ゴルフ初心者必読!ゴルフ経験・知識ゼロの23歳初心者が谷将貴ゴルフアカデミーへ入門!?基礎から学ぶゴルフレッスン #7

前回スリークォーター、4分の3という自分の感覚だとほぼほぼフルスイングのような振りを教えてもらった私。初心者としてはもう十分なスイングを身につけたと言ってもいいのかもしれませんが、しっかり極めたい!が私の性格。前も言いましたが中途半端は嫌いなのです。かっこいいスイングのためにはフルスイングの形を覚えることは必須!スリークォーターの先にあとどれくらいの道があるのか!?今日はかっこいいスイングが身につけられると思い、普段よりもワクワクしながら、御成門駅の地上への長い階段を登ります。(御成門の階段結構きつい。)

前々回に続き、前回も意外や意外、わりと褒められてしまった私。初めてまだ1ヶ月ですが、森山コーチ、垣花コーチは形だけはちゃんとゴルフになっていると言ってくれました。今回も褒めてもらえるかな?なんて考えながら、レッスンに臨みます。

今回お世話になるコーチ


今回、お世話になるのはTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21の木村誠コーチ。12歳からゴルフを始め、高校はツアープロを多く輩出する強豪校に。海外の留学を経て、帰国後はゴルフ場に所属し、ツアープロを目指します。2008年から谷コーチとともにレッスン活動を開始し、ジュニアゴルファーの指導にも力を注いでいます。

今回は木村コーチの教えのもとスリークォーターからフルスイングへの道筋を教えてもらおうと思います!

木村コーチ木村コーチ

こんにちは。今日はよろしくお願いします。どうですかゴルフ、っていうかスイング、形になってきてます??

湯浅湯浅

んー。どうでしょう。ボールには結構当たると思うんでけど…、まだぎこちないような感じです。ですが、今日はフルスイングまでいけたらと思ってます。どうでしょう?

木村コーチ木村コーチ

そうだな〜。フルスイングどうかなー。(ニヒルな木村コーチ)

木村コーチによるとフルスイングはフォームも綺麗に見えるが、手首が動いたり腕が曲がったりする動作がスリークォーターから加わってくるためそこまでのスイングに比べ難しくなるそう。その上、スリークォーターのスイングとフルスイングの力の伝わり方は10%くらいしか変わらないとのこと。


木村コーチ木村コーチ

実際、スリークォーターで100切った方もいらっしゃいますし。まずはスリークォーターでいろいろ進めていくのがいいんじゃないですかね。

湯浅湯浅

いや。でも…フルに振り切ってびしっとかっこいいスイングが目標なのでやらせてください!

木村コーチ木村コーチ

そこにいきたいわけですか…、わかりましたっ!じゃあ一度今まで身に付けてきたスイングを見せてください!

スイングで新たな問題が。

木村コーチ木村コーチ

では何回か打ってみてください。

湯浅湯浅

わかりました。・ ・ ・ (コツッ。 ゴン! コツッ。)あれ全然当たらない…、ボールが上がらない。(汗)

木村コーチ木村コーチ

んー。湯浅さんなんか上の当たり多くないっすか??トップするともいうんですけど、ボールの上部にクラブが当たってますね。多分体が全然ひねれてないんすよ。足に意識が行きすぎて、上のスイングが疎かになってます。しかも足の動きもまだぎこちないですね。

前回も垣花コーチに一方に意識が行きすぎてもう一方が疎かになっていると言われていました。スイングの上半身に意識が行きすぎて、下半身、足の動きが疎かになっていたのです。しかし今度は足に意識が行きすぎて、上半身が疎かになってスイングを乱しているという完全な本末転倒ぶり。このままだと永遠といったりきたり、ここで立ち止まってしまう事態になりかねません。

木村コーチ木村コーチ

これはだめですね、まだだめですよ。と言いうことで今回はスイングの改善にしましょう。(淡々と)

湯浅湯浅

(ガガーン)はい…わかりました。orz

フルスイングならず!!でしたが、ここがレッスンの良いところ。自分の立ち位置がわからなくなってしまっても、そこからちゃんと戻してくれます。自主練でついてしまった変な癖も、すぐに改善してくれる、とても頼れるコーチ陣!通っててよかった!!ほんとよかった。

スライスの改善 体を腰からきちんと回してみる

木村コーチ「まず体が全然回ってないかな。谷コーチにも言われたと思うんだけど、手だけでテークバックに入っているので、体をちゃんと使ってスイングする意識をしてみましょう。」

実際に体を回したスイングとそうでないスイングを比較してみることに

こちらの写真はTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21にあるスイングの詳細を測れる機械です。ボールの初速、ヘッドスピード、またそれらを割って計算したミート率、推定の飛距離(このあたりはまた別の機会に説明できると思います)がこのように簡単に見ることができます。またコマ送りで自分のスイングも見ることができて、一目で改善箇所がわかる優れもの!

今回こちらを見てみると明らかにクラブの位置が違います。線を引っ張ってみて…。これは体が回っているかどうかの違いで、画面の右は手だけでテークバックしてしまい体がついてこない状態でクラブが立っています。今まで習ったことをおさらいすると、このまま振った場合、アウトサイドイン軌道(詳細はこちら)のスイングになりスライス気味のボールが多くなります。実際、画面右の振りの時はスライスかトップしていました。スライスはアウトサイドインの軌道のため。ではトップはどう改善するのでしょうか。

トップの改善 近づいてみる

木村コーチ木村コーチ

湯浅さんなんかスタンスが遠くないですか??もう少し近寄ってみてもいいと思いますよ。

意外に分からないのが、ボールと足との距離。私の場合、ボールと足が遠く打つ時になんとかボールにクラブを届かせようと無意識に腕を伸ばして当てに行っているそう。一概には言えませんが、よくトップする人はもう少し近づいてみては??

構えた時、リラックスして腕を垂らしたところでグリップを握るのがベストなので、その時にボールとの位置を調節してみましょう!

トップする場合はこの練習をしてみましょう。

こちらは打ちっぱなしなどでもよく見かける、ゴムでできたティー。打ちっぱなしだと高さが調節できたりします。このティーの高さを低めに設定し、これを音が出るように当ててスイングします。

ぴしっ、ぴしっ、すかっ、あ!

音が鳴らなかったり、ヘッドが違うところをすって音が出ていたら、素振りをやり直してみます。

体を回すこととボールとの距離を適切に保つことで、スムーズなスイングとボールへのインパクトは少し改善しましたが、まだ足の動きがぎこちない状態。そこで木村コーチはある改善法を提案してくれます。

アドレス改善 腰を入れる

木村コーチ木村コーチ

湯浅さん、ぶっちゃけて言うと、そのアドレスからちょっとだめですね。だめ、かっこわるい。たぶんこれまでのこと、いろいろ忘れちゃってる。前傾も立ってるし、腰が入ってないのでさっき言った、体を回しづらい状態です。これが今の湯浅さんのアドレス。


湯浅湯浅

な、なんかしまりがない…。


木村コーチ木村コーチ

こっちが腰の入ったお手本のアドレスです。確かにゴルフは体で覚えないと忘れちゃいますからね。以前よりもうちょっと、前傾の姿勢をとって、腰というかおしりをつんっと上にあげるような形で体重がつま先に来るようにしてみて下さい。

湯浅湯浅

あ。全然違う…。きちんと谷コーチのレッスンを頭に入れていたつもりが、いつの間にかどんどん変化しちゃってたんですね。

ゴルフは理屈のスポーツ。アドレスが変われば、スイングが変わる。スイングが変われば、ボールの軌道が変わる。うんやっぱゴルフって奥深い。考えれば考えるほどのめりこめるこれほどのスポーツは他にないと思います。そして最後に指摘された部分が湯浅を変えました。

スタンス改善 劇的ビフォーアフター

木村コーチ木村コーチ

あと湯浅さんスタンスが狭すぎませんか?肩幅より狭いくらいが7番アイアンだとちょうどいいと言われていますが、湯浅さんはそれよりさらに狭いですよ。そのせいでフォロースイングの時に右足が窮屈になって、動かしにくく、それでもって足に意識が行くもんだから、スイングが疎かになる。こう言った悪循環になっていると思います。ちょっと試してみてください。


湯浅湯浅

え!!断然足が動かしやすいです!

スタンスの改善により、足が動かしやすくなったことで、スイング時に体と連動して自然に足が動くようになりました。腰も入れやすくなり、それによって体を回す動作もスムーズになり、初めのぎこちなさがなくなるという、まさに芋づる式にフォームがかっこいいに変わっていきました!っていうかここまでもよいスイングを教えてもらっているのに、ちょっとしたことで変わってしまう。自分を客観的に見る目、コーチやカメラの存在が心強く感じる瞬間です。

木村コーチ木村コーチ

だいぶよくなりましたね!じゃあ最後に3球ボールを打ってみましょう。3球ですよ!

1球目

2球目

3球目

面白いくらいにスイングが変わった私は、自分の打った球に呆然。距離は意識しなくていいということだったので、ちゃんと今日まで習ったことをきっちりやるようにしてみました!いままで聞いたことのない音、ガチャッ!と分厚い音がします!同時にグリップに伝わる感触も今まで感じていた薄いものではなく、しっかりと手応えのあるものになりました!そして、この弾道!ちょっと写真がないのが申し訳ないのですが、今までの弱々しかった球が力強く軌道を描いています。さらに当てようとするより、正しいスイングをしたら当たっちゃうと言う感覚!なんとも言い難い感覚でした。

湯浅湯浅

本当にいい経験でした!ありがとうございました。またよろしくお願い致します。

木村コーチ木村コーチ

いやぁ。湯浅くんにはビシバシ行った方が伸びるかもね!これからも頑張ってください!お疲れ様でした。(ニヤリ)

今回はいままでで一番の壁にぶつかった感覚が強かった一方で、初めて力強い音を出して打てた感覚の両方味わうことができたレッスンでした。#1のカルテで胸をなで下ろした時と同じようにほっとしています。ともかく、1日で克服できてよかった!次回はようやくフルスイングかな?と考えるまだまだお調子者な湯浅でした。

次回は、「ボールもきちんと打てる真にかっこいいスイングを身につけた湯浅。ようやくフルスイングへ!」かっこいいの最終ラウンドに入ります。乞うご期待です。

次回


谷将貴ゴルフアカデミー21とは!?

\ この記事の感想を教えてください /