【ゴルフ初心者必見】夏本番!ゴルフをプレイするためにオススメの水筒10選

夏の暑い日にゴルフをする際には、熱中症対策のためにも水分補給は重要となります。しかし、自動販売機などで販売されている飲料水は最大でもペットボトルの「500ml~600ml」が一般的で、ほとんどの方はそれだけでは足りないでしょう。

その際に便利なアイテムが水筒で、夏場だけではなく冬にも重宝しますよ。ゴルフ初心者は、特に最初のうちはラウンドにも慣れていないので、夏場の暑さもプラスされて体力が通常よりも消耗します。今回は夏本番にゴルフをプレイするためのオススメの水筒について紹介していきます。

ゴルフ初心者にオススメする水筒 デザイン・サイズ

夏場の暑い日にラウンドを周回する際には、熱中症対策には欠かせない水分補給が重要となります。多くのゴルフ経験者の方は水筒を持参し、水分補給をしています。

こちらでは、ゴルフ初心者にオススメの水筒、「サイズ」・「容量」について紹介していきます。

パール金属 水筒 ダイレクトボトル1500

このパール金属の水筒 ダイレクトボトル1500は、商品名にもなっているように容量が1.5Lあるため、ラウンドを周回するにはオススメの水筒です。簡単に飲み口を開けて直接水分を摂取することが出来るので、使いやすい点が初心者にはオススメのポイントとなっています。

水筒の配色は「ピンク・ブラック」・「ブルー・ピンク」となっていて、ゴルフのイメージに合っているデザインです。

真空断熱構造の水筒!!和平フレイズ ダイレクトボトル

和平フレイズから販売されている水筒は真空断熱構造になっているため、丈夫で保冷機能に優れています。

サイズは「0.6L」・「1.0L」・「1.45L」と選択の幅が広く、ゴルフ初心者には容量的に1.0Lか1.45Lのサイズがオススメです。夏場にラウンドする場合には1.45Lの購入をオススメします。

カラーは「ブラック」・「ブルー」・「レッド」の3種類となっているので、所持しているゴルフ用品やウェアなどに合わせると良いでしょう。

大容量の水筒、アイリスオーヤマ スポーツジャグ

アイリスオーヤマの水筒は「1.5L」.「2.0L」と大容量なので、スポーツをする際には最適な水筒です。サイズは1.5Lで「幅13.3×奥行10.2×高さ32.5cm」、2.0Lで「幅14.3×奥行13.3×高さ32.9cm」で、どちらもカバー込みサイズとなっています。大容量だとその分価格も高めに設定しているのでは?と思いますが、そのような心配はありません。また、1.5Lや2.0Lのような容量は必要ないという方には1.0Lのサイズもあるので、自身に合うサイズを選ぶことが出来ます。

サーモスの真空断熱スポーツボトル FJC-1000

サーモスのスポーツボトル FJC-1000は、滑りにくいボディリングが付いているため握りやすい作りになっています。サイズは「1.0L」の1種類しかないため、スポーツボトルFJC-1000を購入する際に悩むポイントはカラーになります。

水筒の配色は落ち着いた雰囲気の「ブラックブルー」と、明るいイメージの「チャコールピンク」の2種類から選ぶことが出来ます。ゴルフを始めたての初心者は他の商品にも目移りしてしまうので、種類が少ないサーモスのFJC-1000はオススメです。

安心の大手メーカー!!タイガー魔法瓶 ステンレスボトル MME-F150

家電製品で有名なタイガーが販売していて、汚れやニオイが付きにくい「スーパークリーン加工」が施されています。サイズは「1.0L」・「1.2L」・「1.5L」と3パターンありますが、夏の気温が高い日に使用する場合は、1.2Lか1.5Lが良いでしょう。

配色は落ち着いたものが多く、「ブラック」・「ネイビー」・「ブルー」の3種類の中から選ぶことが出来ます。有名なメーカーの商品だからこそ、知識の浅いゴルフ初心者も安心して使用できる水筒です。

ゴルフ初心者にオススメする水筒 機能性

水筒を選ぶ際に注目するポイントは、「保冷効果」・「飲みやすさ」・「開口部の大きさ」などが挙げられます。特に保冷効果は必須と言っていいほど重要な機能となっているため、水筒を購入する際には保冷機能を重視して検討すると良いでしょう。

それでは、ゴルフ初心者にオススメの水筒の機能について紹介していきます。

塩分によるサビに強い!象印のステンレスクールボトル TUFF/SD-FB15

ステンレス製は塩分によるサビに弱いため、直接触れるとサビやすいといった短所がありますが、ステンレスクールボトル TUFF/SD-FB15は2倍のフッ素コートが塩分から守る働きをするので、サビに強い水筒になっています。飲み口を斜めにカットしていることによって飲みやすい設計となっていて、空気の通り道であるエアーベントを塞がないことでスムーズに飲むことが出来ます。

その他にもステンレスの魔法瓶よって高い保冷効果があり、4℃の冷水が6時間経過しても7℃以下でキープしているため、長時間経過しても冷水を飲むことが可能です。

サーモスの大容量水筒、真空断熱スポーツジャグ

サーモスの真空断熱スポーツジャグは「2.0L」・「2.5L」・「3.0L」と大容量のため、中身を補充する手間を省くことが出来ます。真空断熱構造なので保冷効果も高く、大容量なのに9℃以下を長時間キープ出来る仕様になっています。

大きな氷が入るワイドな口径となっているので、氷を入れることによってさらに保冷効果を高めることも可能です。真空断熱スポーツジャグには、冷水だけではなくスポーツ飲料も入れることが出来ます。また水筒にはハンドルが付いているので、簡単に持ち運ぶことが出来る点も魅力的な機能の1つです。

軽量で持ち運びがラクなタイガーの魔法瓶、ステンレスボトルMCZ-A080A

ステンレスボトルMCZ-A080Aは独自の加工で、極限まで魔法瓶の内側を薄く加工することによって軽量化を実現し、それぞれ「600ml約290g」・「800ml約320g」の重量となっています。真空断熱の2重構造によって保冷だけではなく保温効果にも優れているので、夏場の気温が高い日だけではなく、冬場の寒い日にも温かい飲み物の温度をキープすることが可能です。

飲み物の温度によって結露や水筒が高温になる心配はないので、安心して使用できます。飲み口の取り外しが可能となっていて簡単に洗浄することが出来るので、使いやすい水筒を探している人にはオススメです。

象印のステンレスクールボトル TUFF/SD-BX20

ステンレスクールボトルTUFF/SD-BX20はミズノモデルとなっていて、ミズノのマークとロゴが入っているオシャレな水筒です。この水筒は「飲みやすい」・「サビにくい」・「高い保冷効果」の3つが備わっており、非常にオススメの水筒となっています。また、パソコンの保護ケースなどに使われている衝撃を吸収する素材「EVA」をポーチの全面に使用しているので衝撃に強く丈夫です。

キャップをオープンする時に水滴が飛び散ることがよくありますが、飛び散り抑制機構を採用することによってキャップをオープンした際の水滴が飛び散りにくい構造にしています。

サーモスの人気の水筒、真空断熱スポーツボトル FHT-1001F BKOR

サーモスの水筒の中でも人気が高い「真空断熱スポーツボトル FHT-1001F BKOR」は、デザインや重量、氷の入れやすさなどに定評があります。大きな氷をそのまま入れることが出来ることによって、高い保冷効果を発揮します。ロックリングの配色がツートンカラーになっているので、ロックの状態の確認がしやすく、ワンタッチで簡単にオープンすることが出来ます。

サイズは「0.8L」・「1.0L」・「1.5L」とありますが、この水筒は1.0Lが扱いやすいため、購入の検討をされている方には1.0Lのサイズを推奨します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は夏場でゴルフをプレイするためのオススメの水筒を「デザイン・サイズ5選」・「機能5選」に分けて紹介しました。機能の紹介については保冷効果に重点を置いて紹介しましたが、自身の水分摂取量を考えるとサイズで水筒を選ぶ方法もあります。

ゴルフ初心者の方はアイテムを揃える際に中々決めることが出来ないかもしれませんが、そのような場合は高額なものは購入しないで、比較的安価なアイテムで試していくといいかもしれません。

あなたにオススメの記事

\ この記事の感想を教えてください /