コンプレッションウェア

ゴルフのコンプレッションウェアとは?

コンプレッションウェアとは伸縮性のある素材のウェアで適度に体に圧がかかるようになっています。体に適度に圧をかけることで疲労回復を早め、ケガの予防につながるので、ゴルフだけではなく様々なスポーツにも着用されています。代表的なのは野球で着用しているインナーではないでしょうか。昔の野球のインナーは少しゆとりのあるものでしたが、今は着圧インナーでぴったりしたものを着用しているものをよく見かけるかと思います。単純に動きやすいなどの理由ではなく、疲労回復の効果やけがの予防のためにあのようなぴったりしたウェアを着用しているのです。そこで今回の記事ではコンプレッションウェアの効果や機能を解説して、ゴルフをプレイするうえで、どのような効果があるのかを解説します。現在、コンプレッションウェアを着用しようと迷っている方やどのような効果が期待できるのかを知りたい方は参考にしてください。

【コンプレッションウェア】売れ筋ランキングはこちら

コンプレッションウェアの効果

ゴルフを行う上でコンプレッションウェアを着ることでどのような効果が得られるのかを解説します。

疲労回復効果

コンプレッションウェアを着用することにより、疲労回復の効果が期待できます。運動している時はあまり自覚はないかもしれませんが、筋肉疲労や損傷がつきものです。コンプレッションウェアはそのような筋肉疲労や損傷を軽減してくれる効果があります。

そのため、ゴルフで着用する時にも疲労軽減や筋肉疲労の回復を早めてくれるので次の日への影響も低減してくれますよ。また、実際のラウンド中でも疲労が溜まる後半でもコンプレッションウェアを着用していると疲労感を減らしてくれます。

ゴルフのパフォーマンスアップ

コンプレッションウェアを着てプレイするとゴルフのおけるパフォーマンスの向上が期待できます。その理由として、コンプレッションウェアを着て運動する時に身体にどのような影響があるのかを検証した研究があります。研究の結果としては運動をしたときの酸素量などを計測したものとなります。その結果、心拍負荷などがコンプレッションウェアを着用した場合とそうでない場合に差が出ました。コンプレッションウェアを着用したほうが心拍負荷が少なかったのです。そのため、コンプレッションウェアを着て運動したほうが、心拍などの上昇を抑えることができるということです。ゴルフなどの比較的激しい動きがないというスポーツでも心拍負荷はあります。特にラウンドの後半になると疲労もたまってくる中でコンプレッションウェアを着てプレイすれば、ある程度軽減できる効果が期待できます。

ケガの防止

コンプレッションウェアを着用したほうがケガの予防にもつながります。コンプレッションウェアは適度な圧をかけて、着用しますのでテーピングで固定しているような効果があります。テーピングで固定すると可動域が運動範囲内でおさまるため、無理な動きをしようとしたときに制限をかけてくれます。それと似たような効果がコンプレッションウェアにも期待できるのです。

コンプレッションウェアの機能

次にコンプレッションウェアの機能について解説します。

体に圧をかけて意識を高める

コンプレッションウェアで体に圧をかけることにより、体の意識を運動状態に持っていくことができます。コンプレッションウェアを着ていると軽く締め付けるような感覚になります。そのため、筋肉が緊張状態のような感覚になりますので、体の意識も変わっていきます。あくまでも感覚のため、数値化されたものではありませんがスポーツにおいて感覚は非常に重要な部分かと思います。

体温や温度を調節する

ゴルフをするうえで季節やその日の天候や気温はパフォーマンスに影響を及ぼす非常に重要な要素です。体温の上昇による汗の噴出による不快感などがありますが、コンプレッションウェアであれば、温度や体温を調整する機能もついています。

コンプレッションウェアは着圧して、ぴったりしているので、一見すると暑苦しい印象を受けますが、実際は汗をよく吸って放熱する機能も備わっているので、気候や天候の影響による、汗のべたつきの不快感などを軽減してくれる効果が期待できます。ゴルフは屋外でプレイするスポーツのため、天候や気候の影響を無視することができません。しかし、コンプレッションウェアであれば、そのような天候や気候による不快感などを軽減できますので、快適にゴルフをプレイすることができます。

コンプレッションウェアのメリットデメリット

コンプレッションウェアのメリットとデメリットを紹介します。

メリットはこれまで説明した通り、ゴルフをプレイするうえでのパフォーマンスが上がることです。基本的に着用して、プレイ自体を向上させることができるのはコンプレッションウェア以外ではほとんどありません。そのため、最初にで登場した時はかなり画期的なアイテムでした。
続いてデメリットについて解説します。コンプレッションウェア自体が体を軽く締め付けるような構造になっています。サイズが合わないとかなり、窮屈で不快感が残ります。そうなるとゴルフをプレイするうえでも影響がでますので、合わないのであれば、サイズを変更するなどの処置をとる必要があります。また、締め付けるような感覚が苦手な方もいるのでそのような方は着用することを避けたほうがいいでしょう。その他の懸念要因としては生地と肌の相性があります。コンプレッションウェアの素材として、化学繊維を使用していることが多いです。そのため、もし肌に合わない方が使用すると炎症などを起こしてしまう危険性があります。また、コンプレッションウェア自体が肌に密着するようなかたちになるので肌と生地が合わないと症状を悪化させてしまう可能性があります。肌に合わないと思ったら、すぐに着用をやめることをおすすめします。

コンプレッションウェアの種類

次にコンプレッションウェアの種類について解説します。コンプレッションウェアといっても全身タイツのように身体のすべてを覆うようなかたちにはなっておらず、パーツごとに分かれています。どのようなパーツに分かれているのかを紹介します。

【コンプレッションウェア】売れ筋ランキングはこちら

トップス

トップスは上半身に着用するようなかたちになっており、主にノースリーブや半袖と長袖となっています。秋冬用に関しては筋肉が寒さで硬直することを防ぎ、動きやすい状態を作ってくれます。半袖、ノースリーブは春夏用でこちらは逆に速乾性もあり、快適に運動ができるようなかたちになっています。そのため、トップスを着用する時は季節によって使い分けするのがいいでしょう。

【スキンズ トップス】売れ筋ランキングはこちら

ボトムス

ボトムスタイプはフルレングスか太腿までを覆うタイプがあります。血管が太く通る太腿などを覆うことにより、血流をよくして保温効果やパフォーマンスをあげる効果があります。足は体の部位でも大きい部分をしめます。そのため、体温にも大きくかかわってきますので、コンプレッションウェアの効果がわかりやすい部分かと思います。秋冬用で体温の低下が心配であればフルレングスを使用すること、春夏は気温も高いので太腿を覆うくらいのコンプレッションウェアを着用するといいでしょう。

【スキンズ ボトムス】売れ筋ランキングはこちら

ゴルフ初心者はコンプレッションウェアでパフォーマンスをあげよう

ゴルフでコンプレッションウェアを着ることでパフォーマンスが上がり疲労回復の効果が得られるのは非常にメリットが大きいです。特にゴルフ初心者の方は慣れるまで疲労などがたまり、普段使わない筋肉を使うので筋肉痛になることもあるかと思います。そんな時にコンプレッションウェアを着ることで疲労などを軽減でき、ゴルフのパフォーマンスも向上することができます。ゴルフ初心者の時こそコンプレッションウェアを着たほうがいいです。最初のうちの慣れない疲労感もゴルフのコンプレッションウェアを着ることで防ぐことができて、それにより回数も多く練習ができます。ぜひ、上達してから着ようと考えるのではなく、ゴルフ初心者のうちに着用することをおすすめします。

【コンプレッションウェア】売れ筋ランキングはこちら

\ この記事の感想を教えてください /