【初心者必見】初めての幹事になっても心配無用!ゴルフコンペの流れを解説!

「次のゴルフコンペで幹事を任されることになった」ゴルフコンペの幹事って何すればいいの?」ゴルフコンペってどんな流れで進めるの?」ゴルフコンペの幹事を任されて不安感じる人は多いのではないでしょうか。特にはじめて幹事をする人はコンペがうまくいくかとても不安だと思います。普段は参加する側でゴルフを楽しめば良かっただけなのに、幹事となると参加者全員に気を配らなければいけません。また、事前の準備や当日の運営など幹事はしなければいけないことも多いです。しかし幹事を任されるということはそれだけ信頼されているということで、コンペがうまくいくとさらに周りからの評価が上がるでしょう。今回はゴルフコンペの流れについて説明します。はじめてのゴルフコンペの幹事で不安な準備をしっかりしておきましょう。

【初心者必見!】そもそもゴルフコンペとは

我々がよく耳にするコンペというのはプロの試合ではなく、会社内や仲間同士で行う親睦のためのゴルフ大会という場合が多いです。コンペには三つの種類があります。

1.プライベートコンペ

プライベートコンペは会社の社員や友人同士が集まり、親睦を深めることが目的として行われるコンペです。

2.オープンコンペ

オープンコンペはゴルフ場が主催するコンペで誰でも参加することができます。オープンコンペでは多くの場合、ゴルフ品や地域の特産品といったコンペ景品が用意されています。

3.競技コンペ

競技コンペは親睦を深めることが目的ではなく、スコアを競うコンペです。自分の腕前を確認できるので、ゴルフに自信のある自分の実力を試してみたい、といったゴルファーにはおすすめのコンペです。コンペの幹事を任されるときは、プライベートコンペの場合が多いです。親睦を深めることが目的のコンペのため、参加者の実力もバラバラです。ゴルフ初心者でも楽しめるようにコンペの進行を考えましょう。

ゴルフコンペの企画

1.コンペの概要

まずはコンペの概要を決めていきましょう。どういった目的で開催するのか、人数はどのくらいになるのかなど考えます。親睦を目的とするならばルールも緩くしてみんなが楽しめるような形をとる。競技性をたせたいならば予選と決勝に分けたり、グループ対抗にするなど工夫するとおもしろくなります。目的や参加人数によってコンペの趣旨をしっかりと考えましょう。

2.予算や日程

概要が決まると、次は日程や予算を考えます。コンペを開く際は、会場の予約をしなければいけないので1ヶ月から3ヶ月前から準備をはじめましょう。ゴルフコンペを開催するのにかかる費用は以下のものがあります。
・ゴルフ場使用料

景品代

・打ち上げ代

表彰・パーティ関係費

・昼食代
ゴルフ場使用料や昼食代などは参加費として徴収せず、各自で払うというシステムにすることもありますまた、取引先とのコンペではこれらに加えて交通費を出すこともあります。予算に抜けがないよう必要なものをしっかりとチェックしておきましょう。

3.ゴルフ場

次はゴルフ場選びです。予算の都合やアクセスのしやすさ、コースの難易度などゴルフコンペでは場所選びは重要な要素です。初心者が多いから難易度が低いコースにするのか、ゴルフ経験者の集まりなので少し難しめのコースにするのかなど、参加者への配慮が大切です。ゴルフ歴が長く多くのゴルフ場を知っているベテランに聞いたり、ネットの口コミなどから慎重にゴルフ場を選びましょう。

4.組み合わせ

コンペの準備をするうえで、組み合わせは非常に重要です。ゴルフ初心者やゴルフ歴の長い人、男性と女性の割合など均等になるように割り振ってどのも円滑にプレーが進むような編成をしましょう。参加者のゴルフスキルをあらかじめ把握しておいたり、性格や人間関係も考慮しなければいけません。ちょっとしたポイントとして、幹事を最初か最後の組に入れることでコンペ全体に気配りしやすくなります。また、男性よりも女性の方が身支度に時間がかかることが多いため、最終組に女性を入れるのは避けた方がいいでしょう。そうしたちょっとした配慮で参加者の満足度は一気に上がります。

5.コンペ方式(ルール設定)

最後はコンペ方式、つまりルールの設定です。多くの人が集まるコンペでは初心者やゴルフが苦手な人でも楽しめるようにルールに工夫をしなければいけません。初心者でも上位に入賞できるようにハンディキャップを設けるなど全員が楽しめるようにコンペ方式を考えましょう。コンペで最も一般的な方式は「ダブルペリア(新ペリア)」です。ダブルペリアとは18ホール中12ホールのスコアを選び、そのスコアによってハンディキャップを算出する方式です。この方式だと、スコアが100台の人でも優勝を狙うことができ、多くの参加者が楽しめます。またダブルペリアは多くの場合ゴルフ場で集計してくれるので、コンペ方式を考える際はダブルペリアが無難でしょう。

コンペ当日の流れ

1.当日の準備

コンペ当日、幹事は開始時刻の1時間以上前に会場入りをして準備を行いましょう。受付の設営や昼食、打ち上げ会場の確認など事前に準備しておくことがたくさんあります。受付の準備をする際には釣りもしっかり用意しておきましょう。あらかじめ銀行で小銭に両替しておいたり、千円札も多めにあると安心です。また、ゴルフ場にコンペ方式や集計についてもう一度確認をしておきましょう。遅刻者がることも想定しておき、遅刻しそうな場合は事前に連絡をするように伝えておくことも忘れてはいけません。そして遅刻の連絡があった場合はすぐにキャディマスタールームに報告をします。

2.開会式

開会式では主賓や主催者が挨拶をするのが一般的です。その後、幹事がコンペ方式を説明しましょう。

3.表彰式の準備

参加者がプレーしている間に幹事は表彰式の準備を行います。集計は基本的にゴルフ場が行ってくれるのでパーティ会場の設営や景品の準備をしましょう。集計が終わり順位が出たらどの賞品がどの順位に該当するのかを確認しておくことも忘れてはいけません。

4.閉会式

全組のプレーが終わり、表彰者も決まると閉会式です。閉会式が打ち上げとセットで行われることも多く、帰りの渋滞のことも考えると30分〜1時間程で終わらせるのがいいでしょう。表彰では上位者にひと言挨拶をもらったり、特別賞などを設けるとさらに盛り上がるかもしれません。

5.事後処理

閉会式と打ち上げが終わった後幹事は残って忘れ物がないかなどのチェックをします。個人情報が記載されているものがあれば処分しましょう。確認が終わると最後にゴルフ場に精算をして幹事の仕事は終わりです。

まとめ

ゴルフコンペの流れを説明してきましたがいかがでしたか。初めて幹事を任された時はコンペがうまくいくのか、参加者が満足してくれるのか不安になるものです。しかし、参加者に配慮して事前の準備をしっかり行えば楽しいゴルフコンペとなるでしょう。幹事に選ばれたということはそれだけ信頼されているという証拠です。参加者の満足度が高いと周りからの評価もよりいっそう上がります。みんなが楽しめて喜んでもらえるようなゴルフコンペを開催しましょう。

\ この記事の感想を教えてください /