【ゴルフ初心者必見】雨の季節対策 オススメなキャップやハットについて解説!

雨の日は嫌な気分になる人が多いでしょう。快晴の天気の下で楽しむのはスポーツをする者にとって最適な環境となります。天候に左右されるのも屋外でのスポーツの醍醐味かもしれませんが、あまりいい気分はしないでしょう。

今回は初心者にオススメな雨具について詳しく紹介していきます。

【Amazon】帽子(メンズ)売れ筋ランキングはこちら
【Amazon】帽子(レディース)売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】帽子(メンズ)売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】帽子(レディース)売れ筋ランキングはこちら

キャップとハットの違いとは?

雨の中という言葉を見るだけで憂鬱な気分にさせられるものですが、初心者の方にとっては、ただでさえ雨という悪条件が重なるのでまともにスイングをすることも難しいでしょう。

そのような場合に雨の被害を防ぐのが雨具となっていますが、今回紹介するのは「キャップ」と「ハット」の違いについてです。まずは形状の違いから紹介していきますが、キャップというのは野球帽のように前面につばが付いている帽子をイメージしてください。形状は野球帽と同じようになっているのですが、耐水性や透湿性に優れているのが特徴的です。ただし、多少の雨の場合はハットのほうが全体をカバーすることが出来ます。カバー範囲を取るか、特化したつばを取るかの2択なので、どちらでも好きな方を選ぶと良いでしょう。状況によってはキャップもハットも利点があるので使い分けるのがポイントです。

万能型ならハット、前方の雨を防ぎたい場合はキャップがオススメ

女性の方やメガネを掛けている方の場合は、横からの雨や前からの雨が気になるという方も多いと思われます。そのような場合には、雨や雫を全体的に保護するハットがおすすめとなっていて、前方からの雨を防いで視界を確保したいという方の場合はキャップがオススメです。両耳や首下への雨滴が垂れにくいのが特徴的です。

キャップに関しては、前方からの雨を防いでくれるのがポイントですが、両耳や首下への雨滴は防ぐことが出来ません。しかし、前方からの雨に関しては広く防ぐことが出来るために、前方の視界を確保したり、グリーンの芝目を読んだりする場合にはアイテムを選んだほうが良いでしょう。つばの部分が吸水性を高めるのも多いので、雨滴が垂れてくることも少なくなっています。

状況によって用途が異なりますので自分が求めているものに合わせて使用すると良いでしょう。どちらを選んでも良い点と悪い点があるので、自分のプレイスタイルに合わせて選択するのが良いとされています。選ぶことが出来ない場合はゴルフショップの店員に相談してみるのもいいですよ。通販などで購入する場合は注意が必要になるので、コーチや先輩に相談をしてから買うと良いでしょう。

突発的な雨の被害を防ぐために雨具はバッグに入れておこう!

ゴルフが屋外で行われるスポーツである以上、突発的な雨に見舞われることは非常に多いです。夕立やにわか雨などの雨に遭遇するとプレイを続行するのが難しくなり、女性の場合は雨に濡れることよりも泥汚れやメイクが落ちることを気にする方も多くなっています。

せっかくのゴルフなので雨やトラブルで中断するのは非常にもったいないので、雨などの被害を未然に防がなければいけません。雨対策にオススメなグッズとしては色々あります。

バッグの中に入れておくと、突発的な雨に見舞われた際にも快適にプレイすることが可能です。これらの雨対策グッズを選ぶ際のポイントとしては、デザイン性が気になるという方も多いかもしれませんが、重要なのは機能性です。身体を動かすときや、視界を確保する際に邪魔となるグッズで身を固めるとマイナス要素にしかなりません。

そのため、自分の身体に合わせて耐水性や撥水性の高いアイテムを選ぶことが初心者へのアドバイスとなります。上級者の場合は、既に対策について知っていると思われますので、自分のスタイルに合ったレイングッズを選ぶようにすると良いでしょう。天気予報で快晴でも、現地は雨が降ることもあるために注意が必要です。そのため、対策については怠らないほうが良いでしょう。

雨具を使用するときは周りの環境に配慮しよう

ゴルフは紳士のスポーツだと言われています。これは、紳士・淑女しかプレイできないというものではなく、ゴルフというスポーツはスポーツとしては珍しく、審判や監視員などが存在しないスポーツです。

そのため、プレイヤーの良心に全ての決定権があると言っても過言ではありませんので、プレイヤー同士で厳格にルールやマナーを守る必要があります。逆に言えば、ルールやマナーを守ることが出来ない人はテクニックや知識がどれほど優れていてもプレイする資格はありません。

一般的なスポーツでは、その程度の規則はスルーされることも多いかもしれませんが、服装やマナーに厳しくなっているので、クラブハウス内で雨具を着用するのは重大なマナー違反となります。

どのタイミングで着用すればいいの?

それでは、どのタイミングで雨具を着用すれば良いのかということについてですが、こちらは原則として「コースがスタートする直前」となっています。スタートする直前だと着替える余裕がないという方も多いと思われます。プレイ終了後に同じくロッカールームで着替えると問題ありません。

重要なのは「クラブハウス内で雨具を着用しない」ということなので、その場合はプレイの邪魔にならない場所で身につけるようにしてください。最近のレイングッズは小さく折り畳める形状なものも多いので、ゴルフバッグに入れて持ち歩けば急な雨にも対応出来ます。ゴルフの雨は憂鬱になるが、悪いことばかりでもありません。

自然の雰囲気を堪能するには晴れた日ばかりではなく、雨の中でプレイすることで掴めます。自然が創り給うたスポーツと呼ばれるように、自然のまま楽しむのが自身の遊び方でしょう。プレイスタイルは人によって異なりますが、まずは自分が楽しむことが大切なので、その点を重要視してください。

堅苦しく考えなくてもスポーツは楽しむことが大事です。確かにルールやマナーが厳しいですが、特別なことではなく、どのようなスポーツでもルールやマナーは大切です。

まとめ

今回は、初心者にオススメなキャップやハットについて紹介しました。

他のスポーツだと雨が降ってきた時の対処のやり方などで注意されることも少ないかもしれませんが、ゴルフはルールやマナーが厳格なスポーツの一つなので、その辺りの対処にも気をつけなければいけません。

しかし、難しく考える必要は無く、知識として身に着けていれば何の問題ありませんので、気軽に楽しむようにしてください。スコアや飛距離が気になる方も多いかもしれませんが、まずは自分自身が楽しむことが最優先です。

【Amazon】帽子(メンズ)売れ筋ランキングはこちら
【Amazon】帽子(レディース)売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】帽子(メンズ)売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】帽子(レディース)売れ筋ランキングはこちら

\ この記事の感想を教えてください /