【ゴルフ女子必見】ストレス解消にもおすすめのゴルフダイエットについて紹介します!

ダイエットにはランニングなどの有酸素運動が挙げられますが、実はゴルフもダイエット効果が期待できるのです。ウォーキングやランニングが苦手な人は、ゴルフを楽しみつつシェイプアップをしてみてはいかがでしょう。今までダイエットが長続きしなかった、飽きっぽいなんて人にもおすすめですよ。ゴルフ初心者でも経験者でも取り入れやすい様にダイエットに効果が期待できる動きを紹介していきます。

腕とお腹のお肉を撃退!打ちっぱなし

経験者、初心者も同じように打ちっぱなしを利用すると思います。実は、打ちっぱなしは腕、お腹の肉を減らすのに効果抜群です。腕を振り上げてスイングする動作は、二の腕のシェイプアップにつながります。普段の生活で、二の腕に効く動作はほとんどないでしょう。練習では、ここぞとばかりに二の腕を意識してみるのも良さそうです。スイングをし続けると腕がきつくなってくると思います。しかし、きつくなってから効果が出てくるので、フォームを崩さないように綺麗なスイングを心がけましょう。

スイング中はしっかり腰を回転させることで、お腹のぜい肉を刺激することもできます。下半身をしっかりと固定し、腹筋に意識を向けてスイングを続けてみてください。気づけば、くびれのある体つきが手に入っているかも!?

ゴルフダイエットの興味はあるけど、クラブを用意するのも面倒なんて人は、クラブの代わりになる棒状のもので素振りをしてみては。鏡で自分のフォームを確認しながら、腕やお腹に意識を集中させて素振りをしてみましょう。ただ、素振りと実際にボールを打つのでは、実際に打つ方がカロリーの消費が高いため、打ちっぱなしにも挑戦してみてください。日ごろのストレス解消にもおすすめです。

ラウンドはしっかり歩こう!

徒歩でプレーした場合の歩く距離は?約10㎞と言われています。これはボールがOBした場合なども含めた距離ですが、初心者はラフプレーなどが出やすいため、実際はもっと距離数が増えるかもしれません。10㎞を歩いた場合の消費カロリーは約580キロカロリーとされています。そこに、スイングを足せば1ラウンドで合計600~700キロカロリーを消費できることになります

消費カロリーを意識するのなら、カートに乗らないことをおすすめします。カートに乗ってしまうと消費カロリーが三分の一程度減ってしまうので、足腰を鍛えるためにも歩いてラウンドしましょう。傾斜のあるコースなどは、さらにカロリーが消費されるかもしれませんね。

実際の消費カロリーってどれくらいなの?

ゴルフの消費カロリーはどのくらいなのでしょうか。紳士淑女のスポーツと言われるゴルフは消費カロリーも少ない様にみえます。先ほどもふれたように、ラウンドに出ると消費カロリーは1ラウンドで約600~700キロカロリー。昼食で摂取するカロリーは男性が約700キロカロリー、女性は約600キロカロリーとされています。ラウンドに出ればその日の昼食分は消費されることになりますね。こんな感じに、数字で見ると目標も明確になりますし、やる気の継続にもなるのではないでしょうか。

ショットの際の消費カロリーですが、アイアンは1.1キロカロリー、ドライバーは1.2キロカロリーと、約1キロカロリーの消費になります。たった1キロカロリーと思うかもしれませんが、練習場で200球打ったとすると、おおよそ200キロカロリーの消費に。これは、ご飯の普通盛り、約1杯分のカロリーとほぼ同じになります。さらに頑張って500球打てば500キロカロリーの消費。これはなんと、ランニングを1時間したのと同程度。ストレス発散をかねてクラブを振ってみると、ダイエットも続きやすいのかもしれませんね。

初心者はゴルフスクールもおすすめ

ゴルフでダイエットできるのは分かったけど、ゴルフデビューは中々腰が上がらない。知識も無いし、知り合いもいない。そんな人は、ゴルフスクールに通ってみてはいかかがでしょうか。ゴルフを基礎から教えてもらえるため初心者でも安心です。スイングのフォームも我流で身に着けて変な癖がつくよりも、最初から正しいフォームが身に着く方が良いですよね。同じスクールに通うゴルフ仲間だってできるかもしれません。その仲間と練習場へ行ったり、ラウンドへ出たりとつながれば、自然に運動する回数も増えて、楽しくシェイプアップもできます。最近では、シェイプアップが目的のゴルフスクールも開講されていますので、調べてみるなど自分に合った教室が見つかるかもしれません。ゴルフをはじめるのに不安な人はまず、スクールの体験レッスンに行ってみてはいかがでしょうか。

ゴルフ後の誘惑に注意

一生懸命、練習やラウンドをした後は、疲れも出ますしお腹も空いてきます。喉も乾くのでお酒が好きな人はビールを飲みたくなってしまうかもしれません。特に暑い日は、運動後のビールが最高ですよね。しかし、ダイエット中の暴飲暴食は厳禁です。動いて汗もかいた、ちょっとくらい良いのではと思ってしまうでしょう。それに、コースのレストランの食事はどれも魅力的。しかし、せっかく消費したカロリーも、例えば500ミリリットルの生ビールを飲むと約200キロカロリー、さらにミートソースのパスタを食べると約600キロカロリーと、ゴルフで消費したカロリーを超えてしまう恐れがあります! せっかく消費したカロリー、お腹が空いても水や炭酸水で我慢、サラダを多めに摂るなど、食事にも気を付けてくださいね。

まとめ

スイング時に使う筋肉を意識するなど、ゴルフも良いダイエットになります。ですので、筋トレやランニングなど、単調な動きが続くのが苦手な人は、ゴルフでのダイエットが向いているかもしれません。緑の中でプレーしたり、ストレスの解消も期待できる“ゴルフダイエット”にぜひ挑戦してみてくださいね。

\ この記事の感想を教えてください /