【ゴルフ女子必見】絶対に焼きたくない方へ!夏のUV対策コーディネートを紹介

ゴルフは野外スポーツと、暖かくなるにつれ気になってくるのが紫外線です。紫外線は対策をしなければ、浴びれば浴びるほどシミの原因を作ってしまうことになります。今回は、日焼け止めを塗る以外にもできる、UV対策コーディネートを紹介しましょう。

夏のUVコーディネート

薄手のパーカー

紫外線が強くなると、日焼け止めをしっかり塗っていても、日焼けをしてしまった。なんて経験はありませんか?日焼け止めの塗りむらができていたり、汗で取れるなど、効果が薄れてしまうことが原因です。

ゴルフに夢中になってしまうと塗り直すのを、ついつい忘れがち。そんな人は、薄手のパーカーを着てみるのはいかがでしょうか。紫外線をカットする春夏に活躍するパーカーは薄手で持ち運びもしやすく、速乾性も優秀。さらっと着ることができます。そんな、着るだけで紫外線対策になるパーカーを一着持っていると重宝するでしょう。さらに、急な雨や、朝や夜にかけての肌寒い時も、さっと羽織ることができて便利です。白などの明るい色は爽やかに、黒といった暗い色は引き締まった印象を与えてくれます。

アームカバー

半袖から出た腕が日焼けして、グローブをしている手だけ白いなんてゴルファーを見かけたことはありませんか。特に夏場などはアウターは暑くて着たくない、でも日焼けは気になる。そんなときに活躍するのがアームカバーです。紫外線から腕部分の日焼けをカバーします。ファッションの邪魔にならない、白や黒といったシンプルなカラーとデザインのものが売られていますので、コーディネートして使ってみてください。

人気スポーツメーカーからもアームカバーが発売されています。紫外線対策はもちろん、速乾性にも優れているため、汗をかいてもさらさら。べたつきも気になりません。ゴルフへ以外でも日焼けしやすい車の運転、野外で活動するときの紫外線対策アイテムとして持っていても良いのでは。

レギンス

腕以外の部分の日焼けも気になりますよね。スカートやショートパンツといったかわいいゴルフウエアがたくさん売られていて、着たいけれど日焼けが気になる。そんな人にはレギンスがおすすめです。足は面積が広いので日焼け止めをこまめに塗るのも大変です。レギンスをはけば、日焼けを気にせずにゴルフに集中できそう。通気性も良く、速乾性のものを選べば快適に過ごすことができます。丈の短いウエアに挑戦したいけど、生足を出すのは恥ずかしい人も、レギンスを履くことでカバーできます。ラインが入るなどデザイン性のあるもの、無地のものとそれぞれを持っていると、ウエアに合わせてコーディネートしやすくなりますね。

帽子

紫外線対策に帽子はマストです。絶対に増やしたくない顔のシミの原因になる紫外線から守ってくれます。また、熱中症対策にもなるので、日差しが強い日のラウンドでは必ず被るようにしましょう。ゴルフではサンバイザーキャップ派と分かれます。最近はメンズライクのスタイルが流行っていることもあり、キャップを被る人が多いようです。デザインや色に迷ったときは、シンプルにまとめるのがオススメです。ウエアをシックな色にして、キャップは鮮やかな色にするとメリハリがあってかわいいですね。顔の近くに明るい色があると、顔も明るく見え、若く見せる効果もあります。黒やネイビーといった暗めな色は、肌の白さを際立たせてくれます。自分をどう見せたいかも考えてコーディネートをするのも楽しいでのは。

サングラス

サングラスはかけているだけでもおしゃれに見えるアイテムです。紫外線から目を保護するだけでなく、風や砂ぼこり、虫、光の反射など様々なアクシデントからも目を守ってくれます。ゴルフは野外のスポーツなので、サングラスがあるだけで快適に過ごせそうですね。

長時間、太陽を浴びた日は、なんだかいつもより疲れた気がしませんか。実は、目から紫外線を吸収することでホルモンを刺激し、疲労につながるのだそうです。さらに恐ろしいことに、目から入った紫外線はシミの原因にもなります。外にいる時間の長いゴルフでは特に、紫外線から目を守るのはとても大切です。疲労を増幅させないためにも、紫外線を防ぐ効果の高いサングラスを選ぶようにしましょう。

ファッション用のサングラスはおしゃれで良いですが、スポーツ用はずれにくい構造になっています。また、スポーツ時のアクシデントからも守ってくれるタイプもあります。スポーツ用のものもデザインが豊富。色もたくさんのものがあります。スタイリッシュなもののほか、女性らしい柔らかい雰囲気のデザインもありますので、ご自身のスタイルに合った1本を探してみては。

フェイスカバー

フェイスカバーはご存じでしょうか。紫外線対策用に、目から首もとまですっぽり覆うフェイスカバーが売られています。サラッとした素材でできていて、ゴルフや野外でのスポーツ時、日差しの強い中活動するのに着けておいてもあまり苦しくありません。紫外線カット率の高い製品が多いため、何が何でも焼きたくない人はフェイスカバーを使うと良いでしょう。

また、首の後ろもカバーしてくれるものを使えば、首の後ろのうっかり焼けも防げます。速乾吸汗はもちろんの事、接触冷感でひんやりと気持ち良いものも売られています。空気の通りやすい工夫もされていますので、ゴルフだけでなくランニングなどにも使えます。カラー展開はもちろん、おしゃれなデザインのものも発売されていますので、年齢層を問わず使えます。

まとめ

ゴルフは野外のスポーツ、日光を浴びる時間はどうしても長くなります。繰り返しになりますが、紫外線を浴びるだけでも身体の負担となり、疲れが出やすくなります。ラウンドに出た場合は少なくとも半日は紫外線を浴びるので、激しい運動をしなくても疲れてしまいます。ぜひ紫外線対策のコーディネートを取り入れて、ゴルフを楽しんでください。

\ この記事の感想を教えてください /