【ゴルフ初心者必見】ゴルフの賞金王っていくら稼げるの?気になる賞金額を公開!世界編

「世界のプロゴルファーってどれくらい稼いでいるの?」「賞金王っていくらぐらい稼いだらなれるの?」「日本と世界では稼げる金額が違うの?」といったような疑問をったことがあるは多いのではないでしょうか。今回は世界の賞金王がどのぐらい稼いでいるのかを深掘りしていきます。実は日本国内のツアーは世界的に見ると賞金が多とされていますしかし、アメリカのPGAツアーは賞金の桁が違います。そんな夢のある世界を知ると、ゴルフがよりいっそうおもしろくなってくるのではないでしょうか。

【世界最高峰】アメリカPGAツアーの規模

世界一の規模をほこり、超一流プロゴルファーが群雄割拠するアメリカPGAツアー。大会の規模の大きさや賞金の金額など他のゴルフツアーとは桁違いなスケールです。アメリカPGAツアーは年間で50試合ほど行われます。これは日本国内ツアーの試合数の倍くらいになります。PGAツアーの試合のうち10試合ほどはメジャーなどの特別な大会で、残りの30試合が通常のレギュラー大会という仕組みです。そしてレギュラー大会の優勝金額の平均は約1億2000万という記載もあり1つの大会で優勝するととんでもない金額が手に入ります。

ちなみに、日本国内のツアーの年間獲得賞金ランキングは以下の通りです。

2019年賞金獲得ランキング【男子】

1位:今平周吾(獲得賞金:1億6804万円)

2位:S・ノリス(獲得賞金:1億4504万円)

3位:石川遼(獲得賞金:1億3281万円)

2018年賞金獲得ランキング【男子】

1位:今平周吾(獲得賞金:1億3911万円)

2位:S・ノリス(獲得賞金:1億394万円)

3位:稲森佑貴(獲得賞金:8530万円)

年度によって多少の差はありますが、1億1000万円という賞金は日本国内ツアーの賞金獲得ランキングの3位前後の金額になります。1つの大会の優勝賞金がここまで高額ということからも、アメリカPGAツアーのスケールの大きさがわかります。また、大会の中には上位以外の選手にも相当額の賞金が与えられる場合もあります。

そして、メジャー大会の規模はさらに大きくなります。

2019年の4大メジャー大会の賞金総額は以下の通りです。

マスターズ・トーナメント:1150万ドル

全米オープン:1250万ドル

全英オープン:1075万ドル

全米プロゴルフ選手権:1100万ドル
1ドル=100円だと考えると、1つの大会の賞金総額が10億円を超えます。優勝者には2割近くの優勝賞金が与えられるので、4大メジャー大会で優勝すると2億円ほど獲得できるのです。世界一のツアーはスケールが桁違いです。

アメリカPGAツアーの歴代賞金王と賞金ランキング

では世界最大規模をほこるアメリカPGA・LPGAツアーの歴代賞金王と賞金ランキングを見てみましょう。他のツアーとは桁違いの獲得金額は圧倒的です。

2021年(5月まで)賞金ランキング【男子】

1位:J.トーマス(獲得賞金:5,666,666ドル)

2位:B.デシャンボー(獲得賞金:5,443,091ドル)

3位:X.シャウフェレ(獲得賞金:4,266,444ドル)

2021年(5月まで)賞金ランキング【女子】

1位:L.コー(獲得賞金:830,966ドル)

2位:N.コルダ(獲得賞金:762,723ドル)

3位:朴仁妃(獲得賞金:582,482ドル)

 

2020年賞金王と賞金ランキング【男子】

1位(賞金王):J.トーマス(獲得賞金:7,344,040ドル)

2位:J.ラーム(獲得賞金:5,959,819ドル)

3位:D.ジョンソン(獲得賞金:5,837,267ドル)

 

2020年賞金王と賞金ランキング【女子】

1位(賞金王):コ・ジンヨン(獲得賞金:1,667,925ドル)

2位:キム・セヨン:(獲得賞金:1,416,993ドル)

3位:朴仁妃(獲得賞金:1,377,799ドル)

 

2019年賞金王と賞金ランキング【男子】

1位(賞金王):B.ケプカ(獲得賞金:9,684,006ドル)

2位:R.マキロイ(獲得賞金:7,785,286ドル)

3位:M.クーチャー(獲得賞金:6,294,690ドル)

 

2019年賞金王と賞金ランキング【女子】

1位(賞金王):コ・ジンヨン(獲得賞金:2,773,894ドル)

2位:キム・セヨン(獲得賞金:2,753,099ドル)

3位:イ・ジョンウン6(獲得賞金:2,052,103ドル)

 

男子の賞金王は年間で700万ドル以上稼いでいます。日本円で言うと7億円以上で、日本国内ツアーの男子の賞金王と比べると圧倒的差があります。一方で、女子は男子に比べると少し賞金が下がります。また、年度によっては日本国内ツアーの女子賞金王と差があまりないこともあります。実は日本の女子ゴルフツアーは賞金額が高く、世界から注目されているのです。

歴代でもっとも稼いだゴルファー

世界中ゴルファーの中でもっとも獲得賞金が多い選手は誰だと思いますか。それはタイガー・ウッズ選手です。誰しもが一度は耳にしたことがある名前ではないでしょうか。この選手の功績はあまりにすごく、ゴルフに関心がない人でも彼のことを知っている人は多いでしょう。まずT.ウッズの偉業としてあげられるのが歴代最多優勝です。現在T.ウッズは歴代最多優勝数「82」を誇っています。実はこの数字は最多”タイ”で過去にもう一人82勝をあげた選手がいます。

それがサム・スニード選手です。しかし、サム・スニード選手が82勝目をあげたのが53歳の時であるのに対し、T.ウッズは43歳の時点で到達しています。T.ウッズは20歳でプロに転向し、その翌年の21歳の時には4大メジャー大会のひとつマスターズで史上最年少での優勝を果たしています。その後はマスターズを含む7つの大会に優勝し、21歳にして世界ランキングで1位、そのの賞金王にも輝きました。まさに人間離れした偉業です。他にもT.ウッズはメジャー大会15回優勝(歴代2位)、これまで二人しか達成していないすべてのメジャー大会を3回制覇するトリプルグランドスラムを達成するなどとんでもない記録を残しています。T.ウッズが世界ランキング1位であり続けた期間は通算683週でダントツです。さらに連続世界ランキング1位の記録、2005年6月から2010年10月までの281週も2位以下と圧倒的差をつけて最長です。他にも記録をあげていくときりがありません。

そんなT.ウッズですが、生涯で獲得した賞金も桁違いです。

以下はプロゴルファーの生涯獲得賞金ランキングです。

1位:T.ウッズ(獲得賞金:120,787,506ドル)

2位:P.ミケルソン(獲得賞金:92,107,252ドル)

3位:J.フューリク(獲得賞金:71,294,997ドル)

T.ウッズはこれまでに獲得賞金だけで1億2000万ドル以上稼いでいます。

単純に計算すると日本円で120億円。もちろんこれは大会の賞金であり、スポンサー料などは含まれておらず、それらを含めると生涯稼いだ金額は10億ドル以上とも言われています。まさに桁違いのスケールです。

まとめ

世界のプロゴルファーの歴代の獲得賞金を見てきましたがいかがでしたか。現在世界中には数多くのプロゴルファーがいます。その中で世界に出て戦っている選手はその実力だけでなく、稼ぐ金額も桁違いです。特にアメリカPGAツアーは他のツアーと比べてスケールの大きさが群を抜いています。しかし、その分世界の超一流が集まる厳しい世界。その中で勝ち抜いた者には生涯にわたる栄誉と莫大な賞金を手にすることができます。中にはT.ウッズ選手のように何十億、何百億と稼ぐ選手がいるのも事実です。このようにゴルフの世界は知れば知るほどおもしろく多くの人を虜にします。ゴルフ初心者も、夢のある世界を知ることでよりいっそうゴルフを楽しめるのではないでしょうか。

\ この記事の感想を教えてください /