【ゴルフ初心者必見】精度が上がる!練習場でできるドライバー練習!

ティーショットは、各ホールのスタートを飾る大切な1打です。ミドルホールやロングホールではドライバーを使用することが一般的で、ドライバーの精度はゴルフスコアに影響してきます。スコアを良くするにはつまらないミスを防ぐことが大切です。ドライバーでOBを打つと1打罰になってしまいます。コース内、できることならフェアウェイに収まるドライバーの精度が好スコアを生み出します。

では、ドライバーの精度を高めるためには、どのように練習をしたらよいのでしょうか。今回は、練習場でできるドライバー練習のポイントを紹介します。

ゴルフボールのスリーブケースを使う

丸いヘッドのドライバーはフェースを斜めから見ているため、飛ばしたい方向へ真っすぐに合わせることが意外と難しいです。自分ではフェース面を飛ばしたい方向へ真っすぐに合わせられていると思っていても、実は真っすぐに合わせられていないこともしばしばあります。

ドライバーのフェース面の真っすぐ感を養うためにおすすめしたいのが、ゴルフボールのスリーブケースです。ゴルフボールはゴルフに欠かせない必需品の1つのため、ゴルフバッグにボールとともにスリーブケースが入っている方も多いのではないでしょうか。

スリーブケースの使い方は簡単で、飛ばしたい方向へ真っすぐ向くようにボールの向こう側にスリーブケースを置きます。スリーブケースはドライバーのフェース面と垂直になるようにしてください。これで繰り返し打つことでドライバーのフェース面の真っすぐ感をつかむことができ、スリーブケースがなくても自然とドライバーのフェース面を飛ばしたい方向へ合わせることができるようになります。

100切りを目指すなら、アドレスもおろそかにしないこと

100切りを目指す場合は、アドレスをおろそかにしないことも重要となります。

アドレスで大事にしてほしいことは、ドライバーのフェース面の向きです。先にスタンスを決め、その後にアドレスを行うと、フェースの向きが狂いやすく、手元の位置もバラバラになりやすいです。たとえどんなに良いスイングをしたとしても、真っすぐボールを飛ばすことが難しく、ミスショットを引き起こしてしまいかねません。

このようなことを回避するためには、フェースを真っすぐに合わせてから、フェースの向きに対してスタンスと手元を合わせる癖をつけることがおすすめです。フェースの向きが決まるとアドレスがピタッと決まり、違和感なく振り抜けるようになることで、OBを減らすことができます。もちろんフェースが真っすぐに合わせられていない状態で、スタンスと手元を合わせてしまうと、ボールは真っすぐ飛びませんので、スリーブケースを使って真っすぐの感覚をしっかり身に付けましょう。

体で始動する深いトップがドライバーの安定につながる

ドライバーは軽いため、手先でいろいろと操作することができてしまい、いわゆる「手打ち」となってしまいがちです。手を使ったスイングをしてしまうと、スイングの軌道やフェースの向きが安定せず、スライスやヒッカケを繰り返してしまいます。

そんな手打ちを防ぐためには、体の回転を意識することです。ドライバーのヘッドをアドレスの位置に置いた状態から、先に体を右に回していきます。体の回転に引っ張られて、ヘッドが付いてくるイメージです。体の回転から始動するスイングは、自然に深いトップができます。深いトップはインパクトでも体が開きにくくなり、ボールをしっかりと捉えてくれます。

一方、手打ちは体の回転ではなくヘッドから始動するスイングで、トップは浅くなりがちです。浅いトップのインパクトでは体が開きやすく、スライスやヒッカケにつながってしまいます。手を使わないスイングはドライバーを振っている感覚や満足感が得られないと感じるかもしれませんが、手を使わない感覚こそが曲がらない真っすぐ飛ばすドライバーとなるのです。

手を使ったヘッド始動ではなく、体始動のスイングを意識し、しっかりと身に着けられるようにしましょう。

ティアップの高さで打ち込み軌道を矯正する

ドライバーショットではティアップが欠かせませんが、ティアップの高さが自分に合っていないことが原因で、ダフり・スライス・トップ・フックなどが起こっている可能性があります。自分の傾向に合わせて、ティアップの高さを再調整することで、ドライバーショットの精度を上げることができるでしょう。

ダフりやスライスが出やすい人はティアップの高さを高くする

ドライバーショットでダフったり、スライスが多かったりする人は、ドライバーのヘッドを上から打ちこみ過ぎている傾向にあります。

このような場合は、ティアップの高さを高くすることで、ドライバーのヘッドをインサイドから入れることができ、アッパー軌道でボールを捉えられるようになります。練習場で様々なティアップの高さを試し、自分に合ったティアップの高さを見つけると良いでしょう。

フックが出やすい人はティアップの高さを低くする

ダフりやスライスの多い人には、ティアップの高さを高くすることがおすすめですが、トップやフックが多い人は反対にティアップの高さを低くすることがおすすめです。

トップやフックが多い人はボールの下からあおり打つ傾向にあり、ティアップの高さを低くすることでボールをしっかりと捉えることができるようになります。ボールが上がり過ぎて飛距離が伸びない人にも、ティアップの高さを低くすることは効果的です。自分が気持ちよくヒットできる高さを見つけて、いつも同じ高さでティアップできるようにしておきましょう。

一打を大切にする

練習場では次から次へと自動でボールが出てくることが多く、ボールを打つことばかりに集中しがちです。次から次へとボールを打つ練習は一打の緊張感がなくなり、たとえ練習場で良いショットが打てるようになってもコースで力を発揮することは難しいでしょう。というのも、コースでは一球勝負のため、練習場のように何度も打って良いショットを出すということができません。

本番に強いドライバーショットを身に着けるためには、打つ前にコースを想定したルーティンを取り入れることです。コースで打つ前にボールの後ろから狙いたい方向を確認する人は、練習場でも一打ごとに狙いたい方向を確認するとよいでしょう。練習中ずっと取り入れなくても、練習終わりの10打だけルーティンを取り入れるだけでも効果はあります。

また、練習場ではマットの向きに合わせて立つことで、方向性を合わせやすいです。しかし、コースにはマットはなく、マット頼りの練習に慣れてしまうとコースに出たときに困ってしまうかもしれません。そのようなことが起こらないよう、マットの向きに合わせて立つのではなく、1球1球目標を変えて打つことで、より本番に強くなれるでしょう。1球ごとに目標を変えると、アドレスのクセで生じるミスの傾向も分かります。練習方法の一工夫で本番に強くなれるので、ぜひ試してみてください。

打ちっぱなし練習場でのドライバー練習を見直してみよう!

コースでのゴルフにおいて、各ホールの1打目となるティーショットは重要となります。ドライバーは他のクラブに比べてよく飛ぶ半面、ミスショットの場合の影響も大きく、OBとなれば2打罰となってしまいます。

しかし、練習場での練習方法を工夫することで、練習場だけでなくコースにも強い高精度のドライバーショットを手に入れることができます。練習方法を見直し、ドライバーの精度を高めてスコアアップを狙いましょう!

\ この記事の感想を教えてください /