ゴルフ上達には練習器具を活用するべき!ゴルフ初心者におすすめ器具を紹介!

皆さんはゴルフ練習をどのように工夫をされていますか?効率よく上達するには練習器具を活用するのも一つの手だと思います。当記事では、練習器具を活用した方が良い理由を説明した後に、おすすめのゴルフ練習器具を紹介しています。

ゴルファーは練習器具を積極的に活用するべきである

ゴルフの練習器具には大きく分けると「フォームの矯正器具」と「練習設備」の二つに分かれます。ゴルフは「再現性のスポーツ」と言われており、無駄の少ないフォームをいかに高い再現性で行うかが重要です。しかし練習する中で、自分のフォームの無駄はどこにあるかを知り、その無駄を排除することは中々困難です。練習器具を活用すると、自分のスイングを無駄のないフォームに矯正することができ、それを反復して行うことにより体が覚え、上達に繋がります。また、練習設備がない自宅での練習は、素振り、筋力トレーニングや体幹トレーニング等が主となります。一方で、練習設備が整っていると、ショットやパッティングなどの様々なトレーニングが可能となり、練習場へ行かずとも自宅で十分な練習が可能となるのです。

それでは、練習器具にはどのような種類があるのでしょうか。

スイング練習機

最初におすすめする練習器具は、スイング練習器です。

スイング練習機の特徴・メリット

スイング練習器を活用することにより、ヘッドスピードの上昇し飛距離アップが期待できます。また、体全体を使った正しいフォームを身に付けることができるため、自宅での素振りをスイング練習器に変えるだけでも練習の質が大きく変わります。スイング練習器と言っても様々な種類があります。自分のスイングの癖や練習環境によって、自分に合うスイング練習器を選びましょう。

【 elite grips 】1SPEED ホワイト

スイングの最中、ゴルフクラブは常時「しなり」を出していて、その「しなり」は切り返しの時に最も大きくなります。「しなり」を感じ取り、理想的な「タメ」を作ることにより、ヘッドスピードが上昇し、飛距離アップに繋がります。この1SPEEDシリーズは飛距離アップに大切な「しなり」を強く感じることができる構造です。「しなり」の感覚をつかんで飛距離アップをしたいという人におすすめです。また、当シリーズのホワイトは30.25インチという短さから、室内での練習に向いています。「ゴルフ中継を見ていたら急にクラブを振りたくなった」という経験がある人は非常に多いでしょう。これがあれば、ふとした時にでも、スイングの感覚を掴むトレーニングが可能となります。

【 elite grips 】 1SPEED Heavy Hitter クリアブルー

この、「1SPEED Heavy Hitter」のシリーズは、先ほどの「1SPEED」シリーズよりも重い作りになっています。ご紹介しているクリアブルーは約45インチ、610グラムの作りとなっており、これはドライバーとほぼ同じ長さで、およそ倍の重量です。上気しているホワイトより長さがあるため、より大きな「しなり」を感じることができます。また、重い作りとなっているため、腕だけで振ることは難しく、体全体を使ったスイングを意識することができます。これにより、ヘッドスピードの上昇による飛距離アップに加えて、手打ち改善の効果も期待できます。また、女性やヘッドスピードに自信がない人は同シリーズでも重量が比較的軽い、クリアレッドを使うこともおすすめです。

【 Momentus Sports 】スイングトレーナー

人によっては大きな癖が出て、ボールの軌道に直結する要因として「グリップ」があります。こちらはグリップ形状が形作られており、正しいグリップが身に付きます。また、7番アイアンより若干短い長さで、約1.2キログラムという重量が特徴で、体全体を使って、どのようにしてスイングを行うかが身に付きます。この重量感から一日短時間の練習で、体の軸を意識した安定したスイングを身に付けることができるでしょう。

スイングトレーニングベルト

次におすすめするのはスイングトレーニングベルトです。

スイングトレーニングベルトの特徴・メリット

スイングトレーニングベルトによって自分の体の動きを強く制限することにより、スイング中の無駄な部分を矯正することができます。練習場でボールを打ちながらも使えるので、ただ打つだけ、ただ素振りをするだけよりも、実のある練習が可能となります。最初はスイングが窮屈に感じますが、自分のスイングにはこれだけ無駄があったという理解にも繋がるでしょう。

【Daisybee】スイング矯正ベルト

「スイングする時は、体と腕を結んだ三角形を崩してはいけない」と言われたことはありませんか。上記の三角形の崩れ方で多いのは、「テイクバックの際に右肘が開く」もしくは、「フォロースルーの際に左肘が開く」です。(右打ちの場合)この二つはどちらもスライスの原因の一つであり、肘の開きがなくなることによって、スライスが改善される例もあります。しかし、自分で肘の開きを意識しても中々直すことが難しいです。当器具を使うと体と腕を結んだ三角形が崩れにくくなります。最初は非常に窮屈に感じますが、腕を固定した状態でスイングを続けると、肘が開かなくなり、スムーズなボディーターンでスイングができるようになるでしょう。

【Keenso】腕矯正ベルト

スイング上の良くない動作の一つとして、「バックスイングの際に左肘が曲がる」(右打ちの場合)という動きがあります。この動きが起こることにより、トップの位置が定まらないことや、インパクト時に曲がっている腕を伸ばすという新たな動作が必要となります。この、腕矯正ベルトを着けると、肘が曲がった際に「カチッ」と音が鳴ります。自分では曲がっていないと思っていても、腕矯正ベルトを身に付けていれば曲がっていることに気付くことができます。左肘が曲がってしまうフォームを矯正したい方にはぴったりの練習器具です。

パターマット

自宅の練習設備の代表の一つとして、パターマットがあります。

パターマットの特徴・メリット

基本的に、ゴルフで一番多く使うクラブはパターです。250ヤードのドライバーショットも1メートルのパットであっても、同じ一打であるゴルフにおいて、パターの上達はスコアメイクに直結します。しかし、「パターの練習はラウンドのスタート前しか行っていない」という人も多いです。その様な人が多い中、自宅でパターを練習できることは大きなメリットと、アドバンテージとなります。

【Smaly】返球機能付き パターマット

このパターマットには大小二つのカップが搭載されており、大きい方のカップで直径8.5センチの大きさとなっています。一方で実際のゴルフのカップは、10.8センチとなっており、このマットのカップよりも大きいです。そのため、このパターマットのカップの大きさで慣れておけば、本番でカップが大きく見え、リラックスしてストロークを行うことができます。また、ガイドラインもついているため真っすぐなストロークを覚えやすく、3メートルの距離のパッティングを安定して行えれば、非常に自信を持ってラウンドできるでしょう。

【パターマット工房PROゴルフショップ】スーパーベント パターマット

このパターマットの最大の特徴はベント芝を再現した質感です。また、巡目と逆目がそれぞれ設計されており、微妙なタッチの違いまで練習が可能となっています。質感以外の構造は非常にシンプルなものになっており、本番をイメージしたパッティングの練習を行いたい人におすすめです。

ゴルフネット

自宅にゴルフネットを設置することも非常におすすめです。

H3ゴルフネットの特徴・メリット

練習場に行く時間はないけれど、ボールを打つ練習をしたいという人は多いのではないでしょうか。ゴルフネットを買うと、自宅でのショットやアプローチの練習が可能となり、物理的な練習時間をより多くとることができます。また、自宅の庭などにネットを設置する大きな空間がなくとも、室内で練習ができるものもあるため、自分の環境に合ったネットを選びましょう。

【Spornia】ゴルフネット

こちらは自宅の庭に置けるのはもちろん、床が傷つきにくい設計となっているため、自宅内にも置くことができる、サイズ感及び設計になっています。また、設置も非常に簡単に行うことができるため、使う時だけ設置して、普段は片付けておくことも可能です。更に、打ったボールが元の位置へ戻ってくるようにもできるため、一球だけで練習ができ、ボール拾いの手間もかかりません。打ったボールがネットから強く跳ね返ってこないようになっているので安全性も高く、非常におすすめです。

【DAIYA】ベタピンアプローチ

自宅に大きいネットを置くことができない方には、コンパクトなこちらがお勧めです。アプローチ専用のネットで、室内での練習ができるものとなっています。このネットと、小さな練習マットを準備するだけで、自宅が練習場になります。ゴルフはショートゲームが占める割合が非常高いので、自宅でアプローチを練習できるのは非常に大きいです。

まとめ

練習器具を使うことにより自宅での練習がより効果的になり、練習場でも更に実のある練習が可能となります。自分で意識しても中々矯正できないフォームが練習器具を使うことにより改善されやすくなるため、皆さん是非使ってみてください。

\ この記事の感想を教えてください /