかAiとかいりません。顔がちょうど入る鏡です。

谷コーチ谷コーチ

アドレスした時の頭の位置が確認できるところに手鏡くらいのサイズの鏡をおいて、鏡から頭がはみ出ないようにずっと見ていてください。今日1日絶対に鏡から頭を出さないでくださいね?これは死守です!いいですね?絶対ですよ!!

湯浅湯浅

はいわかりました。(げげっ、これは意外とむずい、意識しないとすぐ体のどこかに引っ張られて鏡の外に頭が…)

谷コーチ谷コーチ

頭はみ出しちゃだめですよー。じゃあ今からスイングしていきますが、最初は真っ直ぐ鏡を見て、その視野の範囲内でクラブを動かしていきましょう。クラブのヘッドが膝の高さになるくらいの範囲ですね!ゴルフは習慣のスポーツなので、これを何回も行って、まずは頭が動かさない癖づけをしましょう。お箸持つとき考えないですよね、そんな風に自然にアドレスして、頭を動かさないで、すっとクラブを動かせる、そんな風になれるようにやっていきましょう!

頭の動きに関してはこちらでも紹介しています。↓↓↓

フェースをボールへ当てる時(インパクト)のイメージからかっこいい下半身を作る

谷コーチ谷コーチ

お、だんだん頭が動かなくなってきましたね。あー、動いてる動いてる、ちょっと気を抜くとまだ動きますから、忘れちゃだめですよ。頭が動かないことばっかりじゃ先に進まないので、次は!インパクトの形をイメージしながら、同時に足の動きを付け加えていきたいと思います!自然と下半身が動くようにフェースがボールに当たるインパクトのところからやってみましょう!

インパクト時はハンドファーストを意識します。ハンドファーストとはクラブより先に手が前に出るようにしてスイングすることで、自分の左側に手を押し出すイメージです。このハンドファーストで力強い球を打てるようになります。インパクトと同時に腰の回転を意識して、右足を左足に寄せます。ここではじめて下半身が動き始めました。はっとするのは、上半身も下半身も連動して自然と動くこと、上半身の動きと別に下半身だけ何か動かすっていうことじゃないってことです。 


次は手で押し出す意識をしながら、腰も自分の体の左側へ押し出す意識をすることで、力強いスイングが身に付きます。むむむ、なんとか体の動かし方の基本を教わりました。グリップして、アドレスして、気をつけるところを絞って、ゴルフしていく上での拠り所を得たような…。

谷コーチ谷コーチ

ちょっと、駆け足だったですが、どうだったですか?あ。最後に宿題です!レッスンに通っているだけじゃ絶対に上手くなりませんから。自分でレッスンを復習して繰り返し練習すること忘れないでくださいね。上達の近道はやっぱり練習と復習です。

湯浅湯浅

わかりました!宿題の内容は…

谷コーチ谷コーチ

毎日素振り5000回です!!!(キリっ)

湯浅湯浅

!!!

谷コーチ谷コーチ

…というのは嘘で、クラブのようなものがあれば握る練習、鏡を見ながら頭を動かさないで振る練習、腰を回して右足を左足へ寄せる練習、この3つをやってきてください!3つだけです。意外とやれそうでしょ?

湯浅湯浅

わっかりました!(ドキっとしたけど、それなら結構気軽にできるかも)

谷コーチ谷コーチ

闇雲にというよりも、ポイントを押さえて復習して、次回につなげることが大事です!そのポイントを自分たちコーチはうまく押さえて導いていきます。

初レッスン、あっという間だったんですが、頭の中はいっぱいいっぱい、体はまだどう動くか相談しながらで、私的にはむちゃくちゃ密度の濃い1時間半のレッスンでした!こちらの記事では書ききれていませんが、実際は反復練習でショートスイングを何回も行い、頭が動いては「動いてるー!」といわれ、足がぎこちなくて「もっとー!」といわれ…。まだまだ先が長いことがわかりました。まだまだ未熟ですが、新卒魂は弱火になっていません!まだまだ燃やしていきます!精一杯頑張ります!!

初レッスンの内容

  1. グローブ・シューズのフィッティング、各クラブの説明
  2. 初めのスイング分析、スイング軌道・ボール軌道の説明
  3. グリップの仕方(握り方)、アドレスの仕方(構え方)
  4. ショートスイングでの頭の位置の修正・下半身の動きを作る

後日譚

谷コーチに習ったレッスンの成果を試してみたく、ゴルフ練習場に行ってきました!本当のところは谷コーチにまだボールを打つな!と言われておりましたが…。内緒でやってしまいました。初日のレッスンの内容を思い出しつつ、スイングしてみると、当たる当たる!しかも真っ直ぐ飛ぶ飛ぶ!ショートスイングなので、あまり遠くには飛びませんがここまで違うのかというくらい変わりました!!

とはいえ、自分一人でここまでくることになっていたら、どんなに時間を使っただろうと思うと、短時間でポイントを押さえて、すぐにコツをつかむことができるレッスンというのは、結構破壊力があります。体験レッスンという入り口もあるので試してみるといいかもしれません!

次回はTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21の森山コーチに今回のレッスンのおさらいをしていただきます!谷コーチの宿題で、どれだけ成長できたのか乞うご期待です。

次回

 初めからみたい方はこちら

谷将貴ゴルフアカデミー21とは!?

\ この記事の感想を教えてください /