ゴルフ初心者、最初の壁を乗り越えろ! アプローチの基本「ランニング」「ピッチ&ラン」「ロブ」とそれぞれの打ち方を徹底解説

ゴルフ初心者が最初に挑む大きな壁、スコア100切り、あなたはどのように取り組みますか?

ティショット? セカンドショット? アプローチショット? パター? どれもゴルフの大切なスコア要素ですね。でも「300ヤードショットも10cmのパターも同じ1打」とよく言われるように、長距離ショットの改善も短距離(アプローチ)ショットの改善も同じスコアアップに繋がるのであれば、アプローチショットの改善の方が初心者にとっては圧倒的に取り組みやすいと言われています。大きなスイング動作でヘッドスピードも速い長距離ショットは、自身で客観的に改善ポイントをイメージするのが難しいですが、小さくゆっくりした動作でヘッドスピードも緩やかなアプローチショットは、ヘッドとボールのコンタクトがイメージしやすいはずです。それゆえ練習によるショットの再現性も高くなるので、自身のレベルアップ度合いが客観的に理解しやすいのが特徴です。

今回は、このアプローチショットの基本、①「ランニングアプローチ」②「ピッチ&ラン」③「ロブショット」の3種類について解説していきます。まずはアプローチショットの基本を身につけて、スコアアップを目指しましょう!

アプローチショットの種類と特徴

アプローチショットと聞いてどんなショットを思い浮かべるでしょう?グリーン周りから「ふわっと高く浮いたボールがピン1ヤード手前に落ちて、吸い付くように止まってベタピン」でしょうか?こんなショット打ちたいですが、これはプロの高度なテクニックがなせる技で、ロブショットに近い打ち方です。グリーン周りの20~30ヤード以内からピンに寄せていくアプローチショットには、基本的に3種類あります。

ランニングアプローチ

ボールをあまり浮かせずできるだけグリーン上を転がしてピンに寄せていく打ち方です。

ピッチ&ラン

ボールをある程度上げてキャリーを出し、その後グリー上を転がしてピンに寄せていく打ち方です。

ロブショット

ボールを高く上げてキャリーでピンの近くまで運び、ランがほとんどない打ち方です。

それぞれボールの位置(ライ)とグリーン周りの状況により使い分けが必要です。一般的には、ボールを上げてキャリーの距離を合わせることは簡単ではありませんので、できるだけ転がして寄せていく打ち方が簡単で確実な選択肢となります。それでは、3つの打ち方についてポイントを簡潔に説明していきます。

ランニングアプローチ

キャリーを最小限にして転がして寄せる打ち方で、最も確実なアプローチです。状況が許す限りこの方法を選択することをお勧めします。

使用クラブ

使用クラブは幅広く、ウェッジからミドルアイアンまで可能です。打ち方や打ち出したボールの高さとグリーンの速さによりキャリーとランの距離関係は様々ですが、例えばPWで2ヤードのキャリーでグリー上に落ち、その後のランが8ヤードだった場合、比率では(キャリー):(ラン)=1:4など、練習で自分の基準を作ると実践で応用できます。同じ打ち方で9Iでは比率が1:5、8Iでは1:6などとなります。ボールからピンまでの距離をキャリーとランの比率で分割し「最もキャリーが短く、グリーン上でのランが長い」クラブを選択します。

構え方

大きなスイングは必要ないので、スタンス幅は狭くします。場合によっては両足をそろえてもOKです。スタンスの向きはスクエアでも若干オープンでも自分に合った形を見つけてください。コンパクトなスイングで確実にインパクトするため、体重配分はほとんど左足寄り(右打ちの場合)にかけておきます。体重移動は必要なく、最初からインパクトの姿勢を作っておくイメージです。クラブはできるだけ短く持った方がショットのミスを防止しやすくなります。ボールの位置はスタンスの中央から若干右足よりで、ハンドファースト(グリップは左足太モモの前)の構えになります。これでボールを低めに打ち出し、キャリーを最小限にして後は転がして寄せていくショットが打てます。

スイング

構えで作った両腕の三角形と手首の角度をあまり変えないようにワキを軽く締めて肩を回すイメージでスイングします。コンパクトなスイングが基本なので、腕やコックを使わず体の回転で打つことがトップやダフリを防ぎ、安定したインパクトを生むポイントです。

ピッチ&ラン

このショットは、ボールとグリーンエッジまで、ある程度の距離がある場合で、ランニングアプローチではグリーンに落ちてからランが出すぎてしまう場合に使用します。ランニングアプローチよりボールを上げてキャリーをある程度出しますが、その後のボールの転がりは少ないショットです。

使用クラブ

使用クラブは、ウェッジからショートアイアンまで可能です。クラブ選定の考え方はランニングアプローチと同様にキャリーとランの比率からキャリーを最小限に出来るクラブを選ぶことになります。ランニングアプローチと比較すると、ボールを高めにあげる分キャリーに対するランの比率は短くなります。練習で自分なりの比率を見極めてください。

構え方

基本的な考え方はランニングアプローチと同じですが、少しボールを上げてキャリーを出す分の違いがあります。スタンスは狭めで両足の間の幅は10~20cm程度でしょうか。向きはスクエアでも少しオープンでも自分の打ちやすい姿勢を取ってください。このショットも体重移動の必要はありませんので、体重は初めから若干左足寄りにかけておきます。クラブはできるだけ短く持った方がショットのミスを防止しやすくなります。ボールの位置は、スタンスの中央辺りを基本とします。グリップ位置は左太モモ内側に収めて若干ハンドファーストの形になります。

スイング

スイングは基本的にランニングアプローチと同様です。構えで作った両腕の三角形と手首の角度をあまり変えないようにワキを軽く締めて肩を回すイメージでスイングし、腕やコックを使わず体の回転で打っていきます。ランニングアプローチよりボールを上げますが、ロブショットのように高く上げるわけではないので、決してすくい上げようとしないで下さい。トップ・ダフリの原因になります。クラブのロフトを信じてハンドファーストのまま払い打つようにしましょう。

ロブショット

最初に注意ですが、このショットは成功すれば非常にかっこいいショットですが、失敗した際には大きなリスクが伴います。初心者は可能な限り「ランニングアプローチ」と「ピッチ&ラン」で対処しましょう。このショットはボールを高く上げてキャリーし、グリーンに落ちた後ほとんどランが出ないショットになります。例えば、バンカー越えで、ピンがすぐ近くにある場合などです。

ライの状態

このショットは、ライによって打てる場合と打てない場合があります。それは、このショットはクラブをボールの下に潜らせる必要があるためです。従って柔らかい芝やラフの上にボールが浮いている場合は可能ですが、固く短い芝のフェアウェイやラフの中にボールが沈んでいる場合は困難になりますので、まずライをよく確認しましょう。

使用クラブ

ボールを高く上げる必要がありますのでサンドウェッジまたはロフト角の大きなウェッジを使用します。

構え方

ロブショットは、バンカーショットに似ています。したがって、まずクラブフェースを開いた状態でグリップしてください。スタンスもバンカーショットと同様、広めにします。この辺りは個人差がありますので、自分に合ったスタンス幅を見つけて下さい。スタンスの向きは開いたクラブフェースの向き(リーディングエッジ)がターゲット方向に向くまでオープンスタンスで構えます。ボールの位置は、スタンスの中央から左足の間で選択します。これも打ちやすさに個人差がありますので、練習で自分の位置を見つけて下さい。

スイング

このショットはバンカーショットと同様にボールを直接打つというより、クラブがボールの下を潜り抜けるショットですので、その分ヒザを曲げて重心を低く構えます。他のアプローチと異なり、インパクトではハンドファーストの形ではなく、クラブヘッドがグリップを追い越していくようなイメージで振り抜きます。振り幅も大きくなります。難しいショットですが、練習で身につけ、本番でかっこいいショットを披露してみてください!

まとめ

今回のおさらいです。アプローチでは、ボールを空中に上げている滞空時間が長いショットほど難しくなります。可能な限りボールが浮いている距離を短く、グリーン上でのランを長くできるショットやクラブを選択することがスコアアップへの近道です。3種類のアプローチの基本について解説させていただきました。それぞれ長所と短所がありますので、練習と実践で最適なショットを選択できるようレベルアップしてください。また機会があればよろしくお願いいたします!

\ この記事の感想を教えてください /