【ゴルフ初心者必見】振り幅重視?感覚重視?100ヤード以内を上手に打ち分けろ!

ゴルフの難しさの1つに、距離をコントロールすることがあります。特に、グリーンまで100ヤードを切った中途半端な距離はスコアに直結するため、克服したいと思っているゴルファーも多いことでしょう。

そこで、今回は100ヤード以内の距離を打ち分けるポイントを紹介します。

【100Y以内を打ち分けるコツ】インパクトの強弱ではなくフォローの大きさを基準にする

100ヤード以内など中途半端な距離の打ち分けが難しい理由は、フルスイングができないからです。フルスイングの場合はヘッドを加速しながらボールに当てるため、多少ダフリ気味であっても大きなミスにはつながりません。

一方、コントロールショットは距離を打ち分けるために自分で振り幅とインパクトの強弱(スピード)を調整しなければならず、ミスを引き起こす要因が詰まっています。では、コントロールショットをする際、ミスを減らすためには振り幅とインパクトの強弱のどちらを重視したら良いのでしょうか。

答えは、振り幅です。インパクトの強弱で調整しようとすると、どうしても手先の動きが強くなりがちです。ある程度、振り幅で距離感のイメージを作っておくことで打ち分けはしやすくなります。30ヤード・50ヤード・100ヤードの振り幅の目安は、以下の通りです。フォローの大きさを決めてから、スイングするようにしましょう。小さい振り幅でもしっかり体を使って、加速させながらインパクトする動きが必要になります。

■30ヤード
ヘッドが腰の高さくらいが目安。フルショット以外に2パターンくらいの振り幅を作っておくことをおすすめします。

■50ヤード
ヘッドが肩の高さあたりが目安。手首でヘッドを加速させずに、体の回転をベースに振りましょう。

■100ヤード
ウェッジのフルショットの意味は力一杯振り切るということではなく、バランス良く振り切れる振り幅のことです。

視界に入るピンを消して打つ

グリーンに近くなるほどピンに寄せたい気持ちが強くなるものです。しかし、この気持ちが体を早く起き上がらせる原因になり、大きなミスにつながってしまうので注意が必要です。左ホホの向きがインパクトまで変わらないように意識しながらスイングすると、体の起き上がりを防ぐことができます。

フォローよりもテークバックを小さくする

インパクトがゆるむ原因は、テークバックが大きすぎるからです。無駄にテークバックが大きいとインパクトでゆるめないと距離を合わせられず、結果ミスショットにつながります。振り幅は左右対称が基本ですが、少しだけフォローよりもテークバックを小さくする意識を持っておいた方がインパクトはゆるみにくくなります。

また、小さいトップは手打ちを防ぐ効果もあります。テークバックの振り幅は手元の位置よりも左肩の捻りが大切となるため、体をしっかり回すように心がけましょう。

フィニッシュは低い位置におさめる

距離をコントロールするには、フェースに長くボールを乗せることがポイントになります。そのためには低く長くヘッドを動かす必要があり、フィニッシュは低い位置におさめるようにしましょう。

高いフィニッシュでは体の起き上がりが早くなり、ミスを誘発します。またフォローが高いと下からあおる打ち方になり、ダフリやトップが出やすくなります。手元は肩よりも高い位置に上げずに体の左側におさめるように、低いフォローをとるのがポイントです。

【100Y以内コントロールショットのコツ/上半身編】ノーコックでヘッドを直線的に動かす

まずは上半身の動きから見ていきましょう。中途半端な距離になると急にミスが出る原因は、スイングリズムが速くなる点にあります。振り幅が小さくなると飛ばないと感じ、手先でヘッドを加速させようとする典型的な手打ちになりがちです。

しかし、距離を打ち分けるためには手首の動きは極力おさえるようにしましょう。ヘッドの重さによって多少コックは入りますが、基本的にアドレス時の手首の角度を保ったままスイングします。すると、前傾角度は保たれ、ヘッドの軌道も直線的に動くようになることで、ボールがフェースに長く乗るようになり、距離感が出しやすくなります。

インパクトまでは胸がボールを向いたまま振り抜く意識を持つ

目標方向を早く見ようとすると体が伸び上がりやすくなります。微妙な距離の打ち分けにおいて、前傾角度が崩れることは最も避けたいことです。インパクトまでは胸がボールを向いたまま振り抜く意識を持ちましょう。

アドレス時の手首の角度をキープしたまま振れば、前傾角度は崩れにくくなります。手首の角度、前傾角度が保たれていれば、インパクトはいつも同じ形になり、振り幅で距離を打ち分けることができるのです。

100ヤード以内はタテ振りを意識しよう

ヘッドを速く動かそうとすると、手首の動きが入りやすくなります。手首を返す動きはヘッド軌道をヨコ振りにするので、フェースにボールが乗りにくくなります。これが距離感の誤差につながってしまうため、100ヤード以内のショットは手首を動かさずタテ振りを意識しましょう。

1インチ短く持てば5ヤード調節できる

振り幅に加えてグリップの握りやボール位置を変えることで、さらに細かい打ち分けが可能になります。例えば1インチ短く握るだけで5ヤード飛ばなくなりますし、やや難度は高くなりますがピン奥につけたくないときなどには、フェースを開くと距離を落として止めることが可能です。

ダウンスイングでタメを作りすぎない

ショットイメージの基本は上から下ですが、ハンドファーストが強くなりすぎないように注意しましょう。上から鋭角に入りすぎるとスピン量が多くなり、キャリーの距離だけでなく、グリーン面に落ちてからの距離感も合いにくくなります。

やや早めにリリースするイメージで振ると、ソール面を滑らせることができるのでミスも出にくいですが、ダウンで手元が先行すると、入射角が鋭角になりスピン量が増えて距離を合わせにくくなります。

【100Y以内コントロールショットのコツ/下半身編】短い距離ほど積極的に足を使う

100ヤード以内のショットが難しい理由の1つに、使用するクラブの長さが短く、手先の動きだけでもボールに当てることができてしまう点があります。

手先の動きだけでボールを当てると、いつも同じ距離感を出すことができず、ミスの確率は高いです。距離の打ち分けを安定させるには、下半身の動きが重要になります。

手でボールを思った位置に投げようとするときに、無意識に下半身を柔らかく使っていることに気づいていますか? 下半身が動くことで上半身も引っ張られて動いているのです。この点はゴルフにも通じていて、微妙な距離でもスイングの再現性を高めるコツなのです。

ポイントは狭いスタンス幅の中でも、テークバックでは右、フォローでは左へと体重移動をしっかり行うことです。右・左・右・左と足踏みするように振ってみましょう。足の動きを止めずに積極的に使うことで、上半身の動きがスムーズになり、微妙な距離感を出しやすくなります。ベタ足で打つことは悪いことではありませんが、距離感という観点では足を積極的に使った方がフィーリングは出やすいです。

素振りから本番のイメージを出す

振り幅を意識するあまり、素振りのときにヘッドを見ながら行う人がいますが、このやり方は本番のスイングに反映されにくいのでやめましょう。ボールを見ながら振るのとヘッドを見ながら振るのとでは、下半身のポジションが変わってしまいます。素振りのときから本番のスイングをイメージすることで、体がそれを覚えて反映させることができます。

左足の体重移動をリズム良く行う

狭いスタンス幅の中でも、左右の体重移動はしっかり行いましょう。左右の体重移動を意識することでスイングリズムが良くなり、上半身主体のスイングを防ぐことができます。肩から先はただ付いているだけという感覚で、左右に振られるようにスイングすると反復性が高くなります。テークバックでは右足、ダウンスイングで左足に体重が移り始め、フォローでは完全に左足に乗り切る。この一連の動きをリズム良くおこないましょう。

フォローで腰を完全に目標方向に向ける

体が早く起き上がるのは避けたいことですが、腰の回転は止まらないようにしましょう。フィニッシュで右足の裏が見えてしまうくらい腰を回転させることで、上半身が引っ張られるように動きます。体の回転とクラブの動きが同調することで、振り幅の大きさはコントロールしやすくなります。

腰の回転を止めてしまうと完全な手打ちになるので、インパクトが不安定になります。腰と両ヒザの向きが目標方向を向くようなフォローを目指し、腰の回転が止まらなければ手打ちにはなりません。

スタンスの向きで5ヤード調整する

アドレスは基本的にスクエアかややオープンに構えますが、距離の打ち分けでアドレスを使うのも効果的な方法です。少し飛ばしたいときはスクエアに構えて、ピンの手前に止めたいときやオーバーすることを避けたいときなど距離を落としたいときはオープンにするとよいです。振り方のイメージは変わらないため、ミスになりにくいです。

100ヤード以内の打ち分けを身に付けよう!

100ヤード以内の距離を上手に打ち分けることで、スコアアップにつながります。距離感は振り幅やスピードで調整することができますが、振り幅で調整した方がミスは少なくおすすめです。振り幅で距離を打ち分ける方法を身に着け、スコアアップを狙っていきましょう!

\ この記事の感想を教えてください /