ゴルフラウンド中にお勧め!小腹が空いたら!?プロもやっている「もぐもぐタイム」食べたい!【おやつ・お菓子10選】

いざ、コースデビュー!とその前に、ラウンドするのはどのくらい時間がかかるか知っていますか?18ホール回るのに初心者は5時間程度かかることも。仮に、ハーフの9ホールだとしても2時間ちょっと。そうなると、長時間のプレーで集中力が切れたり、疲れてミスが出たりします。いくら体調万全でラウンドに挑んでも、運動をしているので小腹も空いてくる…。そんなとき、ちょっとしたおやつがあると、お腹を満たす事ができてプレーの集中力も回復できたりします。また、仲間におやつをシェアしたりと、コミュニケーションツールにも早変わり。そんな、ラウンド中にもってこいなおやつを10種類を紹介します。

ラウンド中に食べたいおやつ10選

ナッツ

ナッツはつまみやすく、ラウンド中も手軽に楽しめるおやつのひとつです。男女関係なく人気なうえ、栄養面も優秀。アーモンドはたんぱく質、ビタミンE、食物繊維が豊富で、食物繊維はなんとキャベツの5倍も含まれているのです!血液をサラサラにするオレイン酸も含まれていて、驚くほど高い栄養価です。
女性は美肌などの美容目的、男性は中性脂肪や高血圧予防とうれしい効果が沢山のナッツ。そこまでかさばらないため持っていても邪魔になりにくい。個包装のものを選べば仲間にも配る事ができます。

チョコレート

チョコレートには、神経の興奮を抑え、リラックス効果のあるポリフェノールが含まれています。プレーが上手く行かないずイライラ、なんてときにチョコレートを一口食べてみては。
また、ポリフェノールには、シミやソバカスの原因となる紫外線の活性酸素を抑える働きがあります。ゴルフは屋外でするスポーツ、紫外線は避けられません。おいしいうえ、紫外線から肌も守ってくれるチョコレート、取り入れたいですね。甘いものが苦手な人は、高カカオの甘さ控えめなものがおすすめです。ミルクチョコレートなど、いろいろな種類のチョコレートを用意しておくと、仲間に配るときも楽しそう。暑い日は保冷バックに入れるのを忘れずに!

ゼリー飲料

ゼリー飲料は手早くエネルギーを補給する事ができます。さっぱりしているので、食欲が無いけどエネルギー補給をしたい時には最適です。事前に凍らせておくのも良いです。少し溶けた状態で飲めば、シャリシャリとシャーベット感覚になり暑い日には最高です。また、ビタミンやプロテインが含まれるなど、様々な種類の商品がありますので、自分に合ったゼリー飲料を見つけてみて下さい。

アメは口さみしい時になめられ、エネルギー補給にもつながります。熱中症対策には塩分の入った飴を摂取しましょう。汗で失われる塩分と、水分の吸収を助ける糖分の両方が含まれていて、熱中症を防いでくれる効果が。野外でプレーするゴルフにはうってつけですね。また、クエン酸入りのアメは疲労の原因となる乳酸を除去する効果が期待できます、ラウンド中の摂取にぜひ。ラウンド中だけではなく、練習中にもポケットに忍ばせておくと良いでしょう。

駄菓子

海外メジャーの「全英AIG女子オープン」を制覇した渋野日向子も大好きな駄菓子。幅広い年代から支持を得ていますね。10円で購入できるなど、手ごろな価格も魅力です。いろいろな種類を買って仲間にお裾分けすれば、盛り上がること間違いなし。「懐かしい!おもしろい!」と喜んでもらえそうです。駄菓子は少し意外と思った人も、ラウンド中のおやつに、話題のひとつとしてもおすすめです。

バナナ

プロゴルファーなどのスポーツ選手が試合の合間にバナナを食べるの見かけた事はありませんか。バナナは食べてからエネルギーになる時間が短く、持続性もあるため好まれています。もちろん、アマチュアゴルファーにも最適です。筋肉のけいれんを防ぐ、カリウムが豊富に含まれているのでラウンド中に足がつるなどを防ぐ効果も。バナナを準備してコースデビュ―なんていかがでしょうか。

グミ

グミも気軽に食べる事ができるのでラウンド中のおやつとしておすすめです。手に汚れが付きにくいのもポイントが高いですよね。スタンダードなものから果汁入りなど味も豊富。硬さも噛み応えがあるものから柔らかいものまで、様々な種類が発売されています。最近は、エナジードリンク風味、クエン酸を補給できるものなど、スポーツをしている人にうってつけのものも。沢山種類があって選ぶのに迷ってしまうかもしれませんが、そこまで高い物では無いのでいろいろ試してみては。

カロリーメイト

※写真はイメージです。

しっかりカロリーは取りたいけれど時間はかけたくない、お昼は取らないスループレー派、なんて人におすすめなのがカロリーメイト。タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン、糖質と栄養バランスが良く、身体に必要な5大栄養素を手軽にしっかり摂る事ができます。スタンダードなブロックタイプのほか、ゼリータイプやリキッドタイプの商品も発売されているので、水分補給をかねて摂取もできそうです。ブロックタイプはチーズ、プレーン、チョコレート、メープル、プルーンとありますので、好みのタイプを探すのも楽しいかもしれません。

ほしいか

ほしいかを持っていく!?と驚かれるかもしれませんが、ラウンド中のおやつとしておすすめなんですよ。手も汚れにくく、よくかむ事で集中力が上がりでスコアアップも期待できそう。味もしょっぱいので、夏場の塩分補給に取り入れても良さそうです。甘いものが苦手な人にももってこいですね。個包装のものもあるので、好みや状況に合わせて選んでみてください。

干し梅

酢っぱーい、干し梅。少し渋い感じがするかもしれませんが、手も汚れにくくラウンドの合間に食べるのに向いています。酸っぱいのが苦手な人は、はちみつ入りの甘みのある商品を選んでみては。塩分とクエン酸を同時に摂ることができるため、熱中症対策や疲労回復が期待できます。さっぱりした後味と、汗をたくさんかく夏、梅雨時期の少しダルさがあるときにも取り入れたいおやすです。

まとめ

甘い物からしょっぱいものまで10種類のおやつを紹介しました。空腹対策や栄養補給だけでなく、おやつを食べる事でリフレッシュにもつながります。集中力の回復、熱中症対策、疲労回復などなど、おやつ上手く取り入れてゴルフを楽しみましょう! お腹が空いて、イライラしたり、プレーに集中できなくなれば、せっかくのゴルフも台無しです。ラウンドに出るときは、ぜひおやつを持って出かけてみてくださいね。

\ この記事の感想を教えてください /